カレイの仕掛けとは?堤防からのカレイ釣りの釣り方やコツを徹底解説!

カレイを食べたことがありますか。日本人は人生に2度はカレイを食したことがあるとまで言われています。それほどまでにカレイは日本の食文化に馴染みある魚。そんなカレイは釣りのターゲットとしても人気ある魚として知られています。

スーパーで販売されるカレイの多くは漁によって漁獲されたもの。カレイの劣化は早く、スーパーに置かれた時間の経過したカレイは干しガレイのようになってしまいます。そんなホシボシとしたカレイを食べるより、新鮮なカレイを新鮮なまま食べてみたいと思いませんか?

今回、紹介するのは、カレイの釣り方と仕掛け、また、誘い方について。この記事を読み、装備を揃えればアナタもカレイ釣りの虜に。早速、注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
カレイの仕掛けとは?堤防からのカレイ釣りの釣り方やコツを徹底解説!
をレポートします。

カレイ釣りの主役「カレイ」とは?

カレイはカレイ科に分類される魚類。海底が砂地や泥地に生息し、その地形に紛れるかのように生活しています。平たい体型をしているのは地形に紛れやすくするため。結果、外敵から身をこと、また、餌の捕食の上手さに繋がります。カレイの天敵はサメやエイ。外敵から身を守るために、日々、引きこもり生活を送っている臆病なお魚です。

カレイ釣りのシーズン

堤防や波止からカレイが狙えるシーズンは晩秋から晩冬まで。カレイは魚の中でも珍しい冬の魚として知られています。秋終わりに近付くと気温が下がり出し、産卵のために浅瀬に接岸してきます。その接岸から離岸時期にかけてがカレイ釣りのシーズンとなります。

カレイ釣りのポイント・場所

カレイは砂地、泥地に好んで生息しています。そのために砂地や泥地のフィールドはカレイ釣りでの最高のポイントとなります。また、防波堤や堤防などの気軽な釣り場でもカレイ釣りは楽しめます。湾内に入ってくることも多く、カレイ釣り真っ只中となる冬場にはカレイを求めて投げ釣りを楽しまれる方が数多くいらっしゃいます。

防波堤・波止・波止

生活環境から近く、最もカレイ釣りが気軽に楽しめる場所。沖に面し、潮通しの良いポイントは最高のカレイ釣りのポイントです。ただ単に投げて待つだけでなく、カレイの動向を予測しながら釣り人が動き、広い範囲でのカレイを探索することができます。

サーフ・砂浜

砂地、泥地に隠れて生活するカレイ。サーフ・砂浜は遠瀬までその地形が続きます。つまり、砂浜は泥地と砂地の両方の可能性を秘めている地形。カレイの住処であり、また、カレイが存在する可能性も未知数です。カレイ釣りの最高のフィールドと言えるでしょう。

カレイ釣りの仕掛け

カレイは前項目で解説した通り、海底が砂地や泥地のポイントに生息する魚。つまり、効率よくカレイを探し出すにはカレイの住処の近くへと餌を落とす必要があります。そんなときには遠くへと仕掛けを飛ばすことができる投げ釣り仕掛けが有効的。そこで、カレイ釣りに有効的として知られる投げ釣り仕掛けをご紹介していきます。

ジェット天秤

ジェット天秤を利用した仕掛け。ジェット天秤はアームとおもりが一体化した釣具で仕掛けを投げる時には、おもりがアームを滑ることでおもりの重心が移動。飛行姿勢を保ちながら、遠瀬へと仕掛けを飛ばすことができます。また、適度な長さを持ったアームが仕掛けと釣り糸との接触を防止。ジェット天秤が仕掛けの絡みを防いでくれます。

片テンビン

片テンビンにはアームとおもりが一体となった物、また、おもりの付け替えができるようにアームだけ用意された物の2つが存在します。前者はジェット天秤と使用の用途は然程、変わりありませんが後者はおもりの変更ができるので便利。ジェット天秤は号数を変えるために仕掛けを一々外さなければなりません。しかし、片テンビンであればスナップや留め具を外して好きなおもりを付け替えるだけ。取り返しを楽に行うことができます。

カレイ釣りの餌は?

おすすめの餌
  • 青イソメ
  • 岩イソメ
  • 石ゴカイ
  • オキアミ
  • イカゲソ
  • etc

カレイ釣りに使われる餌は上記の通り。主に青イソメを使用します。食いが悪い時には、岩イソメ(本虫)や石ゴカイ等の他の虫餌を利用します。また、青イソメは釣り針に束になるように付け、全ての青イソメの長さが均等になるようにハサミや手でカットします。

青イソメの針への付け方

青イソメの付け方は房掛けを強くおすすめします。3~5本の青イソメを1本の針に付けます。また、青イソメの長さが均等になるようにカットします。青イソメをカットすることで体液が周囲に拡散されて集魚効果を期待できるほか、均等にカットしたことでカレイが青イソメを一気に飲み込みやすくなります。遠慮せずに青イソメを沢山付けましょう。

カレイ釣りに必要な道具

カレイ釣りで第一に必要なのは「遠投力」です。つまり、重たいおもりを扱える竿を選ばなければなりません。また、遠投力に繋げるために長い竿や番手の大きいリールを選択します。そこで、カレイ釣りに適した竿とリール、その他の道具を一挙に紹介します。これだけ揃えればカレイ釣りを直ぐに始めることができるでしょう。

竿

シマノ(SHIMANO) スピニング/ベイト兼用 ロッド 17 ホリデーパック(防波堤 船) 30 270T

竿
ホリデーパック 30 270T

メーカー:シマノ
おもり負荷:20-40(号)
長さ:2.70(m)

シマノのホリデーパック。投げ釣り入門者の方におすすめする振出竿です。振出竿なのでコンパクトに持ち運ぶことができ、トランクにスマートに収めることが可能。重めのジェット天秤や片テンビン等の仕掛けに収まる20-40(号)と幅広いおもりを扱うことができます。

リール

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 リーガル 3000H PE付

リール
リーガル 3000H

メーカー:ダイワ
ギア比:5.3
付属:PE-1.5(号)

ダイワのリーガル。番手は3000のハイギアタイプです。高剛性のボディにアンチバッククラッシュシステムを搭載。ライントラブルを防ぎます。また、本体にPEラインが付属しているため、別途に揃える必要はありません。コストパフォーマンスも優秀です。海水だけでなく、淡水にも対応しているのでカレイ釣りに限らず、様々な釣法で利用することができます。

ジェット天秤

第一精工 キング天秤3P 25号

天秤
キング天秤

メーカー:第一精工
号数:25(号)
本数:3(本)

第一精工のキング天秤。ジェット天秤では珍しい10(号)以上のバリエーションが揃っています。また、コストパフォーマンスも抜群。男性が扱う上でのカレイ釣りでのおすすめは25(号)です。女性の方は10(号)から始めると良いでしょう。

片テンビン

ダイワ 快適天秤 マルチ Φ1.6-300

天秤
快適天秤

メーカー:ダイワ
素材線径:Φ1.6(mm)
アーム長:300(mm)

ダイワの快適天秤。マルチタイプは定番タイプ。アーム幅、角度で仕掛けの絡みを防止します。もちろん、日本製です。ちょい投げ、船釣り、投げ釣り、幅広い分野で利用でき、おもりをスナップを介してスムーズに交換することができます。ジェット天秤はおもりの交換こそできませんが、このタイプの天秤であればご自分に合ったおもりをおもりの交換によって見つけ出すことができます。

片テンビンを使う場合は「おもり」を用意する

ジェット天秤はおもりとアームが一体化しているため、別途、おもりは必要ありません。しかし、おもりの着脱が可能な片テンビンを利用するのであれば別途におもりが必要となります。片テンビンに利用されるおもりは次の通りです。号数は竿で利用可能な号数以内で選ぶ必要があります。竿で扱える許容範囲を超えないように注意しましょう。

弾丸

フジワラ(FUJIWARA) 弾丸パック 25号

弾丸

メーカー:フジワラ
重さ:25(号)
魅力:遠投性の高さ

フジワラの弾丸。空気を受け流す形状で設計されたバレット(弾丸)のようなおもり。遠投専用として作られているので投げ釣りで利用する際には便利。サイズバリエーションも広く、お持ちの竿の許容範囲に合ったおもりを見つけ出すことも容易です。

六角おもり

第一精工 パックオモリ六角型 25号

六角
六角おもり

メーカー:第一精工
重さ:25(号)
魅力:安定性の高さ

安定性を求める方は六角おもり。側面が六角、つまり、側面が平たんになる六角おもりは潮の流れに強いのが特徴です。海中での安定力が高く、ナス型おもりのようにクルクルと回転しません。投げ釣りではメジャーなおもりです。

カレイ釣りはカレイ針を!基本のサイズは12号!

カレイ釣りで利用する針は流線針のカレイ針です。市販の仕掛けの基本の号数は12(号)を基本に使います。ただ、カレイの口は小さそうに見えますが、グワッと大きな口を開けて一気に捕食します。小型のカレイでも青イソメを5.6匹付けた15(号)のカレイ針を問題なく捕食するので少し大きめのカレイ針でも問題はありません。しばらく、12(号)で様子を見て、30(cm)を超えるカレイが釣れるのであれば13.14(号)と少しずつ針のサイズを変化させて適切な釣り針のサイズを探ってみましょう。

硬質ハリス カレイ仕掛け

ささめ針(SASAME) K-551 カレイ投ゲ釣リ3セット フック 12号3 釣り針

12号
硬質ハリス カレイ仕掛け

メーカー:ささめ
対象:カレイ・アイナメ
組数:3(組)

ササメのカレイ針です。ザ・カレイ針と言える流線形状のカレイ針で店舗で見かけることの多い商品です。リーズナブルな価格でありながら夜光玉やパールビーズもシッカリと装着。程よい長さの仕掛けで遠投しやすいのも魅力です。

カレイ・エッグボール誘い仕掛け

がまかつ(Gamakatsu) カレイエッグボール誘い仕掛 K113 12号-ハリス4. 43607-12-4-07

12号
エッグボール誘い仕掛け

メーカー:がまかつ
対象:カレイ
組数:2(組)

がまかつのカレイ仕掛け。エッグボールとパールビーズ、夜光玉の3つでキラキラアピール。エッグボールの効果は期待できますが場合によりけり。食いが悪ければ存在を抑えめにした通常のパールビーズ仕掛けの利用をおすすめします。

カレイ釣りの誘い方は?

カレイの誘い方は以下の通り。カレイ釣りはカレイに餌の存在を示すことが第一。餌の存在をカレイに見つけ出させ、カレイが食いに来るのを待ちます。そんなときに重宝するアクションは大きく竿を持ち上げる動作。海底に砂埃を発生させて餌の存在を示します。

ステップ毎の誘い方
  1. キャスト(仕掛けを投げる)
  2. 着底(仕掛けが海底に到着したのを確認する)
  3. アクション(竿を二、三回ほど大きく持ち上げる)
  4. 掛かるのを待つ(五、六分ほど待機する)
  5. 釣れない場合は[3]に戻る(繰り返し)

堤防からカレイを狙ってみよう!

カレイは寒い海を好む海水魚。秋終わりに近付くと気温が下がり出し、産卵のために浅瀬に接岸してきます。つまり、秋終わりから冬にかけてがカレイ釣りのベストシーズン。是非、カレイ釣りに興味をお持ちの方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。