本物のエビにそっくり!リトルジャックの「モデリズム エビ」に注目!

本物のエビにそっくり!リトルジャックの「モデリズム エビ」に注目!

海の中に住むほとんどのエビが魚達の捕食対象。魚達の代表的な餌となるベイトだけに、疑似餌のフォルムにエビを採用するメーカーも多い。

リトルジャックから新しく登場するのはエビの姿がリアルに再現されたワーム。ただ単にエビのフォルムを真似ただけではなく、エビの食感やニオイに着目。エビ科のベイトのことをよく考えられた設計となっている。

そこで、レポ部では・・・
本物のエビにそっくり!リトルジャックの「モデリズム エビ」に注目!
をレポートしたいと思う。

モデリズム-エビ

リトルジャックから登場するのはエビのフォルムがリアルに再現されたワーム。その姿を見れば一目でエビと判断できるはずだ。リアルベイトという言葉が示す通り、額角(がっかく)や触角、付属肢(ふぞくし)に至るまでエビにそっくりに再現されている。

この「モデリズム-エビ」の評価すべきところはエビに似せたリアルフォルムだけではない。フォミュラーが配合されているので匂い付き。そして、驚くべきこと食感までベイトに似せて作られていること。

フォミュラーが配合されたエビ型の疑似餌となると聞いたことのある方もいるのではないだろうか。食感まで似せられているとなると非常に興味深い。ベイトに似せた食感であればターゲットが疑似餌に食い込む際には違和感を感じづらく、疑似餌を弾きにくくなるはずだ。

リトルジャックの「モデリズム-エビ」はワーム自体の耐久性も優秀。フックをセットする際には身切れがしにくい強度を持ち合わせている。

エビに似せたリアルフォルム・集魚効果を持ったフォミュラー効果・ベイトに似せた食感。これら三つの重要要素を持ってターゲットを釣り上げる。そのターゲットは無限大。エビをベイトにする魚達ならば好んで食すはずだ。

本体サイズは50(mm)と75(mm)の二種類。それぞれのサイズによって重さに差がある。約ニグラム程の違いだがライトゲームで利用するとなれば雲仙の差。あらゆるリグに組み込んだり、シンプルに単体での使用で釣果を伸ばしてみよう。

スペック

サイズ(mm) 重さ(g) 入り数
50 0.8 8
75 2.8 6

登場予定日

2018年07月(予定)

食感・味・匂いでターゲットを魅了!

リアルフォルム・食感・匂い・耐久性と一つのワームにターゲットを誘う上で有り難い要素が数多く盛り込まれている。用意されたカラーリングは七種類。それぞれの色を吟味して気に入った色で幅広いターゲットを狙ってみよう。

可能性を秘めたワーム!

エビの姿がリアルに再現された今製品。リトルジャックの「モデリズム エビ」のターゲットは指定されていない。エビをベイトとする魚達全般に効果的なエビ型ワームだ。様々な魚種を汎用的に誘える今製品で何が釣れるのだろうか。店頭に並ぶ日が楽しみだ。

スポンサードリンク