初めての釣りデビューは今!釣り初心者の子供でも楽しめる仕掛け8選!

初めての釣りデビューは今!釣り初心者の子供でも楽しめる仕掛け8選!

皆様はどのような幼少期を過ごしていましたか?麦わら帽子をかぶりながら川や田んぼでキャッキャと無邪気に遊んだ記憶。今では忘れようにも忘れることができませんよね。

女の子はおままごと。男の子は外に出て運動と言ったところでしょうか。男の子は新しいことに挑戦するのが好きなので「釣りがしたい!」と突然に言い出すこともありえます。ただ、初めて釣りを挑戦するならば釣果を出して帰りたいところ。

今回、紹介するのは、子供でも楽しむことができる釣り方の数々。お子様が突然、釣りに興味を持ったときの参考になれば幸いです。

そこで、レポ部では・・・
初めての釣りデビューは今!釣り初心者の子供でも楽しめる仕掛け8選!
をレポートします。

お子様が安全に釣りを行うために・・・

お子様と釣りを楽しむ前に幾つかの注意事項があります。それは、お互いの命を守るということ。釣りは海や川、河川で行う遊び。一つ間違えれば命を落としかねません。救命胴衣の着用はもちろん、危険な場所へ行かない等の幾つかの工夫が必要になります。

ライフジャケットの着用

ライフジャケットの必要性。それは、落水した際に自動的に浮力を得て浮くことで落水時のパニックを防ぎつつ、酸素を確保することができるということ。ライフジャケットの着用は必ず行うようにしてください。

大人が常に一緒に行動

子供は好奇心旺盛。危険視されているのは両親が目を離した隙に子供が危険な場所へと行ってしまうこと。子供一人で行動させてはいけません。必ず、両親と一緒に行動するようにしてください。

危険な場所には行かない

テトラポットや目立った凹凸のある場所には近づかないこと。親が行けば子供は絶対に後を付いてきます。釣りで危険視されているのは落水だけではありません。釣り場の地面はコンクリートや岩、石で固められています。万が一、転倒してしまうと重大な事故に繋がる可能性も。両親が良いお手本となって子供達を導きましょう。

子供でも楽しめる釣法を紹介!

せっかくの家族で釣りを楽しむ機会!家族全員の笑顔を作るだけじゃなく釣果も出して帰りたいと思うのが普通ですよね。そこで、筆者が思う家族全員が笑顔になれる楽しい釣り方を幾つか紹介していきます。

サビキ釣り

ファミリーフィッシングの王道といえばコレ。王道と呼ばれる理由はインスタントな仕掛けで簡単に魚達を釣ることができるから。サビキ釣りは複数の針と餌を詰めたコマセカゴを水中に落し、水中で分散した餌と針を間違えて魚達が食べるという仕組みです。

ウキ釣り

ウキ釣りは魚釣りの基本的な仕掛け。釣りの基本的な仕掛けをお子様自身に考えさせて勉強させるならばウキ釣りの仕掛けが一番。投げ釣りやサビキ釣りのように複数の針を使用しないので比較的安全に仕掛けを組むことができます。

投げ釣り

投げ釣りは仕掛けを遠投することで遠くにいる魚を釣り上げる釣り方です。釣れるから面白い!というワケではなく、投げるから面白いとのこと。お子様が投げるときには体のバランスを崩すかもしれないので海から少し離れた状態で投げることをおすすめします。

投げサビキ

サビキ釣りやウキ釣り、投げ釣りに慣れてきたらコレ。サビキ釣りとウキ釣りの両方の仕組みと投げ釣りでの要領が分かれば少し上級者の仕掛けに挑戦してみましょう。投げサビキはサビキ釣り仕掛けを投げれるようにしたもの。少し沖にいる魚達を狙うことができます。サイズの大きい魚達を簡単に釣り上げることができますよ!

胴付き仕掛け

サビキ釣りにはアミエビを餌として使用します。胴付き仕掛けはイソメやゴカイ、アサリといった少し大きめの餌を針先に付けて魚達を誘います。胴付き仕掛けの多くはその場で落とし込んで誘うもの。この仕掛けであれば投げることもできますよ!

カゴ釣り

少し慣れてきたらカゴ釣りに挑戦してみましょう。カゴ釣りはおもり付きのロケットカゴの中にアミエビを詰め込み、遠投することで沖目にいる魚達を狙います。単純な仕掛けではあるものの、中型~大型の魚達を狙うことができます。

ケロリング

ケロリングはルアーで夏の風物詩「カエル」を釣るというもの。針なしの仕掛けでカエルを釣ることができるので生きたカエルと触れ合うことができます。少し変わった釣り方に挑戦してみたい方は「ケロリング」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

金魚すくい

夏と言えば金魚すくい!海、川、河川へと出かけるのには少し勇気がいりますよね。そんなときはお祭りに参加して金魚すくいを楽しんじゃいましょう!浴衣を着て家族で金魚すくいを楽しむ。笑顔が絶えない円満な家庭を想像してしまいますね。

家族で釣りを楽しもう!

家族で釣りを楽しむ!素敵なことだとは思いませんか?普段は仕事でお子様と遊ぶことのできないお父さん。忙しい家事やご近所との付き合いで忙しいお母さん。お子様との遊びを少しは考えてあげてくださいね!

スポンサードリンク