エギングに持って行きたい道具【まとめ】

いざ、エギングを始めよう!と竿とリールを準備するも・・・

あ、エギを忘れた・・・

となっては意味がありません。終始、快適にエギング釣行を行うならばエギングに必要な道具は必ず揃えなければなりません。もちろん、竿やリール、エギといった当たり前の道具以外にもエギングで活用できるユニークな道具があることでしょう。

今回、紹介するのは、釣り場に持って行くと活用できる便利グッズ。エギングをより便利に行うことができるユニークな道具を紹介していきます。

そこで、レポ部では・・・
エギングに持って行きたい道具【まとめ】
をレポートしたいと思う。

エギングとは?

エギングはエギと呼ばれる疑似餌を使用したルアーゲームの一つです。ターゲットはアオリイカやコウイカ等のイカ類。カンナと呼ばれる返しの無い複数針をイカの体に引っ掛けて釣り上げます。陸っぱりから手軽にイカを釣り上げることができる釣法です。

エギングに役立つグッズ

エギングに挑戦するには竿やリール、エギを揃えなければなりません。必要最低限の釣り具さえ持って行けばエギングは楽しむことができます。ただ、それでは準備周到とは言えません。エギングに持って行くと役立つアイテムを幾つか紹介していきましょう。

イカ絞めピック

イカを綺麗なまま持ち帰りたい方はイカ絞めピックでイカを絞めましょう。イカを生きたまま持ち帰るとイカ墨によってイカが真っ黒になってしまう可能性があります。もちろん、鮮度を気にする方にもオススメ。イカを絞めた後、小袋に入れ、氷で小袋を冷やし持ち帰ると鮮度を保つことができます。

ジッパー付きの袋

釣ったイカは袋に入れて持ち帰りましょう。そんなときに活用できるのがフリーザーバッグ。フリーザーパックには、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズが用意されています。SサイズとMサイズは小さいので選択しないように。フリーザーパックは、Lサイズを選択してください。100円均一ショップでも置かれているので気軽に手に入れることができます。

小型のハサミ

現地でイカの下処理を行いたい方は小型のハサミを一本持っておくと便利です。筆者は精密ハサミを利用しています。このハサミが万能。少し、慣れがいるものの、イカ絞めピックの代用として使うことができますし、同時に下処理を行うことも可能です。

ハサミでアオリイカを捌く動画

ラジオペンチ

沈下スピードの速いエギを使用していた場合には意外と根がかりが多発します。根がかりによってカンナが折れ曲がるということは普通に起こります。多くの人が手でカンナを元の形に戻していることでしょう。ただ、手では調節が利きにくい。先端の尖ったラジオペンチを持参しておけばカンナが曲がったときに対処することができます。

フィッシングプライヤーで代用することができます。ただし、フィッシングプライヤーにはスプリットリングを抉じ開けるための段差が先端に付いています。複数の針が入り組んだカンナにフィッシングプライヤーの先端を入れるには手間が掛かります。

手袋、グローブ

手袋は必須です。イカを釣り上げた際には直接イカに触れることはありません。エギを持つことでイカを同時に持つことができます。ただ、このエギとイカを持ち上げたときににイカ墨は吐かれやすい。エギから手を放すわけには行かないので手はイカ墨まみれとなってしまいます。手をイカ墨からガードするためには手袋を装着しましょう。

さぁ、忘れ物はないですか?

エギングへ向かう際には忘れ物をチェック!タモ網やエギ、竿、リールなど、いざ、釣りを行うとなると、どうしても道具が多くなってしまいます。必要最低限の釣り具を持参した場合には何かを欠かした状態でエギングをすることに。用意が万全じゃない状態で釣りを行ってしまうと何かしらのトラブルが生まれることになります。終始、気持ちよく釣りを行いたい方は用意周到にしてエギングに挑むことを推奨します。

忘れ物を防止するアプリがあるよ!
多くのアングラーが一度は経験したことのある忘れ物。出かける前に入念にチェックしていたとしても忘れてしまうことがある。唯一、忘れない方法として、...
スポンサードリンク