ジャッカルの「ビークロールスイマー」でカバーを攻略!専用のトレーラーとの相性も抜群!

ジャッカルから新しいスイミングジグが登場する。2018年内に登場予定の「ビークロールスイマー」はシャローカバーの攻略に長けたスイミングジグだ。

  • ビークロールスイマー

新しく登場する「ビークロールスイマー」はバスフィッシング界のプロアングラー “西村嘉高氏” のこだわりが詰め込まれたスイムジグ。カバーがある場所は基本的にはスキッピングでカバー下(シェード)へとジグを送り込む。一般的なブラシガードではジグを回収する際にはトラブルも多く、回収する度にその不便さを実感することになる。

ビークロールスイマーはブラシガードの変わりにワイヤーガードを採用。トラブルが多発するシェードエリアをタイトに攻めれるスイミングジグだ。今回は、2018年(年内)に新しく登場する「ビークロールスイマー」について紹介していこう。

そこで、レポ部では・・・
ジャッカルの「ビークロールスイマー」でカバーを攻略!専用のトレーラーとの相性も抜群!
をレポートしたいと思う。

ビークロールスイマー

ジャッカルから登場する「ビークロールスイマー」はワイヤーガードが採用されたスイミングジグ。張りのある二本のオリジナルワイヤーガードを採用することでシェード下へとジグを送り込み、回収する際の団子絡みによるトラブルを軽減してくれる。

ビークロールスイマーの大きな特徴としてラインナップされた三つウェイト(5.3[g]・7[g]・10[g])のヘッドの大きさが同じ。重さが変わったとしてもバランスが変わらない。すなわち、これらの三つのどの重さを選んだとしても同じスイミング姿勢で攻略できるということ。

公式サイトによると、

西村が提唱する、シャローカバーやブッシュ周りをスイミングジグで攻める”ブッシュクローリング”メソッドに特化させたアイテムです。

ビークロールスイマー | JACKALL

このように記載されている。引用文内で語られたブッシュクローリングというメソッド。これは一体何を意味しているのか。少し検索を掛けたところ、西村嘉高氏が提唱するブッシュクローリングシステムとしてジャッカルのコラム(COLUMN)に以下のように解説されていた。

ー その「横の動きに反応するバス」を釣る為にカバーの中や際をルアー泳がせるのが “ブッシュクローリング” です。(引用:ブッシュクローリングとは?)

カバーの中には縦の動きに反応するバス、横の動きに反応するバスと個体によって反応の良さが異なってくる。その横の動きに反応するバスはスイミングジグが有効的だということ。

元より、ジグの中でもナチュラル系のジグとして知られるスイミングジグ。バスフィッシングといえばルアージャンルの多さにより、様々なジグやワームのチョイスで多くのパターンを攻略できる。中でも、スイミングジグはスカートのボリューム感による存在感。根掛りの回避性能、ヘッド形状による一定したレンジキープ力など、数多い場面で有利に運べるジグの一つ。

  • ブッシュクローリングを体現する

魅力的なキャッチフレーズが掲げられたビークロールスイマー。専用のトレーラーとなる「ビークロールフラッパー 3.8」と一緒に使用することを推奨したい。

スペック / 特長

タイプ 重さ(g)
シンキング 5.3
7
10

主なターゲットは?

  • バス
  • etc

西村嘉高氏による解説動画

ビークロールスイマーの水中動画

シャローカバー攻めによるストレスを軽減!

頭部のシルエットが同じ。そして、それぞれの重さが異なるのにも関わらず、同じスイミング姿勢で攻略可能となるビークロールスイマー。ボトムと平行にスイミングさせることができるようにアイの角度を30度に設定されている模様。かなり、考えられたスイミングジグであるように思える。カラーバリエーションは全部で八つ用意されているようだ。

 ココを覚えておくべし!
  • 二本のワイヤーガード(ジグ回収時のトラブルを防止)
  • シャローカバーやブッシュ周りの攻略に最適!(ブッシュクローリング)
  • 同じスイミング姿勢で攻略できる(バランスが変わらない)
  • ボトムと平行にスイミング可能(アイの角度を30度に調整)
  • ヘッドサイズが同じ&それぞれの重さが異なる(タングステン比重の変更)

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2018年の新製品として登場するジャッカルのスイムジグだ。

  • ビークロールスイマー

カバー下(シェード)へとジグを送り込み、回収する際のトラブルを軽減してくれる今製品。陸っぱりからシェードへと送り込むには少し工夫がいるものの、ボートバス主体で釣行する方はシェード下を探索することも多いはずだ。是非、ジャッカルから登場する「ビークロールスイマー」でカバー周りを探索してみてはいかがだろうか。