アジの三枚おろし方法とさばき方【まとめ】

アジの三枚おろし方法とさばき方【まとめ】

サビキ釣りといえばアジ。釣れるときは大量に釣れるアジは数が多いので調理する側の人間からすると非常に手間が掛かります。アジを釣る方は釣って楽しさを感じれば良いだけですが調理をする人間からするとアジの数だけ苦労があるといえるでしょう。

この記事では釣れたアジの簡単なさばき方と下処理方法を紹介しています。大量に釣れたアジ、1匹~3匹ほどの少ない数のアジを持ち帰って調理する際には、この記事で紹介した方法を参考にして下ごしらえを済ませてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
アジの三枚おろし方法とさばき方【まとめ】
をレポートしたいと思います。

アジとは?

アジは回遊魚の一種。団体で行動して外敵から命を守る習性を持った青物です。アジの分布は広く、世界各地の熱帯や温帯域で食用として捕獲されています。釣りのターゲットとして根強い人気を持ち、多くのアングラーから愛されている魚でもあります。

アジの下処理方法

アジの下処理方法は他の魚と何ら変わりはありません。ただ、小さい魚だけに少し手間が掛かります。小さなアジを大量に釣った場合、もしくは、少数のアジを丁寧に処理したい場合に向いた下準備方法を紹介します。

小さいアジが釣れた場合【豆アジ】

豆アジが大量に釣れた場合はナイフやハサミを使わなくても手で下処理を行うことができます。左手の親指と中指で両エラに隙間を作り、右手の親指と人差し指でエラと内臓を引っ張りだします。血合いを取る場合は爪を立ててゴリゴリと洗い流します。

中型~大型のアジが釣れた場合

アジの両側のぜいごを包丁で切り取ります。斜めに包丁を入れ込んで頭を落とします。腹びれを落として親指で丁寧に内臓を取ります。内臓と血合いをよく水で洗い流し、下処理は終わりです。

アジの三枚卸し方法

アジの三枚卸しは基本中の基本。アジの場合は三枚卸しができるようにならないと食を楽しむことができません。三枚卸しができるようになると、フライやお刺身、カルパッチョ等、料理のバリエーションが豊かになります。それでは、紹介していきましょう。

小さいアジの三枚卸し【豆アジ】

豆アジでもコツさえ掴めば簡単に三枚卸しができます。器用な人であれば綺麗な三枚卸しを完成させることができるでしょう。豆アジの中骨は捨てないように。中骨は高温で揚げることでお菓子にすることができます。

中型~大型のアジの三枚卸し

中型、大型サイズのアジは三枚に卸すことで、数々な料理に活かすことができます。ただ、サイズが大きくなると骨も大きくなるので中骨を取り除かなければいけません。中骨を抜く際にはピンセットを使用して一本一本、丁寧に抜き取ってください。

簡単にアジの三枚卸しができる道具!

包丁で小魚を捌くのが面倒!
素早く三枚卸しを完成させたい!

このようなお悩みをお持ちの方には「魚ッ平」というアイテム。魚ッ平は、皮むき・ぜいご取り・三枚卸し・中骨取りを一つのアイテムで行える優れもの。個人差があるものの、豆アジならば10(秒)。中アジならば35(秒)ほどで完成させることができます。

アジの料理にハズレなし!

アジの料理にはハズレはありません。フライ・刺身・たたき・なめろう・南蛮漬けとアジの料理は子供から年配の方々にも喜ばれるものばかり。アジの中骨を揚げればサクサクとした中骨煎餅の出来上がり。ヨダレが止まりませんね!

スポンサードリンク