マイワシは出世魚!サイズ毎の名前の呼び方と基準【出世魚図鑑】

スーパーでお馴染みのマイワシ。釣りをしていると時々釣れてくれる嬉しい訪問者でもあります。私達が普段目にするマイワシは出世魚であることをご存知でしょうか。出世魚とは稚魚から成魚までの成長段階において違った名称を持つ魚種のことを示します。

マイワシはサイズ毎に呼び名が異なる珍しい一面を持った魚でもあります。今回、紹介するのは、マイワシの出世魚のサイズの基準。サイズ毎に呼び分けてマイワシのウンチクを友人に自慢してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
マイワシは出世魚!サイズ毎の名前の呼び方と基準【出世魚図鑑】
をレポートしたいと思う。

マイワシとは

防波堤や波止から釣れるマイワシ。皆様も一度は釣ったことがあるのではないでしょうか。体の上面が青物らしい青色で中腹から下面に掛けてキラキラとした銀白色をした綺麗な魚です。カタクチイワシやウルメイワシとの見分け方は体の側面の斑点模様。青黒い斑点模様が体の側面に付いていればマイワシとなります。

サイズ毎の呼び方

サビキ釣りや投げ釣りをしていると時々釣れてくれるマイワシ。実は出世魚だということをご存知でしょうか。出世魚といえばスズキやブリが有名どころとして知られています。これから紹介するのはマイワシのサイズ毎の名前の呼び分け基準です。

マイワシは大きく分けて5つのサイズの範囲に分かれます。

  • シラス、マシラス(~1cm)
  • カエリ、アオコ、ヒラゴ(1~10cm)
  • コバイワシ(約10cm)
  • チュウバイワシ(約15cm)
  • オオバイワシ(約20cm)

筆者が釣ったことのあるマイワシの最大サイズは18(cm)。つまり、その場合はチュウバかオオバサイズとなります。マイワシは出世魚の中では珍しく、マイワシという名前が成長過程の呼び名として付けられていません。

真鯛やマイワシ、マゴチなどの名前の先頭に付いたマ(真)という漢字は代表種という意味合いを持ちます。つまり、日本語で示す普通のイワシというのはマイワシしかありません。カタクチイワシやウルメイワシでは無いことを覚えておいてください。

イワシの日という日付があるのをご存知でしょうか。漁師さんから教わった話ですがイワシの日は毎年10月04日を表すそうです。その漁師さん曰く、そのイワシの日には海の神様にお祈りをして無病息災を願うそうですよ!

マイワシは群れで泳ぐ!圧倒的迫力!

水族館に行くとイワシが群れて泳ぐ姿を目にしたことがあると思います。これは捕食者に食べられないために本能的にイワシが思っていること。イワシは根魚とは違って隠れる場所がありません。常にオープンな場所にいる外洋性の魚なので集団行動を本能的に行うことで捕食者から逃れようとしています。(ベイト・ボール)

マイワシのオイルサーディンが絶品!

マイワシといえばオイルサーディン。高濃度の塩水に軽く浸し、オイルでマイワシを煮込むとオイルサーディンの出来上がりです。このオイルサーディンが絶品なんですよ!そして、マイワシのオイルサーディンはオイルで煮込むことによって滅菌します。つまり、意外と日持ちするというのもオイルサーディンの一つの魅力です。

マイワシのオイルサーディン

まとめ

いかがでしょうか。

マイワシは出世魚の一種。そして、綺麗で美味しい魚でもあります。マイワシのオイルサーディンを食べてみてください。クセはあるものの、ご飯と一緒に食べれば至福の幸福。わざわざ、マイワシを調理しなくても、スーパーに缶詰で売られているので簡単に手に入ります。

是非、マイワシのウンチクを習得して今後の釣行に活用してみてください。きっと、鼻高々な気分で相手にマイワシのウンチクをレクチャーすることができますよ。

スポンサードリンク