【フォール姿勢安定】スタビライザー付きのエギ「エメラルダス ステイ」が登場!

アオリイカはジャークで活きのいい餌を演じた後、食わす間を与えることでイカが食ってきます。つまり、エギングではフォールの間が一番に大切と言われており、アングラーが一番意識を集中させなければならない時間でもあります。

ダイワのエメラルダスシリーズにまた新たに加わる「エメラルダス ステイ」はフォールの姿勢に注目。スタビライザーを搭載することで安定したフォール姿勢を得ることに。少しエギングには早い季節ですが登場予定時期はエギングのマッチシーズン。

今回は新しく登場する「エメラルダス ステイ」について紹介していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
【フォール姿勢安定】スタビライザー付きのエギ「エメラルダス ステイ」が登場!
をレポートしたいと思う。

エメラルダス ステイ

エギングのシーズンは春と秋。大きいイカが狙える春の季節と小イカの数釣りが楽しめる秋の季節。昔、釣具屋の店長、兼、店員をしていたので良く覚えています。お店のシーズン前になるとエギングに関連したグッズをお買い求めくださる方が多くいたことを。

エギングのベストシーズンの一つ秋のシーズンに合わせるかのように登場するのが「エメラルダス ステイ」です。ヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが監修を務めた今製品にはエギのエラ部分にスタビライザーが付いています。

筆者が得た情報によるとスタビライザーは左右に二つずつ付いているようでスタビライザーが今製品の肝とも言える安定したフォール姿勢に貢献しているようです。恐らく、このスタビライザーの一つ一つの水受けによって安定したバランスに調整しているということでしょう。

アオリイカを釣り上げる上で入れななければならない手間。すなわち、食わす時間。ジャークで活きのいい餌を演じた後、食わす間を与える。この最中が最もアオリイカがヒットする瞬間でもあります。エギンガーの皆様が一番に神経を使うところではないでしょうか。

不安定なエギの動きをフォール中に見せてしまえばそれまで。シビアなアオリイカならば直ぐに見極めて去っていくことでしょう。この「エメラルダス ステイ」を使用すれば、違和感の無い安定したフォールバランスで本物のベイトに近い動きを出すことができそうです。

サイズラインナップは3.0号と3.5号の二つが予定されています。シンカーにはやや膨らみのある「3Dシンカー」が採用。もちろん、シンカーもフォールバランスに貢献しています。何より、飛距離が違うそうです。バランスだけでなく、遠投性能にも注目しておきたいですね。

スペック / 特徴

号数 重さ(g) 沈下スピード(秒/m)
3.0 18.5 4.25
3.5 25 3.75

登場予定日

2018年09月(予定)

フィッシングショーのプロトの正体は・・・!?

山田ヒロヒト氏が解説する試作段階のエギの正体。この動画の序盤から中盤にかけて語られているエギにはスタビライザーらしき要素が付いています。これは「エメラルダス ステイ」のことを示していたのでしょうか。

アオリイカはフォールで食わせる!

スタビライザーが付いたエギということで某SNSでは早くも注目されています。まだまだ未公開の部分が多いエギですがこれまでのエギには無かった新しい工夫がこなされているエギ。今年の秋は一風変わったエギ「エメラルダス ステイ」でフォールを意識したエギングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク