リリースはマナー!リリースすべき魚達を一挙に紹介【まとめ】

キャッチ&リリース。釣りを趣味にしていると頻繁に聞く言葉ですよね。キャッチ&リリースは「釣った魚を放してあげる」という意味合いを持っています。釣り上げた魚を放すことで、その魚が海へ帰り、また元の生活へと戻ることができます。

魚のことを良く知る釣り人だからこそ「少しでも魚達の生態系を守ることができないか」という思いから広まったこの言葉。今では多くの釣り人が当たり前のように実行しています。

今回、紹介するのは、リリースすべき魚達の数々。基本的に小型のサイズや抱卵個体ならばリリースを心がけるのが良いと思います。その中でも特にリリースをしておきたい魚達をピックアップしてみました。

そこで、レポ部では・・・
リリースはマナー!リリースすべき魚達を一挙に紹介【まとめ】
をレポートしたいと思う。

リリースはマナー

リリースを行う理由としては「魚達の生態系への影響を減らす」という目的があります。釣りは漁ではなく、あくまでも釣れる過程と釣れた結果を楽しむためのもの。生きた魚達と気軽に触れ合う遊びは釣りだけです。釣りすぎると魚の成長が追い付かず、魚が減少し続けてしまいます。その状態を避けるためにリリースはマナーとして広まってきました。

チャリコ

チャリコは真鯛の稚魚。放流している地域もあるだけに注意が必要です。サビキ釣りや投げ釣り、五目釣り等の釣法で掛かってきます。リリースを促す看板が立てられている地域もあります。小さいサイズであればリリースすることをオススメします。

カサゴ

落とし込みや穴釣りのターゲットとして親しみ深いカサゴ。ルアーゲームでは代表的なロ根魚として知られています。ただ、回遊魚とは違い、根魚は極端な移動をしません。そのポイントで釣り上げてしまったカサゴはしばらくの期間、そのポイントには姿を現しません。小さいサイズのカサゴやお腹が膨れた抱卵個体はリリースすることを推奨します。

メバル

メバルも根魚。リリースする理由はカサゴと似ています。メバルは成長速度が遅く、釣りすぎてしまうとメバルの成長が間に合わず、そのポイントに魚が居なくなってしまいます。小さいサイズのメバルやお腹が膨れた抱卵個体はリリースすることを推奨します。

小イカ

エギングでお馴染みのアオリイカ。淡路島ではアオリイカの禁漁期間や捕獲規制・リリース規定が定められています。長期的に資源保護を呼び掛けているようです。小イカが釣れてしまった際にはリリースすることを推奨します。

アイナメ

波止釣りや投げ釣り、穴釣りのターゲットとしてお馴染みのアイナメ。某人気のポイントではアイナメの姿を見ることができなくなってしまいました。アイナメは他のアイナメが産んだ卵を食べるという一種の共食い状態を生み出す魚。必然的に数は減っていきます。小さいアイナメや卵を抱えた個体を釣ってしまった際にはリリースを推奨します。

タコ

明石市沿岸等の一部の地域ではタコに関して厳しい規定が定められています。このような一部の地域で行うタコ釣りはルールの範囲内で楽しむ必要があります。良く調査をした上で釣りを楽しみましょう。

鮎(アユ)

川魚の代表的な存在として知られるアユ。秋に川で生まれ、海に下り、春に再び川に上る習性を持っています。川に上る前を釣るアユ釣りですがアユは貴重な水産資源。禁漁期間が設けられ、厳しく規制された川魚です。万が一、鮎が釣れてしまった場合は即放流を。鮎目的で釣りを行う場合は解禁時期を調査して時期を調べた上で釣りを行いましょう。

食べる分だけお持ち帰り

欲張ってはいけません。場荒れが起こる大きな原因は必要以上の数を持ち帰ることにあります。食べる分だけを持ち帰ること。リリースのことを考えて釣った後のケアスキルを身に付けることも大切ではないでしょうか。

スポンサードリンク