コノシロは出世魚!名前の呼び分けとサイズの基準【出世魚図鑑】

江戸前寿司といえばコノシロ。ただ、正確にはコノシロサイズを寿司として利用することは少なく、シンコやコハダサイズを寿司ネタとして活用するそうです。コノシロは出世魚。サイズ毎に呼び名が異なる珍しい一面を持った魚種でもあります。

コノシロは河口近くで釣りをしていると外道として釣れる嬉しい訪問客。今回、紹介するのは、出世魚であるコノシロの呼び方とサイズの基準。サイズ毎に呼び分けてコノシロのウンチクを友人に自慢してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
コノシロは出世魚!名前の呼び分けとサイズの基準【出世魚図鑑】
をレポートしたいと思う。

コノシロとは

コノシロはニシン科に属する魚です。河口周辺を住処とし、11月~3月に旬の季節を迎えます。コノシロの見分け方は上ヒレと繋がった一本の軟条。そして、全体的にもっちりとしたその体系です。目の後ろは金色の輝きを放ち、日本では有数の黄金色を持つ魚です。

サイズ毎の呼び分け方

防波堤や波止、河口周辺でサビキ釣りをすると頻繁に釣れるコハダ。実はコハダはコノシロの成長前のサイズの呼び名なんです。コノシロは出世魚の一種だということをご存知でしょうか。これから紹介するのはコノシロのサイズ毎の名前の呼び分け基準です。

コノシロは大きく分けて4つのサイズの範囲に分かれます。

  • シンコ(4~7cm)
  • コハダ(7~11cm)
  • ナカズミ(11~15cm)
  • コノシロ(15cm~)

筆者が釣ったことのあるコノシロは18(cm)。つまり、その場合はコノシロサイズとなります。サビキ釣りではコノシロサイズではなく、コハダサイズが良く釣れるのでオススメ。後に解説していますがコノシロはサイズが小さくなるほど商品価値の上がる魚でもあります。

おせち料理に良く使われてるよ!縁起が良い魚!

コハダの粟漬けをご存知でしょうか。一部の地域では古くからコハダは縁起の良い魚として知られています。おせち料理の一品としてコハダの粟漬けを必ず作るご家庭もあるそうですよ!ちなみに、コハダの粟漬けは上の画像の左下の食べ物となります。

江戸前寿司の定番といえばシンコとコハダ!

握り寿司を中心とした江戸前寿司にもコハダは使われています。コハダは主に酢締めで握りとして食べられます。寿司にコハダが使われる理由はコノシロサイズになると骨が多くなり、太くなるため、一般的にはコノシロサイズは握りには使用しません。サイズが小さくなればなるほど商品価値の上がる不思議な魚でもあります。

コハダの酢漬け

まとめ

いかがでしょうか。

コノシロは出世魚の一種。中でも、シンコやコハダサイズは握りに最適で高級品として古くから知られてきました。コハダの酢漬けを食べてみてください。シンコやコハダのフワフワとした食感や絞り出るような甘みを味わうことができますよ。

ご飯と一緒に食べれば至福の幸福。是非、コノシロのウンチクを習得して今後の釣行に活用してみてください。きっと、鼻高々な気分で相手にコノシロのウンチクをレクチャーすることができますよ。

スポンサードリンク