メバリングの外道10選!代表的な外道をチョイス!【まとめ】

メバリングはメバルしか釣れない!そのようなことはありません。メバリングはライトゲームの一種。ルアーやワームに反応する個体であれば様々な外道が掛かってくれます。同時に様々な外道が釣れる楽しみを体験できるのがメバリングの楽しみでもあります。

例えば、どんな外道が釣れますか?

このような疑問を持たれる方に対してメバリングで釣れる外道をまとめてみました。メバリングで外道が釣れてしまった際には「メバリングで〇〇が釣れたよ!」と友人や家族に自慢をしてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
メバリングの外道10選!代表的な外道をチョイス!【まとめ】
をレポートしたいと思います。

メバリングとは?

メバリングはメバルを釣り上げることを目標としたルアーゲームです。ジグヘッドとワームの組み合わせやルアーを使用し、メバルを釣り上げることを目的としています。

カサゴ・ガシラ・アラカブ

アングラーの意見
img06
メバルは釣れなくてもカサゴは良く釣れますね。
img05
常連さんでしょうか?
img13
ボトムをズル引きすると必ず付いてくるよね。

メバリングの外道といえばカサゴ。メバルは掛からなくてもカサゴは嫌でも釣れてくれます。カサゴとメバルは同じ根魚の一種。海底付近にカサゴは潜むのでカサゴを避けるならばナイトゲームのシャローを軸に攻めると効率の良いメバリングを行うことができます。

フグ

アングラーの意見
img06
ストレスあるよね。
img05
匂い付きワームを使用すると跡形の無い状態で返ってくる。
img13
この子がいる場所ではワームを使わないことだね。

嬉しくない外道の一つです。小型のジグヘッドやトレブルフックを用いるメバリングではフグのおちょぼ口にもフィット。良く釣れる外道でもあります。フグの嫌なところはゲジゲジとワームをかじられること。フグはクチバシのような板状の歯を持っています。この歯で甲殻類や貝類を捕食するのです。殻を破るような強い歯でかじられたワームは無事であるはずが無く、千切られた形で手元へと返ってきます。ジグヘッドとワームの組み合わせを多用するメバリングではフグは天敵といっても過言ではないでしょう。

アコウ・キジハタ

アングラーの意見
img06
高級魚だけにお得感があるよね。
img05
まだ出会ったことないですね。
img13
子供サイズなら釣れたことがあるかな。

嬉しい外道の一つです。テトラポットや防波堤の周辺で釣ることの多いメバリングでは高級魚として知られるキジハタも釣れてしまいます。ただ、釣れることは珍しく筆者自身もメバリングで釣れたことは数回しかありません。

クロダイ・キビレ

アングラーの意見
img06
かなり重たいので下手をすると竿を折られますよ。
img05
リールに負荷を掛けて寄せてくる感じですですかね。
img13
まぁ、ジグヘッドが耐えきれませんよ。

クロダイもメバリングの外道の一つです。メバリングではボトムを探索することが多く、クロダイの住処も海底付近のために釣れてしまいます。クロダイは大きくなると30(cm)を超えます。ライトゲームの中でも繊細なタックルを組むメバリングでは少しスペック不足。万が一の外道に備えてライディングネットを常備しておくことを推奨します。

カマス

アングラーの意見
img06
プッツンとラインが切られる。
img05
嬉しいから文句はいえませんね。
img13
メバルからカマス釣りに変更してます。

焼き物で有名なカマス。このカマスもメバリングの外道の一つです。注意すべきは鋭い牙。釣れてしまった際には必ずハサミ系で掴んでください。カマスがいる場所には複数のカマスが存在する可能性があります。連続してカマスがヒットすることも珍しくは無いのでワームを使用している方はハードルアーへの変更をオススメします。

タコ

アングラーの意見
img06
クーラーボックスが地獄絵図になりました。
img05
要注意です。タコに噛まれて出血しました。
img13
タコは大人の事情で持ち帰りが禁止されている場所もありますよ。

タコが釣れたという報告もあります。ただ、メバルプラッキングというプラグを専門に用いた釣法での報告となります。タコの口元に手を持っていくと噛まれます。タコの歯は鋭いので取り扱いには十二分に注意をしてください。

アジ

アングラーの意見
img06
カマスよりアジの方が嬉しいけどね。
img05
メバルを釣りたいけどアジが釣れても嬉しい。
img13
メバルからアジ狙いに変更するときもあるよね。

アジが釣れた場合は複数のアジが同じポイントに潜んでいる可能性があります。幸い、メバリングはアジ専門に釣り上げる釣法のアジングと通じる部分が多く、似たような仕掛けで釣りに挑みます。メバリングではアジが釣れること。そして、アジングではメバルが釣れることも珍しいことではありません。

セイゴ・フッコ・スズキ

アングラーの意見
img06
他の釣法の外道でもあるけど本当に釣れるね。
img05
無理してやり取りを行わない方が良いかもしれない。
img13
ラインブレイクかジグヘッドの損傷で済む。頑張ってみるべき。

河口周辺でメバリングをしていると釣れることがあります。大きいサイズが多く、下手をすれば竿を折られてしまう可能性があります。足元まで寄せてライディングネットやタモ網でキャッチすれば安全に取り込むことができます。

カワハギ

アングラーの意見
img06
食べれるだけ良いけど小さいサイズばっかりなんだよね。
img05
ちょこちょこと突く感じが手元に伝わる。
img13
フグと一緒で居たら場所移動だよね。

臭い付きワームを使用すると頻繁に釣れてしまいます。別名「エサ取り名人」と呼ばれるカワハギはメバリングの外道として有名です。おちょぼ口を使ってワームだけをゲジゲジと噛んでしまいます。返ってきたワームは原型をとどめていません。カワハギが釣れる場所では臭い付きワームを使用しないようにしましょう。

ベラ

アングラーの意見
img06
肉食性だからね。外道の代表的な存在ですね。
img05
どこにでも出没するよね。避けては通れない道。
img13
キュウセンは夜中になると眠るから昼に行うと良いかもね。

天ぷらでお馴染みのベラもメバリングの外道として有名です。ベラもおちょぼ口をしており、ゲジゲジと噛むようにして捕食します。フグと似たように返ってきたワームは原型を留めていません。テトラポットや防波堤、磯場、岩場、ほとんどの環境で姿を現します。

メバリングで美味しい外道を釣っちゃおう!

メバリングで美味しい外道を釣って家族のヒーローに!メバリングでは頻繁に外道が釣れます。メバルが本命ということに変わりはないものの、そう上手くはいきません。メバルを本気で釣りたければ、それなりのメバルの釣果があるポイントを選ぶことが大切です。

スポンサードリンク