夜釣りでのライトのトラブル!明かりを照らしてはダメな状況とは?

夜釣りに欠かせない道具。もちろん、釣具が無ければ釣りをすることさえままなりません。ただ、夜釣りをする前に命を守る道具を揃えることが一番に大切。特に夜釣りは真っ暗なので足場の安全を確保するために明かりを確保しなければいけません。

明かりを確保するための道具。懐中電灯やヘッドライト、ランタン等の様々な道具が登場しています。ただ、明かりを照らすことによるトラブルもアングラーの間では常識のお話。マナーの一つと捉えるアングラーも珍しくはありません。

そこで、今回、紹介するのは、夜釣りにおけるライトの役割とトラブルについて。明かりを照らしてはダメな状況について注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
夜釣りでのライトのトラブル!明かりを照らしてはダメな状況とは?
をレポートします。

陸っぱりアングラーのマナーの一つ

陸っぱりアングラーのマナーの一つ。それは、夜釣りにおけるライトの照射事項。夜釣りに欠かせないライトは夜釣りを行うアングラーからすれば命を守る道具なだけに難しい問題だと言えるでしょう。まずは、ライトに関するトラブルについて見ていきます。

ライトで海面を照らすとダメな理由

海面をライトで照らすと照らした範囲の魚達に影響を与えてしまいます。懐中電灯は常夜灯や集魚灯のように固定されている道具ではありません。つまり、チラチラと海面を照らす行為は魚達に警戒心を与えてしまいます。人間だって同じこと。足元を照らしてくれる常夜灯の明かりは有り難いものの、目の前にチラチラと明かりを照らされては集中力が途切れてしまいますよね!

ヘッドライトで人を照らしてはいけない理由

ヘッドライトは便利な道具。使用者の両手を塞ぐことなく、ライトを照らすことができるヘッドライトは行く先の足元や少し離れた障害物を照らすことができます。ただ、行く先に人が立っていた場合はヘッドライトで人を照らしてはいけません。ライトに直射された人の目は一時的に視界を奪われます。つまり、行く先の方は眩しいがゆえに瞳を閉じている状態。これは、海を側に歩く危険。アングラーの転倒を意味しています。

注意されることも多い!考えさせられる!

ヘッドライトは便利な道具ではあるものの、行く先に人が立っていると遠慮しがちになる道具でもあります。ヘッドライトの使用者が足元を照らしていたとしても相手からはそうは見えない場合も。ライトに関するツイッターの方々の意見を見てみましょう。

夜釣りの明かりに関する情報

しかし、命を守るためには明かりは必須・・・!

命の大切さ。命の尊さ。命と聞いて何を思い浮かべますか?夜釣りをする際には明かりが無ければ移動することさえままなりません。無論、人に対する故意の迷惑行為は禁止です。ただ、夜釣りで自分の命を守るためには明かりが必要。お互いに許し合う気持ちを大切にゆとりある釣行を意識することが一番の解決方法ではないでしょうか。

スポンサードリンク