カサゴを釣ろう!陸っぱりからカサゴを釣る方法【まとめ】

カサゴを釣ろう!陸っぱりからカサゴを釣る方法【まとめ】

ロックフィッシュゲームの代表的な存在といえばカサゴ。テトラポット周辺や岩場、藻帯の影を住処とするカサゴはロックフィッシュゲーム以外の釣法でも外道として掛かることの多い魚として有名です。

穴釣りや落とし込み等、カサゴを専門に狙った釣法は多く存在します。ただ、カサゴは貪欲な魚類。オキアミやイソメ等の餌を使わずとも疑似餌をカサゴの目の前に落とすだけでカサゴは意図も簡単に釣れてしまうことをご存知でしょうか。

カサゴの釣れるポイントが分からない!
カサゴの釣り方が分からない!

このような悩みをお持ちの方に向けてカサゴ釣りの釣り方や仕掛け、カサゴがいるポイントをウンチクを絡めた上で紹介していきます。

そこで、レポ部では・・・
カサゴを釣ろう!陸っぱりからカサゴを釣る方法【まとめ】
をレポートしたいと思う。

カサゴとは?

日本近海や太平洋の温かい海域に分布する魚。カサゴは沿岸の岩礁や藻帯、テトラポット周辺に隠れるように姿を隠し、そこに落ちてきた餌を捕食します。エサ釣りやロックフィッシュゲーム等、様々な釣りの馴染み深いターゲットとして認知されています。

真っ赤なカサゴは要注意!

真っ赤なカサゴに注意!真っ赤なカサゴは「オニカサゴ」と呼ばれる魚です。各ヒレには鋭い棘が生えています。その棘に刺さると激痛が走ります。オニカサゴの毒は強烈なので激しい痛みと腫れによって病院送りとなることも。赤いカサゴには注意してください。

カサゴの釣り方

カサゴの釣り方は至ってシンプル。疑似餌を海底へと着底させてズル引きするだけ。そこにカサゴが居れば必ず食べてきます。ただし、カサゴが居なければ釣ることはできません。カサゴのポイントを見つけ出すことが一番の難関だと言えるでしょう。

ジグヘッド仕掛け

針とおもりが一緒になった仕掛け「ジグヘッド」を使用したカサゴの仕掛けです。ジグヘッドの針部分にワームをセットします。カサゴの目の前にジグヘッドを落とすだけとシンプルにカサゴを釣り上げることができます。

ブラクリ仕掛け

ブラクリ仕掛けは針とおもりが一緒となったジグヘッドに似た仕掛け。ブラクリそのものが市販品として販売されています。ブラクリの針の先端にオキアミやイソメ類等の餌。もしくは、ワームを装着し、その場に落とし込むことでカサゴを誘います。

胴付き仕掛け

胴付き仕掛けとは複数の針の末端におもりを結んだ仕掛け。複数の針が付いているので複数のカサゴを釣る際に有効的です。オキアミやイソメ類等の餌を針の一つ一つに装着し、その場に落とし込むことでカサゴを釣り上げることができます。

カサゴ釣りのポイント

カサゴが居るポイントを熟知すること。カサゴのいるポイントさえ掴めばカサゴ釣りはそれほど苦労するものではありません。カサゴの居るポイントを幾つか紹介していきます。

テトラポット

テトラポット間の穴にカサゴは潜んでいます。テトラポットの種類は様々。その形と入り組みによってカサゴの好む穴が決まります。ポイントとしてはテトラポット間の穴やテトラポットの際が好ポイントです。

藻帯

防波堤で釣りを行うときに見える水面の影。天気が良い日に透き通った水面を見てください。画像のように広範囲に黒い影が映りこむと思います。ここもカサゴの好ポイント。藻や岩の影にカサゴは潜んでいます。

漁船の下

カサゴは日光を嫌うのか日中は住処に隠れています。漁船の影に隠れている場合も多いので影部分を探ってみましょう。意外と盲点とされる場所で大きいサイズのカサゴが潜んでいることも稀ではありません。

磯場、岩場

岩場や磯場はゴツゴツとした岩が蔓延る地形。カサゴが生活する上で大切な身を隠す場所が沢山ある場所と言えます。つまり、岩場や磯場のエリア全体がカサゴの生活場所。ただ、足場が不安定なので必ず救命胴衣の着用を心掛けてください。

ゴロタ場、ゴロタ浜

ゴロタ場は根魚が多く住み着いている場所。不揃いの大きな丸い石や岩が底に沈んでいるエリアをゴロタ場と言います。小魚や水生生物が身を隠す場所でもあります。カサゴには餌を探し周る必要が少ない都合の良い場所。ゴロタにはカサゴが沢山住み着いています。

カサゴをルアーで釣ってみよう!

カサゴは貪欲な魚類。カサゴの大きさに近い餌でもガツガツと食べてきます。画像はタイラバと呼ばれる疑似餌を使用してカサゴを釣り上げたものです。お分かりの通り、タイラバはカサゴのサイズに負けない大きさ。キャストしてボトムを這ってくるだけでカサゴは釣れるので興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク