段ボールで釣り竿を作って遊ぶ!バラエティーキット「Toy-Con 01」が登場!

段ボールで釣り竿を作って遊ぶ!バラエティーキット「Toy-Con 01」が登場!

釣りをする人ならば一目で分かるはずだ。そう、これはダンボール製の釣り竿である。実際に海や川へ行き釣りができる・・・という訳ではなく、任天堂がバラエティーキットとして出したゲーム用の釣り具。つまり、ゲームソフトのコントローラーとして使用できる釣り竿だ。

2017年03月03日に任天堂から新しいゲーム機が登場した。ゲーマーならばご存知の通り「任天堂スイッチ」だ。その任天堂スイッチで楽しむことができる体験型ゲームとなっている。任天堂スイッチをお持ちの方は楽しんでみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
段ボールで釣り竿を作って遊ぶ!バラエティーキット「Toy-Con 01」が登場!
をレポートしたいと思う。

バラエティーキット「Toy-Con」とは?

バラエティーキット「Toy-Con」は作って遊べて学べる玩具。ダンボールと各パーツを組み上げてコントローラーを作ることで中の構造や仕組みを大まかに把握できるという新しいコンセプトを持ったパーツキットだ。任天堂スイッチと連動することで中の仕組みを理解した上でゲームを楽しむことができる。

Toy-Con

数々のゲーム機やゲームソフトを手掛けてきた任天堂。その一つのゲーム機である任天堂スイッチに対応した実践型のゲームキットが新たに登場した。この実践型のゲームキットはソフト単一で楽しむという訳ではなく、様々なパーツが一つのパッケージの中に入ったバラエティーキットとして登場している。

バラエティーキットの中には、ダンボールシート(数枚)や輪ゴム(大・小)、紐、スポンジシート、ソフト等の様々なパーツが入れられている。そのパーツを組み立てることで任天堂スイッチのコントローラーとトイコンが連動してゲームソフトを楽しむことができる仕組みだ。

ダンボールシートを組み立てることで作成可能なコントローラーは、リモコンカーToy-Con、つりToy-Con、おうちToy-Con、バイクToy-Con、ピアノToy-Conの5つ。組み立て説明書を見ながら組み立てれば簡単に組み立てることができるはずだ。

このコントローラーの中でも釣り好きが特に注目すべきは「釣りToy-Con」だ。釣り竿を伸ばしてリールを逆向きに巻くと針がゆっくりと降りていく。視点操作も意のまま。竿を左右に動かすと画面も同様に左右に動く仕様となっている。

スイッチのコントローラーにはバイブレーション機能が付いており、そのバイブレーションが振動すると魚が掛かった合図。あとは、リールを巻くだけで魚を釣り上げることができる。ちなみに、釣り上げた魚はアクアリウムで鑑賞できたり、自分だけのオリジナルの魚を作ることができたりとゲームをやり込める要素は沢山ある。

無論、バラエティーキット内に入ったソフトは任天堂のゲーム機「任天堂スイッチ」が無ければ遊ぶことができない。その点だけは注意して欲しい。

登場予定日【Toy-Con 01】

2018年04月20日

バラエティーキットの紹介映像

Nintendo Labo Toy-Con

将来はエンジニア!?ちょっとした気分を味わおう!

子供がゲームしかしない!そんなときはゲームでお勉強!ダンボールでハードを作成し、その作成したコントローラーでゲームを楽しめる。まさに、エンジニアとしての体験型のゲームキットでもある。お子様のプレゼントとして検討してみるのも良いかもしれない。

スポンサードリンク