光、音のどちらを選ぶ?スロージギング用メタルジグ「メタルジャッカー SJ」に注目!

通常のジギングとは違い、ゆったりとしたスロージャークで誘うスロージギング。ルアーゲームの中では人気急上昇中のカテゴリーですよね。

ターゲットへとじっくりとルアーを見せて誘うことでターゲットが追って来やすいスピードで攻めることができるというのがスロージギングの最大の強み。この弱々しいアクションは小魚の弱った姿を演出し、小魚をベイトとする幅広い魚種に有効的。

ただ、スロージギングの基本のジャークは一回一回の間を長くとるので、ジャカジャカ巻きのように小刻みにメタルジグの存在を伝えられません。ターゲットに対し、もっともっと効果的にアピールしたい!と思われる方にぴったりなメタルジグが新しく登場します。

今回、紹介するのは、ルミカのメタルジャッカーシリーズに新しく追加されるスロージギングモデル「メタルジャッカー SJ」について。よりアピール力を求める方は本製品の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
光、音のどちらを選ぶ?スロージギング用メタルジグ「メタルジャッカー SJ」に注目!
をレポートしたいと思う。

メタルジャッカー SJ

ルミカのオリジナルブランド “エクストラーダ” からスロージギング用のメタルジグ「メタルジャッカー SJ」が登場します。スロージギングといえば、青物やフラットフィッシュ、根魚と幅広い魚種がターゲット。ただ、この「メタルジャッカー SJ」はロックフィッシュをメインターゲットとして設計されているようです。

メタルジャッカーシリーズの強みはメタルジャッカー本来の性能に「光」と「音」の追加のアピール力を得られるということ。メタルジャッカーには、ケミホタルかラトルスティックを挿入できるスリットが入っています。

このスリットにケミホタルかラトルスティックのどちらかを挿入すれば追加のアピール力を得られることが可能に。それがメタルジャッカーの最大の強みです。メタルジグにラトルスティックを入れればラトルサウンド入りのメタルジグに。ユニークですよね!

スタンダードモデルとしてお馴染みのメタルジャッカー。そのメタルジャッカーよりも沈下速度が遅く設定したのが「メタルジャッカー SJ」でもあります。フォール中を長く取れば、その時間だけ喰いのタイミングを取れるということ。非常に効率的なメタルジグだと感じます。

スロージャークが主なアクションとなるスロージギング。アクションの一つ一つにフォールが入るので大きくシャクリ上げてフォール時間を長く取るというのも手ではないでしょうか。もちろん、そのまま使うのも良し。アピール力が足らないと感じた際には二つのアピール要素の使い分けてスロージギングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

尚、ラトルスティックは標準装備されているものの、ケミホタルは別途に揃える必要があります。スリット対応ケミホタルのサイズは25。スリット対応ラトルも同じサイズとなります。

スペック / 特徴

タイプ 重さ(g) サイズ(mm)
メタルジグ 20 53
30 60
40 65

既存のメタルジャッカーを紹介!

光 or 音のアピール要素をメタルジグに追加できるメタルジャッカーシリーズ。今回、紹介した「メタルジャッカー SJ」以外の既に発売済みのメタルジャッカーを二つ紹介します。

Xtrada メタルジャッカー

ルミカ(日本化学発光) メタルジグ ルアー エクストラーダ メタルジャッカー20g イワシ

ショア
メタルジャッカー

用途:ショア用メタルジグ
重さ:20・30・40g
カラー:10種類

タチウオジギング用のメタルジャッカー。ケミホタルの25、または、ラトルスティックの25に対応したモデルです。センターバランスでフォール時にはヒラヒラと枯れ葉が落ちるようにアクション。陸っぱりから幅広い魚種をターゲットにできます。

Xtrada メタルジャッカーRAIZIN

ルミカ(日本化学発光) メタルジグ A21634 メタルジャッカー ライジン 150g シルバーゼブラ A21634

オフショア
メタルジャッカーRAIZIN

用途:タチウオ用メタルジグ
重さ:80・100・120・150g
カラー:8種類

ショア用のメタルジャッカー。ケミホタルの37、または、ラトルスティックの37に対応したモデルです。本体バランスはセンターバランス。先細りのフォルムが水キレを良くし、軽快な操作感を生むように設計されています。

あなたは「音」 or 「光」のどっちを選ぶ?

メタルジャッカーシリーズの強みはアピール力の拡張性。ラトルスティックのラトルサウンドやケミホタルの明かりをメタルジグ本体に取り入れることができるというのがメタルジャッカーシリーズの強み。アピール力が足りない!と感じたらメタルジャッカーの「音」と「光」の二つのアピール力を使い分けてターゲットへとアピールしてみよう!

スポンサードリンク