ジャクソンの「うにょうにょ」に注目!バチ抜け・シラス・サヨリパターンにはコレだ!

バチ抜けパターンとは、イソメ・ゴカイ類といった虫類の産卵時を想定した一つの周期(パターン)のこと。これらの虫類は産卵のために砂場から這い出てくる。このバチ達をターゲットとするのがシーバスを始めとした数々の魚達だ。

  • うにょうにょ(unyo unyo)

今回、紹介するのは、バチ抜けパターンを始めとした様々なパターン(シラスパターン・サヨリパターン等)に有効的なルアー。ソフトマテリアルで構成されたボディと、その軸となる金属パーツで構成された新しいルアーだ。

様々なパターンを「うにょうにょ」一つで制覇。パターンの多様化が可能な今製品はパターンが判断しづらい際にも安心して使うことができるはずだ。

そこで、レポ部では・・・
ジャクソンの「うにょうにょ」に注目!バチ抜け・シラス・サヨリパターンにはコレだ!
をレポートしたいと思う。

うにょうにょ

ジャクソンから登場した「うにょうにょ」は、同社の既存の製品「にょろにょろ」をソフトマテリアル化した物。ご存知の通り、にょろにょろのボディはハード系。今回、登場した「にょろにょろ」はソフトマテリアル。すなわち、ソフト系で構成されている。

にょろにょろの人気は高い。バチなどの虫類に限らず、細身のシルエットのベイトフィッシュ全般を真似ることができ、あらゆるパターン予想において、使い勝手の良いルアーへと仕上がっていた。そして、今、新たにジャクソンに加わるルアーは、うにょうにょとした妖しいローリングアクションでベイトを演出するソフト系ルアー。その名も「うにょうにょ」だ。

公式サイトによると、

細身のシルエットは、バチに限らずサヨリ、シラスなどのベイトフィッシュともマッチザベイト。スリムなボディは 空気抵抗が少なく、飛距離も十分。

うにょうにょ | Jackson

このように記載されている。引用文の「スリムなボディは 空気抵抗が少なく、飛距離も十分」という文面に注目していただきたい。にょろにょろの9(g)は105(mm)。そして、にょろにょろの105(mm)と同ウェイト数となる「うにょうにょ」の9(g)は90(mm)と、にょろにょろのボディに比べ、うにょうにょはコンパクトに設計されているようだ。

2002年に「にょろにょろ」が生まれ、早15年程。その「にょろにょろ」にソフトマテリアルが融合されることで新しいタイプのルアーが生まれることに。ジャクソンの「うにょうにょ」は、どのような地位を確立していくことになるのだろうか。気になった方は釣具店にて現物を確認してみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

タイプ サイズ(g) 本数
シンキング 9 3

主なターゲットは?

  • シーバス
  • etc

登場予定日

2018年02月~

ローリングアクションに注目!【うにょうにょ】

人気のにょろにょろがソフトマテリアル化!

この「うにょうにょ」は大きく分けて二つの構成。ソフトマテリアルのボディとトレブルフックが付いた中心の軸となる金属部分。パッケージ内に梱包されているのは軸付きの本体(一つ)と軸無しの本体(二つ)。ソフトワームを交換するときは、軸付きの本体の軸を取り外し、スペアのワームへと挿入するだけで簡単に交換することができる。

 ココを覚えておくべし!
  • ソフトマテリアルを融合(定番のにょろにょろ)
  • うにょうにょアクション(ローリングアクション)
  • バチ・サヨリ・シラスパターンに!(細身のシルエット)
  • スリムなボディ(空気抵抗が少ない&飛距離に優れる)

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2018年02月に登場したジャクソンの製品だ。

  • うにょうにょ(unyo unyo)

登場日は2018年02月。既に店頭に並んだ姿を見ることができるはずだ。バチ抜けパターンだけでなく、サヨリ・シラスパターン等に有効的な今製品。パーツの組み合わせも簡単に行うことができるので、カラーローテーションの組み換えも簡単に行うことができるはずだ。

是非、その場におけるパターンが不明の際には、ジャクソンから登場した「うにょうにょ」を使い、あらゆるパターンを想定した釣行を行ってみてはいかがだろうか。