サイズ毎に名前が変化する魚「クロダイ」の名前の呼び分け基準とは?

河口の大様とも謳われるのがクロダイ。クロダイをメインターゲットとしたエサ釣りの仕掛けも多く登場しており、近年ではクロダイの強い引きを活用し、ゲーム性を取り入れたルアーゲームも開発されています。

それほどまでに釣りの人気のターゲットとして親しみのあるクロダイ。実はサイズ毎の名前の呼び分け方があるのをご存知でしょうか。もし、クロダイが釣れたときにはクロダイと一括りにせず、サイズ毎の呼び名で呼び、ウンチクを披露してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
サイズ毎に名前が変化する魚「クロダイ」の名前の呼び分け基準とは?
をレポートしたいと思う。

クロダイとは?

クロダイの姿は鯛そのもの。タイ科に分類される魚の一つです。大型の個体が多く、体格そのものにボリューム感もあることから食用として捕獲され、釣りの対象としても人気があります。クロダイの特徴は名前の通り。真鯛のように赤い色をしていません。真っ黒な色をしているので一目でクロダイと判別することができるでしょう。

サイズによって名前が変化!

エサ釣りではぶっこみ釣りやフカセ釣り。ルアージャンルではチニング等、様々な釣法で親しみやすいターゲットとして人気のあるクロダイ。釣りに精通した方ならばご存知のはず、クロダイはサイズ毎で呼び名が変化する魚であること。クロダイの他にブリやスズキ、ボラやサワラ等、様々な魚がサイズのそれぞれの名前を持っています。

これから紹介するのはクロダイのサイズ毎の名前の呼び分け基準です。

クロダイは大きく分けて3つのサイズの範囲に分かれます。

  • チンチン・メイタ(~20cm)
  • カイズ(25~30cm)
  • クロダイ(30cm~)

筆者が釣ったことのあるクロダイのサイズは28(cm)。つまり、その場合はクロダイではなく、カイズということになります。クロダイは大きいサイズになると70(cm)を超える個体もあるそうです。70(cm)となると竿ごと海に落とされ兼ねませんね。ご注意ください。

今、流行しているのはクロダイを疑似餌で釣り上げるチニングと呼ばれる釣法です。この釣法はエサ釣りのように生臭い餌を用意する必要はありません。疑似餌を利用してクロダイを誘うのでダンゴを餌にしたときのような臭さが一切残りません。

ルアーゲームに興味のある方はタックルを揃え、挑戦してみてはいかがでしょうか。

クロダイを使った代表的なレシピ

クロダイは簡単に食べられるほどメジャーな生き物ではありません。真鯛と黒鯛とで比較すると圧倒的に真鯛の方を食されるはずです。黒鯛を食べられることは釣り人の誇り。もしくは釣り人の特権とも取ることができるでしょう。そんな一般に出回ることは珍しい黒鯛の代表的なレシピを幾つか紹介していきましょう。

黒鯛のムニエル

ちょっと工夫してクロダイの味覚を味わってみたいと思われる方にオススメするのがクロダイのムニエル。ムニエルにすればクロダイの身をダイレクトに味わうことができますよ。完璧に骨を除去できれば完璧。存分にクロダイの味覚を堪能することができるはず!

黒鯛のお刺身

クロダイは高級魚。寿司ネタとして利用されることは少ないのが現状です。回転寿司にもクロダイの握りは置かれていませんよね。クロダイのお刺身やお寿司は釣り人の特権。新鮮なクロダイの生身を味わうことができる唯一の楽しみだと言えるでしょう。

黒鯛の煮付け

真鯛の煮付けを食べたことのある方でもクロダイの煮付けを召し上がったことのある方は少ないのではないでしょうか。クロダイの煮付けはさっぱりした味。クロダイのサイズが大きければ頭部と体を分けて頭部分はアラ炊きに。体は煮付けとして召し上がるとクロダイの味覚を二度楽しむことができますよ!

クロダイの引きの強さを体験しよう!

クロダイは大型の個体が多いので、食用としてだけでなく、釣りのターゲットとしても人気があります。クロダイの引きは真鯛にも劣らない引き。大きいサイズになると60(cm)を超える主と呼ばれる存在に。河口近くの沿岸にクロダイはいる可能性が高いのでクロダイに興味のある方は狙ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク