バスロッドとシーバスロッドの違いを解説!【あなたはどっち?】

バスロッドとシーバスロッドの違いを解説!【あなたはどっち?】

バスロッドとシーバスロッドは似ている竿として知られています。ただ、それぞれの竿は「似て非なるもの」だということをご存知でしょうか。今回、紹介するのは、シーバスロッドとバスロッドの違いについて。

バスロッドとシーバスロッドって何が違うの?

このような疑問をお持ちの方にバスロッドとシーバスロッドの違いを解説していきます。それぞれの竿のメリットとデメリットを踏まえた上でご自分に合ったベストな竿を見つけ出すキッカケになれば嬉しく思います。

そこで、レポ部では・・・
バスロッドとシーバスロッドの違いを解説!【あなたはどっち?】
をレポートしたいと思います。

ロッドの長さの違い

シーバスロッドの長さは8、9フィート辺り。バスロッドはベイト・スピニング共に、6、7フィート辺りで設計されています。バスロッドは短く、シーバスロッドは長く。決定的な違いは竿の長さだと言えるでしょう。

ブラックバス用の竿はポイントへの精度を高めるために短めに設計されています。逆にシーバス用の竿は沖へ向かって遠投するもの。ルアーの飛距離を重視しています。シーバスは汽水域や河口で釣りを行います。足場が高く設定された防波堤等のポイントでは短いロッドでは水面にロッドの穂先が付きません。きっちりと手前まで寄せることができる。それがシーバスロッドの強みでもあります。

飛距離の違い

竿の長さが違うということは飛距離も異なります。バスロッドよりもシーバスロッドは飛距離を出す上で必要なシナリが発生する部位を多く取れるので飛距離が出ます。逆に短いバスロッドはシーバスロッドのように遠投には向いていません。近い距離をコントロール良く狙うならばバスロッドに軍配が上がるでしょう。

扱える重さの違い

バスロッドとシーバスロッドの同じランクの竿の硬さを比べるとシーバスロッドの方が扱えるルアーキャパシティーが豊富。例えば、同じLクラスの竿の硬さの許容範囲に収めるルアーの重さはバスロッドが6~8グラムなのに対し、シーバスロッドは30グラム近くまで扱えたりする物もあります。シーバスロッドの方がロッドパワーが上ということでしょう。

ロッドパワーが強いシーバスロッドですがバスロッドのように固い作りではなく、それなりに柔軟な作りをしています。シーバスロッドがバスロッドよりも長いのは硬さが邪魔をしないような「しなやかさ」を手に入れるためだと筆者は思っています。

取り返しの良さの違い

シーバスをバスロッドで釣ることは可能。スペックの許容範囲に収まる最大限の重さをキャストすればある程度の飛距離は稼ぐことができます。ただ、シーバスロッドでバス釣りを行うとすれば不便さが目立ちます。シーバスロッドは長いので手元に仕掛けを寄せてくる際に自身が下がるか、竿先をグッと持ち上げるかの二つの方法を取らなければなりません。また、同じ理由により、コントロール精度に欠けてしまいます。取り返しの良さではバスロッドに軍配が上がるといっていいでしょう。

グリップの違い

シーバスロッドとバスロッドではそれぞれのメリットを引き出すためにグリップの長さが異なります。バスロッドはコントロール精度を高めるために握りやすいショートグリップが多く採用されています。逆にシーバスロッドは遠投性能やシーバスとのやり取りを重視して長めのグリップが設定されています。

専門の竿を使って釣りを楽しもう!

釣法に合った専門の竿は使用していて安心感があります。竿を代用して釣りを楽しむというのも一つの手ですが専門の竿は専門の釣法にマッチした竿であることには変わりありません。各メーカーが様々な技術を竿に取り入れ、より快適に専門の釣法を行えるように工夫されているといっていいでしょう。本格的にその釣法に挑戦してみたいという方は専門の釣り竿を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク