ハンダゴテで模様を描く!自作ルアーにイニシャルをデザインする方法!

ハンダゴテで模様を描く!自作ルアーにイニシャルをデザインする方法!

ハンドメイドのルアーを作成したとき作成者の痕跡を残したい場合に何を残したいと思いますか?名前だと少し恥ずかしいし、ニックネームだと自我性に欠けますよね。

そんなときにはイニシャルにするとルアー本体のデザインも損ねることなく、自然なデザインへと仕上がると思います。今回、紹介するのは、ハンダゴテを使用してイニシャルをデザインする方法です。少ない手順の割りには完成度は高いと思います。参考にしてくださいね。

そこで、レポ部では・・・
ハンダゴテで模様を描く!自作ルアーにイニシャルをデザインする方法!
をレポートしたいと思う。

ハンダゴテとは?

ハンダゴテとはハンダ付けを行うための道具です。通常はハンダ先に銀や胴、金などの材料と一緒に使用し、プリント基板などの金属同士の接合を行うために用いますが木材に使用することで簡単に焼き色の付いた文字やデザインを木材に施すことができます。

ハンドメイドのルアーを作成する方法は?

ハンダゴテを使用してイニシャルをデザインするにはハンドメイドのルアーを用意しなければなりません。オリジナルのルアーを作成することはハードルが高そうに見えますが加工のしやすいバルサ材を利用すれば簡単に完成度の高いルアーを作成することができます。

まだ、手元に自作したルアーが無い方は以下のリンク先の内容を参考にして木材を使用してハンドメイドのルアーを作成してください。

バルサ材でルアーを自作する方法【バルサ材】

ハンドメイドや工作での木材として使いやすいバルサ材。このバルサ材を使用することで初心者でも簡単に本格的なルアーを作ることができることはご存知で...

用意する物

ハンダゴテは100円均一ショップに置かれています。ただ、今回の作業では水性ペンで書いた下書きをハンダゴテでなぞる作業になります。できれば、操作性を考慮して短めのハンダゴテを使用した方が作業がしやすいと思います。

 揃えるもの
  • ハンダゴテ
  • ノート
  • 鉛筆(水性ペン)
  • 自作したルアー

イニシャルをスケッチする

ルアーに描きたいイニシャルの形をスケッチします。

通常のイニシャルの筆記方法は以下のような記述になります。

例:名前が「高木 沙良」の場合

  • S.T
  • S Takagi
  • T. Sara

名前をそのまま描いても面白いかもしれません。ただ、複雑すぎると、当然のことながら失敗してしまう可能性が高くなります。失敗してしまうと、そのハンドメイドのルアーのオリジナル性やデザイン性を損ねてしまう可能性もあるので出来るだけ簡単なイニシャル表記にすると作業がしやすいと思います。

スケッチしたイニシャルをボディに描く

鉛筆や水性ペンを使用してスケッチしたイニシャルをボディに描いていきます。

画像を見ていただけると分かるように鉛筆だと薄くしか描くことができません。力を入れれば濃く描くことができますが木材を傷付けてしまうことになるので鉛筆は利用しない方が良いのかもしれません。水性ペンを利用すると上手く描くことができました。ご参考にしてください。

ハンダゴテでイニシャルをなぞる

ハンダゴテを使用してボディに描いたイニシャルをなぞります。薄くなぞると飴細工のようなミルクチョコレート色に。濃くなぞるとビターチョコレートのような濃い色へと描くことができます。

ハンダゴテの金属部分は発熱しています。火傷の恐れがあるので注意をして取り扱ってください。

まとめ

いかがでしょうか。

ハンダゴテを木材に焼き付けることで渋みのあるイニシャルを描くことができました。素材が木材であるだけによりいっそう手作り感が出たような気がします。

技術のある方ならばイニシャルの代わりに鱗(うろこ)のデザインや模様などを焼き付けることでより木材の渋みを引き立たせる魅力あるデザインへと仕上がるかもしれません。是非、イニシャルをハンドメイドのルアーへと焼き付けてオリジナル性溢れる自作ルアーへと完成させてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク