アジ科の大型魚「カンパチ」に迫る!サイズ毎の名前の呼び分け方法!

アジ科の大型魚「カンパチ」に迫る!サイズ毎の名前の呼び分け方法!

お刺身の定番といえばカンパチ。カンパチはブリ御三家と呼ばれるようにブリとヒラマサに並ぶ大型魚として知られています。エサ釣りではムロアジやサバの泳がせ釣り。ルアージャンルでは船上からのジギングで親しまれています。

スーパーやお寿司屋さんでお馴染みのカンパチ。実はサイズ毎に名前が変化する魚であることをご存知でしょうか。今回、紹介するのは、カンパチの呼び方とサイズの基準です。カンパチが釣れた際にはサイズ毎に呼び分けてウンチクを自慢してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
アジ科の大型魚「カンパチ」に迫る!サイズ毎の名前の呼び分け方法!
をレポートしたいと思う。

カンパチとは?

カンパチの成魚は60(cm)前後。青物の中でも大型魚に分類され、その大きさはヒラマサに次ぐ。大きな特徴は頭部の黒みがかった帯模様。この帯模様が斜めに掛かっていればカンパチと判断することができる。ブリとカンパチの大きな違いと言えるだろう。

カンパチはアジの仲間!?

小型の魚として定番のアジ。実はカンパチはスズキ目アジ科に属する海水魚。言わば、アジの仲間です。成魚は全長50(cm)を超え、そのサイズはブリにも劣ることはありません。全世界の暖海域に分布し、様々な国で食用のために漁獲されています。

サイズ毎の名前の呼び分け方

エサ釣りではムロアジやサバの泳がせ釣り。ルアージャンルではオフショアジギング等、様々な釣法で親しみやすいターゲットとして人気のあるカンパチ。釣りに精通した方ならばご存知のはず。カンパチは成長過程で名前が変化する魚です。カンパチの他にブリやスズキ、ボラやサワラ等、様々な魚種が成長過程で変化する特別な名前を持っています。

これから紹介するのはカンパチのサイズ毎の名前の呼び分け基準です。

カンパチは大きく分けて3つのサイズの範囲に分かれます。

  • ショッコ・ショッゴ(~35cm)
  • シオ・シオゴ(~60cm)
  • カンパチ(60cm~)

筆者が釣ったことのあるカンパチの最大サイズは42(cm)。つまり、その場合はカンパチではなく、シオ・シオゴということになります。40(cm)クラスでも竿が海へと引き込まれるような強い引きを楽しめたのでカンパチクラスとなると想像がつきませんね!

船上からカンパチは狙うという認識が強い今、陸っぱりから青物を狙えるルアージャンルが流行しています。ショアジギングやライトショアジギングでは陸っぱりから気軽に青物を狙うことができます。興味のある方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ライトショアジギングは、防波堤・岩場・砂場などの陸っぱりからルアーをキャストし、中型から大型までと、サイズに捉われない魚達を釣り上げる釣法の一...

おつまみならカンパチの煮付け!

かんぱちのお刺身は食べたことのある方は多いはずです。ただ、煮付けとなるとどうでしょうか。カンパチを煮付けにすると身が引き締まり、余計な脂が落とされてヘルシーにいただくことができます。そのホロホロと落ちる身の一つ一つに煮付けのお汁が吸い取られ、おつまみ感覚で美味しくいただくことができますよ!酒好きには堪りません!

カンパチの身はぷりっぷり!

カンパチといえばお刺身。お寿司屋さんに行くと新鮮なカンパチのお刺身をいただくことができます。カンパチの身はブリよりも透き通った身。食感はブリのお刺身よりも噛んでいる実感が強くコリコリとした食感をダイレクトに味わうことができます。カンパチの煮付けとお刺身。どちらもおつまみには最適!よだれが止まりませんね!

スポンサードリンク