【小型だけどヘビー級】オーナーから小型のメタルジグ「投次郎」が登場!

【小型だけどヘビー級】オーナーから小型のメタルジグ「投次郎」が登場!

フラットフィッシュゲームやロックフィッシュゲーム等、今流行りのルアーゲームは様々。もちろん、陸っぱりから手軽に青物を狙うことができるライトショアジギングやショアジギングも今人気沸騰中の釣法の一つである。

ライトショアジギングは40(g)周辺のメタルジグを遠投してターゲットを誘う釣法。ライトショアジギングに挑戦してみたことのある方はこのように感じたことはないだろうか。

重さはそのままでコンパクトなメタルジグが使いたい!

ライトショアジギングで頻繁に使用するメタルジグの重さは?と聞かれると多くの方が30~40(g)と答えるだろう。このサイズ間は意外と大きい物が多く、小さいベイトを演出するには不向き。そんなときにはオーナーから登場した「投次郎」が効果を発揮するはずだ。

そこで、レポ部では・・・
【小型だけどヘビー級】オーナーから小型のメタルジグ「投次郎」が登場!
をレポートしたいと思う。

投次郎

オーナーのメタルジグといえば投技シリーズの投技ジグ。それに次ぐ形として登場したのは同カテゴリーの「投次郎」と名付けられたメタルジグ。投技ジグと同様にライトショアジギング用として登場したメタルジグだ。

投次郎の大きな特徴は大きさ。投技シリーズの「投技ジグ」と「投次郎」の2つの大きさを比べると投次郎の方が大幅に本体サイズが縮小されている。数多いメタルジグの中では、かなり、コンパクトに収まっている。

細長いボディが特徴の投技ジグはフォールやリトリーブを駆使したアクション方法。コンパクトに設計された投次郎はスロー寄りなアクションに向いたメタルジグ。そのコンパクトボディを上手く活かすことができれば小型ベイトを意図も簡単に演出することができるはずだ。

ライトショアジギングに挑戦したことのある方ならば分かるはず。元々、ショアジギングを軽めのタックルに設定し、陸っぱりに近いターゲットを狙うライトショアジギングでは、陸っぱりに居るベイトを演出して誘わなければならない。

防波堤近くに寄り付くのはアジやサバ、イワシといった小型のベイト。陸っぱり近くに潜むベイトは小さいサイズが多く、そのベイトを狙いにフィッシュイーター達は集まってくる。

ライトショアジギングで頻繁に使用するメタルジグは30~40(g)と多くの人が答えるはず。ただ、そのサイズではトレブルフックを含め、かなりの長さとなり、小型のベイトに本当に似たサイズであるかといわれると少し怪しいところ。

似た疑問をお持ちの方はコンパクトサイズのメタルジグ「投次郎」の使用を検討してみると良いかもしれない。小柄なサイズの投次郎ならば小型ベイトを繊細に演出してくれるはずだ。

スペック

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
メタルジグ 60 20
68 30
75 40
80 50

ターゲットは?

  • 青物
  • 根魚
  • フラットフィッシュ
  • etc

投次郎の解説動画

投技ジグシリーズの中ではコンパクトサイズ!

オーナーの投技シリーズといえば投技ジグ。投技ジグは30(g)で10(cm)と十分に小柄なメタルジグだが新しく登場した投次郎は更にコンパクト。投次郎は30(g)で6.8(cm)と投技ジグよりも小型サイズで設計されている。

ベイトフィッシュが小さいときに使ってみたい!

コンパクトな投次郎を活かすには小型のベイトを真似る。つまり、小さいベイトが発生するポイントが要だ。カタクチイワシや小アジ等の小さなベイトが回遊していたら投次郎を迷わずに投げてみよう。

スポンサードリンク