ダイワの「リバティクラブ ライトパック」に迫る!仕舞寸法が45(cm)の万能ロッド!

今年、2018年はパックロッドが注目されており、数多くのメーカーがコンパクトに持ち運ぶことができるコンパクトロッドに力を入れています。中でも、注目すべきは振出しのロッド。素早く竿の出し入れができる振出し竿はコンパクトロッドの代表的位置に存在します。

今回、紹介するのは、ダイワから新しく登場する「リバティクラブ ライトパック」と呼ばれる振出しのロッド。パックロッドに興味をお持ちの方はライトパックで気軽に釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
ダイワの「リバティクラブ ライトパック」に迫る!仕舞寸法が45(cm)の万能ロッド!
をレポートします。

リバティクラブ ライトパック

リバティクラブシリーズは自由な釣りを求めたシリーズ。思い思いの釣りをアングラーが楽しめることを題材としたシリーズです。そんなリバティクラブの思想にマッチした「リバティクラブ ライトパック」はルアーゲームからエサ釣りまでをこなす万能ロッド。

そして、万能ロッドでありながらコンパクトに伸縮できるパックロッドとしての登場。2018年はパックロッドの登場が多く目立つだけにダイワのパックロッドも自然と注目されています。

ライトパックの魅力はコンパクトさはもちろん、様々な釣法で使用できる点。ボート釣り、ルアーフィッシング、投げ釣り、サビキ釣り等の様々な釣法で活用することができます。

ロッドスペックは全12種類と多く登場しており、その中から自分の目的の釣法を満たすロッドを選択します。ルアーキャパシティや錘負荷を見ながらチョイスするとご自分に合ったロッドをスムーズに選択することができるでしょう。

このパックロッドの全長はスペック毎に変化せず、仕舞寸法が45(cm)と全てのアイテムが同じ伸縮サイズ。どれをチョイスしても仕舞寸法は変わらないので、収納先のサイズ内の縦幅が50(cm)ほどあればライトパックのサイズはそれほど気にすることはないと思います。

本体にはダイワのオリジナルパイプシート。パイプシートにはダイワのデザインロゴが描かれていて高級感ある仕上がりに。トップカバーには冨士のPTCカバーが付いてくるようです。

ライトパックの穂先はグラスソリッド。グラスソリッドならではの食い込みの良さや竿折れに対する高い強度が期待できそうです。ルアーゲームだけでなく、投げ釣り、サビキ釣り、様々な釣法で活躍してくれそうですね!

電車や徒歩での釣行、仕事帰りに釣りを行う際には荷物がどうしても多くなってしまいます。ライトパックはそんな状況に活躍してくれるパックロッド。コンパクトに伸縮する振出し竿なのでリュックサックや車にパッと入れておくだけで気軽に釣りを行うことができます。

是非、リバティクラブシリーズ「ライトパック」を釣行へと持っていき、気軽な釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと、これまでの煩わしさを感じなくなりますよ!

スペック

アイテム 全長(m) 仕舞寸法(cm) 錘負荷(号) ルアー(g)
10-180 1.87 45 6-12 5-15
10-210 2.18 45 6-12 5-15
10-240 2.48 45 6-12 7-25
10-270 2.76 45 6-12 7-25
20-180 1.86 45 15-25 7-25
20-210 2.17 45 15-25 7-25
20-240 2.48 45 15-25 7-30
20-270 2.80 45 15-25 7-30
30-180 1.84 45 20-40 7-30
30-210 2.17 45 20-40 7-30
30-240 2.45 45 20-40 10-40
30-270 2.73 45 20-40 10-40

登場予定日

2018年08月(予定)

リバティクラブ ライトパックのココが凄いぞ!

ライトパックのココに注目!
  • 仕舞寸法が45(cm)の超コンパクト設計
  • パックロッドでありながら万能ロッド!
  • 穂先はグラスソリッドが採用されている

今年はコンパクトロッドに注目!

今年はコンパクトロッドが注目されています。ダイワだけでなく、様々なメーカーが持ち運びに便利なパックロッドを産出しています。その数あるメーカーの中からダイワのパックロッドをチョイスし、気軽に釣行に挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク