【エギング】タモ網とギャフの違いは?メリットとデメリットを解説!

【エギング】タモ網とギャフの違いは?メリットとデメリットを解説!

エギングでイカを取り込む際にはギャフかタモ網か抜き上げるかの三通りの方法があると言えます。小イカや中型のイカならばそのまま抜き上げることができるものの、大型のイカとなれば抜き上げることはできないのではないでしょうか。

エギンガーの皆様は大型のイカが釣れたときの対処法として「ギャフ」か「タモ網」」どちらの道具を使って取り込みますか?今回、紹介するのは、タモ網とギャフのメリットとデメリットについて。これらの道具を揃えようと思われる方の参考になれば幸いです。

そこで、レポ部では・・・
【エギング】タモ網とギャフの違いは?メリットとデメリットを解説!
をレポートしたいと思う。

タモ網とは

タモ網は釣り上げたターゲットをすくい上げる道具のこと。エギングで使用されるタモ網は棒状のポールと網状のネットを組み合わせた物、または、それぞれが一体化した物。網を使用してイカを包み込むように捕獲することができます。

イカや魚とマルチに使用可能!

タモ網はイカに限らず、魚類もすくい上げることができます。大型の魚を網に入れる際は網枠のサイズ内に注意。網枠を超えた大型魚を取り込む際は頭から縦に入れましょう。

故障が多い

安価なタモ網だと故障が多くあります。長く使用していると網部と本体のジョイント部分に支障が出てきます。太刀魚やサゴシ等の鋭い歯を持つ魚を取り上げる際にタモ網の網の部分が鋭い歯によって破けたりと意外とトラブルが多くあります。

水の影響で重く感じる

タモ網を海の中に入れると引き波や水の重さによって重量が少し増します。タモ網の重さと魚の重さが合わさりあえば結構な重量となります。波の影響を受けにくいギャフはタモ網よりかは重く感じることはありません。

持ち運びに不便

如何に縮小可能なタモ網であっても網の円形が邪魔になります。網自体をコンパクトに折り畳むことができる製品も登場しています。ただ、ポイントの移動の際には一々折り畳み、釣るときには組み立てなければならないので不便ということに変わりはありません。

捕獲率が高い

刺し込みが甘いと捕りこぼすギャフに比べてタモ網はすくい上げるように確実に捕獲することができます。ギャフのようにイカの体を傷つけることはありません。

墨で汚れる

イカを取り込む際に墨を吐かれるとタモ網が墨で汚れてしまいます。海水でゴシゴシと擦ってあげればとれるものの、イカの墨の汚れは意外としつこい。車内にタモ網をそのまま入れるとイカ墨の臭いがプンプンと漂ってきます。

ギャフとは

ギャフとは先端に鉤かぎが付いた針状の道具。棒状のポールと鉤かぎを組み合わせた物、または、それぞれが一体化した物をいいます。タモ網はターゲットをすくい上げるように捕獲するのに対し、ギャフはターゲットの体に引っ掛けて引き上げます。

持ち運びに便利

ギャフはタモ網と比較するとコンパクトに収まります。ランガンで移動好きなアングラーは携帯性の優れたギャフを使用すると良いでしょう。

技術がいる

ギャフはターゲットの体に引っ掛けて抜き取ります。つまり、引っ掛けることができなければ話になりません。もちろん、タモ網のように円枠があるわけでもないので目視で鉤かぎをターゲットの体へと刺さなければなりません。

怪我をする恐れがある

ギャフの先端は鋭利な物。下手をすれば怪我に繋がる可能性があります。

中型魚や小型魚には不向き

タモ網は網で包み込むように取り込むのに対し、ギャフは先端の鋭利な針をターゲットに引っ掛けるようにして取り込みます。引っ掛ける面積が広い大きな魚は簡単に引っ掛けることができるものの、中型や小型の魚を引っ掛けるには不向きです。

夜は不向き

タモ網は網の面積が広いので大まかにターゲットの位置を確認すれば少しの明かりで夜中でも取り込むことができます。ギャフは逆に見にくい。明かりがあったとしてもターゲットの体とギャフの先端を照らし合わせて取り込まなければなりません。

リリースには向かない

イカの体に刺し込むことで固定するギャフはリリースには向きません。イカの体に傷を付けてしまうので放してしまうとイカが死んでしまう可能性があります。

取りこぼしがある

ギャフは刺さりが甘いとポロリ。捕り逃すことになります。

タモ網とギャフのどちらを選ぶ?

タモ網とギャフの双方にデメリットがあります。初心者の方はタモ網を使用すれば安全、且つ、長期的に使用することができるでしょう。タモ網とギャフのそれぞれのメリットを活かし、ターゲットをスムーズに引き上げてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク