ジャクソンの「イガジグスピン」が気になる!中層の攻略に長けたブレード系ジグ!

ジャクソンからブラックバス用の新しいブレード系ルアーが登場する。小型のフォルムの上に小型のコロラドブレードが搭載された真新しいハードルアーだ。

  • イガジグスピン

バスフィッシングのプロフェッショナル。そして、実力派トーナメンターとして活躍する “五十嵐誠氏” が監修を務めた今製品。バスフィッシングにおいての中層攻略を意識して設計されたブレード系ジグだ。レンジにおける中層付近といえば上からも下からもターゲットの視界から最も入りやすいレンジ。広く誘う上では見逃すことのできないハードルアーとなるはずだ。

そこで、レポ部では・・・
ジャクソンの「イカジグスピン」が気になる!中層の攻略に長けたブレード系ジグ!
をレポートしたいと思う。

イガジグスピン

ジャクソンから登場する「イガジグスピン」は中層付近のトレース可能としたブレード系ジグ。上層や下層の中間に位置する中層を攻略可能。巻いたり止めたりするだけで中層を簡単にトレースすることができる。簡単に、且つ、使いやすいルアーとなっているようだ。

イガジグスピンの監修を務めたのはバスフィッシングのプロフェッショナル。そして、実力派トーナメンターとして活躍している “五十嵐誠氏” だ。ルアーの名前にもイガ(五十嵐氏)の名前を想像させるようなネーミングが付けられている。

コンパクトなボディに小型のコロラドブレードが装着された今製品。スピンテールジグのような形状を持ち合わせる。トレブルフックではなく、シングルフックが採用されている。そのベンド部位にコロラドブレードの接続器具(ダブルクレンスイベル)が付けられているようだ。

公式サイトによると、

イガジグスピンは、そのコンパクトなボディーをいかして、テンポ良くシャローウォーターを巻くこともできる上に、ボイル撃ちにも効果てきめん。様々な可能性を秘めたこのルアーで、未知の世界を体験してみてほしい。

イガジグスピン | Jackson

このように記載されている。イガジグスピンはただ単に中層を攻略するための設計ではなく、トップウォーターにおいても有効的。巻きスピードでルアーが浮き上がって来る感触が手に伝わりやすい設計。すなわち、手元に伝達される感度が非常に鋭い物となっているようだ。

中層といえば何を想像するだろうか。表層でもなく、深層でもない。いわば、中間に位置するレンジ(水層)。ターゲットの気持ちとなって考えると表層だと下からの目線。深層だと上からの目線でしか餌(エサ)として認識されないはずだ。ターゲットからすると中層は下からも上からも認識しやすい(目に付きやすい)層であるといえる。

中層を分かりやすくトレースできるイガジグスピン。中層攻略にはもちろん、シャローウォーターやボイル撃ちにも使用していける。可能性を秘めたルアーとなっているようだ。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
シンキング  29 5
 31 7

主なターゲットは?

  • バス
  • etc

登場予定日

2018年06月~(予定)

小型のコロラドブレードが装着されてるよ!

イガジグスピンはコスト面に関しても優秀。イガジグスピンは二個入りで販売される。二個1200(円)ということで一つ600(円)程だろうか。ブレード系のジグで一つ600円というのは破格の値段だといっていいのではなかろうか。

 ココを覚えておくべし!
  • 中層を簡単にトレース可能(ストップ&ゴーなど)
  • 引き心地を徹底的に追及(ウェイト感とブレードのバランス)
  • コロラドブレード装着(リアフック)
  • 浮き上がって来る感触が手に伝わりやすい(感度に優れる)
  • シャローウォーターやボイル打ちに!(中層以外にも有効的)

まとめ

今回、紹介したのは、2018年06月に登場するジャクソンの製品だ。

  • イガジグスピン

発売予定日は2018年06月ということでまだまだ先の状態。予定通りに行けば初夏。気温も高くなりバス達の活動が賑やかとなる季節だ。是非、このベストシーズンに「イガジグスピン」を使用し、バス達の数釣りを楽しんでみてはいかがだろうか。