【小さすぎ!】プロックスから8+1ピースロッド「モバトラ8PLUS1」が登場!

コンパクトロッドが様々な釣法において注目されていることはご存知なはずだ。コンパクトロッドは電車や徒歩、自転車での釣行時に便利なだけでなく、保管する際にも部屋のスペースを取らない。恐らく、多くのアングラーが収納場所に困り果て、竿を立てた上で部屋の片隅に放置しているのではなかろうか。

そんなときにはコンパクトロッド。新しくプロックスから登場するコンパクトロッドは各関節を外すと仕舞寸法が26(cm)と超コンパクトに収納することができる。電車や自転車での釣行の際にはリュックサック等のバッグにも収納することができるはずだ。今回は、新しく登場するプロックスのコンパクトロッド「モバトラ8PLUS1」に注目していこう。

そこで、レポ部では・・・
【小さすぎ!】プロックスから8+1ピースロッド「モバトラ8PLUS1」が登場!
をレポートしたいと思う。

モバトラ8PLUS1

プロックスから登場するのはトラウト向けの小継ロッド。仕舞寸法がなんと26(cm)と超コンパクトに設計されたコンパクトロッドだ。コンパクトロッドは電車や徒歩、自転車での釣行で本領を発揮するだけでなく、保管する際にも便利。このように徒歩で釣場に出かけることの多い行動派アングラーの必須アイテムと言ってもいいはずだ。

意外とスペースを取られがちなロッド。収納する際はケースに入れて、立てて保存するというアングラーが多いのではなかろうか。頻繁に釣りに出かける方は無造作に立てた収納でも良いかもしれない。ただ、仕事で休みの日しか釣りに行けない方が当たり前の今、押し入れに保管できるほどのサイズを持ったコンパクトロッドの需用性は高くなっているように感じる。

公式サイトによると、

小型ルアー&スプーンを的確に操作できるウルトラライトアクション。ショートバイトも見逃さない繊細なソリッドティップ。

モバトラ8PLUS1 | PROX

このように記載されている。モバトラ8PLUS1のPLUS1(+1)という数字はエクステンショングリップによる拡張性を意味した物。これは、エクステンショングリップをグリップに装着することでグリップ自体の長さを7(cm)伸ばすことができるという物だ。

エクステンショングリップを付ければグリップの持ちやすさが変化。ロングキャストをする方はエクステンショングリップをグリップに装着し、グリップを延長した上で使用すると飛距離が出しやすい。ここはアングラー各々の好みだろうか。

仕舞寸法26(cm)という驚異の収納性を持つモバトラ8PLUS1。ウルトラライトアクションということで繊細な当たりも掴むことができるとか。トラウトでの使用に捉われず、ライトリグを利用する数々の釣法でも使っていけると推測する。(ルアーWt:1~4[g])

是非、コンパクトロッドをお探しの方は、プロックスの「モバトラ8PLUS1」の使用を検討してみてはいかがだろうか。

スペック / 特徴

アクション 全長(cm) 仕舞寸法(cm) ルアーwt(g)
ウルトラライト 178+7 26 1~4

登場予定日

2018年04月06日

関連製品

太っ腹すぎ!ハードケースも付属!

このコンパクトロッドには専用のハードケースが付属してくる。別途にハードケースを揃える必要が無い。尚、ハードケースはPP製(ポリプロピレン)。トラウト用にコンパクトロッドを初めて揃えたい方は「モバトラ8PLUS1」を検討するのも良いだろう。