【初心者ガイド】海・川・池・湖で異なる釣りルール!禁止場所の判断方法!

釣りの禁止場所には「釣り禁止」と書かれていますが、釣っていい場所には「釣り許可」とは書かれていません。つまり、釣り禁止の看板を目印として釣りを行うわけですが、意外と看板が立っていない場所も釣り禁止エリアとして定められている場合があります。

釣り禁止エリアで釣りをしていると優しい人ならば「ココは釣り禁止だよ」と教えてくれるものの、ちょっとしたトラブルでも避けたい方になると直ぐに110番をしてお巡りさんを呼んでしまいます。

トラブルを避けたいのはアングラーも同じ。今回、紹介するのは、釣りの禁止場所の見極める方法。釣り禁止の場所で釣りをしないようにするためにも事前調査を忘れずに行いましょう。

そこで、レポ部では・・・
【初心者ガイド】海・川・池・湖で異なる釣りルール!禁止場所の判断方法!
をレポートしたいと思う。

海で釣りをする際の決まりごと

一般常識の範囲であれば海釣りはどの場所でも行うことができます。池、湖、川のように期間や対象魚に禁止指定があったり、釣りをして違反に問われることは基本的に海ではないと言えるでしょう。ただし、あくまで一般常識の範囲内のこと。

立入禁止区域での釣りは認められません。水産庁の記載によると、無制限のものは遊漁の場合は手釣り、竿釣りの場合は許可。海区漁業調整委員会の承認を受けた場合に限り、トローリングは許可。そして、一部の地域では特定の魚に捕獲制限期間や釣れた際のリリースを促す決まりが定められています。

海の資源はみんなの資源。つまり、水産動植物を採捕する際には都道府県によって決められた漁業調整規則に従わなければなりません。水産庁では都道府県毎に遊漁で使用できる漁具・漁法を分かりやすく解説されています。

自分の住んでいる地域で許可されている漁具や漁法を知りたい方は水産庁で公開されているリストを参考にしましょう。

参考 都道府県漁業調整規則で定められている遊漁で使用できる漁具・漁法(海面のみ)

河川で釣りをする際の決まりごと

河川や川では都府県知事の認可を受けた各河川を管理する漁協。つまり、漁業協同組合が発行する券(遊漁券)を買わなければ遊ぶことはできません。海の資源はみんなの資源と言われるように川もみんなの資源。つまり、川を管理する人がいるからその川はキレイに保たれています。ただし、遊漁券を必要としない河川も存在します。詳しくは都道府県毎に分かれる漁業協同組合のホームページで確認してみましょう。

立入禁止区域での釣りは認められません。川の場合は各漁協毎の禁漁期間や国が定めた禁漁期間の両方を守る必要があります。多くの場合は魚の種類に漁業権が決められています。河川や湖沼は「内水面」と言い、都道府県ごとに、漁業調整規則が決められています。各都道府県の漁業調整規則を守らない違反者には罰金や禁固等の罰則が課せられてしまいます。
川釣りに挑戦する予定のある方は各都道府県で決められた漁業調整規則に必ず目を通しておきましょう。その都道府県の禁漁期間や決まりごとを知ることができます。
東京 漁業調整規則
検索

池で釣りをする際の決まりごと

日本は海に囲まれた島国といえども海辺まで出かけるとなれば車を使う必要があります。そんなときに魅力に感じるスポットが池。この記事を見てくださっている皆様の近くにも池があるのではないでしょうか。ただ、池で釣りを行う際には注意が必要です。

釣り禁止の看板やロープのある場所は立入禁止区域です。釣りを行ってはいけません。主要都市のほとんどの池では釣り禁止の看板が立てられています。理由はゴミの放置や水遊びによるトラブル等の様々。万が一、その池で死傷者が出てしまえばその池の管理者は管理責任を追求されることになりかねません。

例えば、野池が一つあるとします。バス釣りを行う方がマナーの良い方で騒がずに釣りを行い、ゴミ一つ残さずに帰ったとしましょう。それでも池の管理者の方は池に釣りに訪れる方を拒否するはずです。そんなお手本のような人間ばかりではないということです。

何かの拍子に釣りができると評判になった池には沢山の釣り師が訪れ、いづれは事故やご近所の方を巻き込んだマナートラブルに発展してしまうことでしょう。これは、ゴミを放置する釣り師がいるように歴史が証明しています。

釣りをしていい池の判断基準は本当に難しいものです。一概に「釣り禁止の看板が立てられていないから大丈夫」と決めつけるのはよくありません。その池の管理者の方に了解を得た上で池での釣りを楽しむことができれば理想的でしょう。

お散歩中の人に聞くのは?

よくお散歩中の人に「ココって釣りをしても良いですか?」と聞く方が居ますが散歩している方からすると知ったこっちゃありません。知っていたとしても「良く釣りをしている人が居ますね」やら「水の中に何かいましたよ」との客観的な意見しか得られないでしょう。本当に知りたいのであれば池の管理者に問い合わせる方法が確実でしょう。

湖で釣りをする際の決まりごと

湖は水深5~10(m)よりも深い陸に囲まれた水溜りを指します。湖といった広大な水域となると釣り禁止であるかの判断は容易。湖の名前と釣り禁止のキーワードを含めた上で検索すれば直ぐに情報をキャッチすることができるでしょう。

ダム湖の管理は電力会社か行政の管理。電力会社管理ダムの場合は日本の民間企業が運営・管理をしています。ほとんどの場合は立入禁止区域に指定されています。ただし、レンタルボートの貸付や、禁止事項さえ厳守すれば、釣りを許可するダム湖もあるので事前の調査が大切になるでしょう。
ダムの設置目的としては、洪水調節や農地防災、不特定利水や河川維持用水等の多岐にわたる目的が存在しています。釣りをしていいのかを判断するには看板やホームページを確認する。分からないダム湖はダム管理事務所に問い合わせる必要があるでしょう。
○○ダム ダム管理事務所
検索

決まりごとが多すぎる?事前に調査する必要性!

数え切れないほどの釣り禁止に関する疑問が質問投稿サイトに投稿されています。ただ、釣りは古くから楽しまれてきた文化。様々な種類の生きた魚と接する機会を作ってくれる唯一のアウトドアだと言えるでしょう。釣りというアウトドアを守っていくために各都道府県や管理者によって決められた決まりごとを調査した上で釣りに挑みましょう。

スポンサードリンク