ルアーのロストを減らす!根がかりの対処方法【まとめ】

あ~、根がかりだ。釣りを楽しみにしていたのに根がかりが起きてしまうと楽しい気分が台無しです。気分だけ落ち込むならまだしも下手をすれば根がかりはラインブレイクやルアーのロストへと繋がってしまいます。つまり、高価な釣具が台無しとなってしまいます。

今回、紹介するのは、根がかりを防ぐための対処方法について。大切な一日を根がかりだけの釣行で潰さないように。紹介する根掛かりの対処方法で根がかりを未然に防いでみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
ルアーのロストを減らす!根がかりの対処方法【まとめ】
をレポートしたいと思う。

フックの数を減らす

アシストフックにトレブルフックとフックの数が多ければ多いほど魚が口を使ったときにフッキングする確率は高くなります。ただ、反対に根がかりが起こる確率も増えてしまいます。根がかりが頻繁に起こる際にはフックの数を減らしましょう。

地形を把握する

そのポイントの海底状況を把握しておくと根がかりを気にせずに攻めることができます。ストラクチャーや海藻が蔓延るポイントであれば、そのポイントを部分的に避けることで根がかりを防ぐことができます。

シングルフックへの変更

ハードルアーにはトレブルフックが付いています。トレブルフックは三方向にシングルフックが重ね合ったような作り。つまり、その固定されたフックによって移動幅に制限がかかり、自由が利かなくなると同時に根掛かりが起きてしまいます。フックが単一のシングルフックに変更すると根がかりが起きにくくなります。

竿を立てて巻く

竿を寝かした状態で巻くとルアーの起き上がりの角度が緩やかになります。逆に竿を立てた状態で巻くとルアーの起き上がり角度が急になります。陸っぱりから見た海の水深は沖へ行くほど深くなります。つまり、巻くときの竿の角度を調整すれば根がかりを回避することができるようになります。根がかりが多発するポイントでは無理にボトムをサーチせずにある程度の水深をキープした上で臨むと根がかりを減らすことができます。

障害物を感知して回避する

海底が岩場の場合は所々に点在する障害物を感知した上で障害物を避けることができます。ゆっくりとボトムを引いてきて「コツン」と手元に振動が伝われば障害物と接触した合図。トレブルフックの位置に障害物が衝突する前に竿先をチョンと上げて障害物との接触を回避してください。

方角や角度を変えてあおる

縦にあおっても根がかりが外れない場合には角度を変えて竿をあおります。それでも根がかりが取れない場合には別の場所へと移動します。方角を変えて再度あおることで針の向きが変わり、根がかりが取れる可能性があります。

反動力で取る

リールのドラグをキツク締めます。竿とラインを平行にし、リールで糸をキツク巻き、テンションが掛かった状態にします。そして、スプールを一気に開放し、ラインが一気に解放される反動力でルアーを緩めます。すると、根がかりが取れる場合があります。

根がかりを外す道具の使用

万が一、根がかりが起きてしまった場合のために根がかりを取る便利な道具が製品化されています。高価なルアーを使用する際にはこのような道具を持っておくと便利。備えあれば患いなし。根がかり対策の最終兵器と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

障害物にフックが触れてしまうと触れてしまうと根がかりが起きてしまいます。根がかりが起きてしまうと、ラインブレイクやルアーのロストに繋がってしまうことに。運よく免れたとしてもフックが曲がった状態で手元に返ってきます。

根がかりに対処するために。あなたはどのような工夫を釣行に取り入れますか?

スポンサードリンク