メバルの捌き方を動画で学ぶ!下処理方法と三枚卸しにする方法!【初心者向け】

春告魚と呼ばれるように春の季節にベストシーズンを迎えるのがメバル釣り。突然だが、アングラーの皆様はメバルが釣れた際にはどのような下処理方法を施し、メバルの三枚卸しへと完成させるだろうか。

メバルの調理方法は様々。定番の煮付けを始め、から揚げや団子、カルパッチョに至るまで応用することができる万能な食材として日本人は好んで食べている。主婦の方やアングラーの皆様はメバルと触れ合う機会も多いので調理する頻度も高いはずだ。

今回、紹介するのは、下処理方法とメバルの三枚卸し方法。動画投稿サイトで話題を集める達人の動画を参考にしつつ、その方法を伝えたいと思う。可能であれば、下処理は現地で行いたい!そのようにお考えの方も参考にして欲しい。

紹介する動画には魚を捌く作業内容が含まれています。魚を捌くことに抵抗をお持ちの方は閲覧を控えるようにしてください。
そこで、レポ部では・・・
メバルの捌き方を動画で学ぶ!下処理方法と三枚卸しにする方法!【初心者向け】
をレポートしたいと思う。

メバルの下処理方法を紹介!

メバルの下処理は意外と簡単。今回、紹介するのは二通りの下処理方法だ。片方の方法はご家庭での下処理に最適な方法。もう片方の方法は割り箸を使用して下処理を行う方法だ。後者の下処理方法は包丁を使用しないので現地でも活用することができる。

背ビレには極稀に微量の毒を含む場合がある。背ビレのトゲは鋭い物なのでキッチンバサミでカットしてから下処理(調理)に挑むことを推奨する。

一般的な下処理方法【家での下処理に便利】

メバルの鱗を取る作業。そして、内臓を取る作業がスムーズに行われている。下処理方法としては、メバルの鱗とヌメリを落とし、鰓(エラ)をまな板と一緒に包丁で押さえ込み、メバル本体を捻るようにして鰓(エラ)を取る。最後に本体に切り込みを入れて、その切り込みから内蔵を取って終了だ。

ツボ抜き【現地での下処理に便利】

割り箸を利用するだけで簡単にメバルの下処理を行うことができる。割り箸を口の中に入れ、鰓(エラ)の上を貫通させる。そして、内臓へとそのまま割り箸を到達させる。反対側も同じように割り箸を差し込む。後は、メバル本体をしっかりと支え、二つの割り箸を握り込み、回転させるだけ。割り箸を回収すると巻き付いた内臓と鰓(エラ)が回収される。

メバルの三枚卸しの方法を紹介!

メバルの三枚卸しには少しコツがいる。ただし、他の魚の三枚卸しが上手な方であればメバルの三枚卸しも上手にできるはずだ。魚の三枚卸しは基本的には同じ手順。メバルもその内の一つに含まれている。

綺麗過ぎる!これが達人の技か!

鱗(うろこ)を落とし、頭部を切り落とすと同時にメバルの体内から内臓を取る。そして、腹側から中骨に沿って包丁を入れる。本体を半回転させて背中から中骨に沿って包丁を入れ、片身をはがす。同じ作業を反対の片身にも施して三枚卸しは完了だ。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、メバルの下処理方法と三枚卸しの方法を解説した動画だ。

春を告白する魚(ハルツゲウオ)と書いて「春告魚」。メバルが釣れたら春が到来したサイン。これから到来する春のシーズンインに備え、メバリングの復習と共にメバルの捌き方を予習しておいてはいかがだろうか。

スポンサードリンク