ウェストバッグに必要な機能って何?アングラーの理想のウェストバッグを考察!

正直に言うと未だに理想のウェストバッグに出会ったことがない。著者自身が求めているウェストバッグは陸っぱり用の多収納、且つ、機能的なウェストバッグだ。存在していないので仕方なしに収納力の高いリュックサックを未だに使用している。

今回、考察するのは、陸っぱりからの釣行で必要となるウェストバッグの機能。陸っぱりアングラーが本当に欲しい機能が詰め込まれたウェストバッグについて。多機能であることは有り難い。そう思われるようなアングラー向けのウェストバッグを考察することにした。

そこで、レポ部では・・・
ウェストバッグに必要な機能って何?アングラーの理想のウェストバッグを考察!
をレポートしたいと思う。

ウェストバッグとは?

ウェストバッグは腰に固定できるカバン。手持ちカバンとは違い、両手をフリーにすることができる。すなわち、常に収納スペースを身に付けておくことで作業効率の上昇を図ることができ、両手をフリーにしたまま、スマートに荷物を取り出すことができる。

理想のウェストバッグを考察【アングラー用】

陸っぱりから釣りを行うに当たって本当に必要なウェストバッグの機能とは何だろうか。豊富な収納スペースはもちろんのこと。ロッドホルダーやプライヤーホルダーなどの釣行をスムーズに行うために必要な機能も搭載されていると我々アングラーからすると有り難い。

とはいえども、収納性と機能性を両立するには腰に装着するウェストバッグの大きさでは何かを犠牲にしなければならないことも確かだ。高い収納性を求めるとなると必然的にウェストバッグの大きさも大きくなる。

陸っぱりアングラーにあると便利なウェストバッグの機能。全てが備わったウェストバッグが存在していれば迷わずに使用する訳だが残念ながら今のところは出会えていない。今回は、陸っぱりアングラーが求めるウェストバッグの機能性について考察することにした。

ロッドホルダー

ルアーや仕掛けを交換する際にはロッドを地面に置きたくない。仕掛けの交換の際に一々、地面にロッドを置いてしまうと時間が掛かるし、何より、ロッドとリールの破損へと繋がってしまう。そんなときには竿の一時避難先となるロッドホルダーが便利。

ネットポストに竿を引っ掛けるという手もあるがネットポストの多くはサイドに設置されている。できれば、脇の収納スペースは、サイドポケットやペットボトルホルダーの収納に回したいところ。

ロッドホルダー(ロッドポケット)が付いたウェストバッグは珍しい。何故だろうか。ロッドホルダーが付いたウェストバッグは非常に実用的なのだが・・・。

プライヤーホルダー

プライヤーホルダー(プライヤーポケット)が付いたウェストバッグは数多く存在している。主に取り返しの良さを図るために前面部位や側面部位にポケットが設置されている。

プライヤーホルダーが有るのと無いのとでは明らかに仕掛けの組み立てやトラブルに対処する対応力が違う。わざわざ、ジッパーを開けてウェストバッグの中からプライヤーを取り出す操作感(スピード感)とでは雲仙の差が生まれる。

できれば、プライヤーホルダーは、ベルクロテープ式の固定を選択した方がプライヤーを仕舞う際でも楽々収納することができるので便利。金属同士の凹凸を組むパッチン式のプライヤーホルダーも存在しているものの、凹凸同士をハメ込まなければいけないので不便。(体験談)

フィッシュグリップホルダー

プライヤーホルダーと同様に魚をホールドする際に便利なフィッシュグリップホルダーもウェストバッグに搭載されていると嬉しい。フィッシュグリップもサッと取り出しできる前面や側面に設置されていると便利。ただし、側面はサイドポケットやペットボトルホルダー等の収納が欲しいので、前面部分に設定されているとベストだろうか。

理想としては、前面に二つの収納ポケットが装着されているということ。その二つの収納ポケットの更に前面に「プライヤーホルダー」や「フィッシュグリップホルダー」が付いていればスペースとして確保できるはずだ。(無論、前面の収納スペースは上部チャック式)

自由な持ち方が可能なバッグ(3Way)

ウェストバッグ以外に色んな持ち方で運ぶことができれば尚更良い。ウェストバッグ・ショルダーバッグ・手提げバッグ。この三つは備わっていると便利。ショルダーバッグは腰に負担が掛かる。そんなときにはショルダーバッグ方式へと持ち替えて腰を休憩させることも大切だ。

ウェストバッグを置いて釣りを行えばよい話だが盗難やショルダーバッグによるバランスの取り難さに少々不安が残ると思われる方は手提げ方式へと切り替えることを推奨。常にランガンスタイルで活用するためにもウェストバッグだけでなく、ショルダーバッグへと変更できる機能を備えておきたい。

シャフトホルダー

シャフトホルダーがあるとライディングネットを持ち運ぶときに便利。ただ、シャフトホルダースペース付きのショルダーバッグは非常に数が少ない。ライディングシャフトは棒状の物。すなわち、細長い物なので設置するならばショルダーバッグの底面しか無い訳だ。

ただ、シャフトホルダーは陸っぱりの釣法には最適。できるならば、というより・・・陸っぱりを専門に行うアングラーならば絶対にシャフトホルダーは欲しい機能だ。

サイドポケット&フロントポケット

サイドポケットやメインポケットの収納スペースは多い方が良いと思われがち。ただ、ショルダーバッグにサイドポケットが搭載されていれば、メインポケットの容量は当たり前だが少なくなる。釣りの分野にサイドポケットやフロントポケットが必要な理由は「小分けに収納することでスムーズに取り出せる環境を作り上げる」ということ。

ポケットの数が多ければ多いほど、小物を小分けにでき、目的に合った収納物を「サッ!」と取り出すことができるようになる。メインポケットは直ぐに使用しない釣具を入れるのが理想的。釣行時には直ぐに出し入れができるフロントポケットやサイドポケットを利用し、メインポケットは常時使用しない物を入れると取り返しの良い理想の釣行ができるようになる。

ペットボトル入れ

ペットボトル入れ(ドリンクホルダー)もあると便利。ただ、ドリンクホルダーのスペースを作る場合は側面に設けるというのが一般的だろうか。ネットポストはペットボトルホルダーに最適。専用のホルダーが設置されたウェストバッグは見たことのあるものの、サイドポケットの収納スペースを阻害しているようで馴染むことができない。

ペットボトルホルダーはあると便利という感じに捉えておくと良いだろう。

これらの機能を持ったウェストバッグは存在するの?

残念ながら項目[理想のウェストバッグを考察]内で語った全ての機能を含んだウェストバッグは存在していない。ただ、機能的なウェストバッグを探している内に面白そうなウェストバッグが在ったので少し紹介していこう。

ウミネコというアウトドア&スポーツブランドをご存知だろうか。2015年09月に設立された新しい会社。このウミネコが販売するエギングバッグの評価が素晴らしく高い。

このエギングバッグは大口のメインポケットにサイドポケットとフロントポケットを装備。更にはメインスペース上部にも収納スペースが設けられた高収納バッグとなる。ウエストバック・ショルダーバック・手提げバッグの三つの方式での持ち運びが可能。すなわち、ランガン向けに対しても、高い機動力を誇ったバッグとなっている。(防滴・防水仕様)

実は、このウェストバッグの所々にはループが設置されている。所々に設置されたループを上手く利用することで、小さなプライヤーや細いフィッシュグリップを始めとした様々な小物を機能的に収納。同時に直ぐに取り出すことができる環境を整備することができる。

カラビナをループに取り付ければ釣具をより機能的に使用することが可能。専用のホルダーが装備されていなくても広い面で応用が利く設計となっている。気になった方はチェックしてみてはいかがだろうか。

Link is Online Shop

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、陸っぱりであると便利なウェストバッグの機能について。

収納物はウェストバッグに。片手にロッドともう一方の片手は怪我や障害物に備えて常にフリーにしておくのが理想的。不安定な足場の万が一の転倒に備え、ウェストバッグはアングラーにとって理想的なバッグだといえる。

是非、安全な釣行を行うためにも、両手に荷物をできるだけ持つことの無い、機能的なウェストバッグを揃え、釣行に挑んでみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク