甲殻類をベイトにする魚達をターゲットに!ボトムの秘密兵器「シコルスキー」に注目!

インターネット上をウロウロと彷徨っている内に見つけた巣山技研有限会社(ER)が開発するシコルスキー。シーバスやヒラメ・マゴチなどのフラットフィッシュや甲殻類をベイトにする魚達全般をターゲットにできる多用途な使い方が可能なハードルアーでその性能は未知数だ。

  • シコルスキー

フォルムからして逸脱。ジグヘッドの頭部と鉄板バイブレーションの薄い鉄板フォルムを配合したかような変わったデザインをしており、そのボディ後部にはツインフックが搭載されている。同じようなフォルムの多いメタルジグには飽き飽きだ。このように思われた方は、ボトムの秘密兵器として変わったデザインの「シコルスキー」を検討してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
甲殻類をベイトにする魚達をターゲットに!ボトムの秘密兵器「シコルスキー」に注目!
をレポートしたいと思う。

シコルスキー

筆者はこのような変わったジグが大好きだ。とはいうものの、シーバスやヒラメ・マゴチなどのフラットフィッシュをターゲットとしたハード系のルアーといえば一般的には魚型のメタルジグやシンキングペンシルが使われることが多い。

フラットフィッシュ狙いのルアー界での釣法といえば、ショアジギングやショアスロー、ライトショアジギングといった釣法。これらの釣法の多くにメタルジグやシンキングペンシル、ブレード系のジグが好まれて使われている。

確かにボトム系ジグは素早く沈下するそのスピードにより、海底の取りやすさ。多少の強い潮の流れでも対処できるアドバンテージを含んでいる。ただ、これらの多くのルアーが魚型。一言で言えばフォルムを語る上では魚型のルアーは個性が無いと言うこと。

巣山技研有限会社(ER)が手掛けたシコルスキーはフォルムからして逸脱。ジグヘッドの頭部と鉄板バイブレーションの薄い鉄板フォルムを融合したかような変わったデザインをしている。

嬉しいのはシコルスキーのターゲットの範囲。フラットフィッシュ、シーバス、根魚や甲殻類をベイトにする魚達全般をターゲットにすることができ、海底(ボトム)アタックの脅威とも言える根掛かりの回避能力に長けている。

ボディ後部に設置されたダブルフックは固定することができる。親指を使用し、後部の尾部分にダブルフックの根元を食い込ませるようにして固定。ボディが沈下してボトム付近に到着したとしてもボディが自立し、根掛かりを回避することができるようだ。

今まで見てきたルアーの中でも特別変わった存在のシコルスキー。巣山技研有限会社(ER)のショップサイトでは在庫がまだ少しだけ残っているようだった。本記事を閲覧いただき、シコルスキーへと興味をお持ちの方は公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

タイプ 重さ(g)
シンキング 21 カルディバ:Wフック

主なターゲットは?

  • シーバス
  • フラットフィッシュ
  • ロックフィッシュ
  • etc

ボトムで立つ!根掛かり回避もお手の物!

使う予定のある方は事前に仕様を確認しておこう。購入時のWフックは固定されていない状態。すなわち、自分でWフックを固定しなくてはいけない。ラインアイは二つ。それぞれの詳細は語られていないので使用しつつ、ラインアイの存在の意味を見極めよう。

 ココを覚えておくべし!
  • 甲殻類をベイトとする魚達に有効的(幅広いターゲット性)
  • 安定した飛行姿勢(キャストした際は回転しない)
  • 水平フォール(フォール姿勢)
  • Wフックは固定可能(根掛かりを回避)
  • Wフックはトレブルフックに交換可能!

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、巣山技研有限会社(ER)が手掛けるハードルアーだ。

  • シコルスキー

インターネット上をウロウロと彷徨っている内に見つけたシコルスキー。類を見ないフォルムデザインと幅広いターゲット性。ボトム付近を意識した釣りに対応した根掛かり回避性能と非常に良く設計されたルアーであるように思える。シコルスキーに興味をお持ちの方は公式サイトにて詳細をチェックしてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク