ジャクソンの「テッパンブレード」を紹介!ステンレスワイヤーを除いたスピンテールジグ!

障害物との衝突。これは、ジグ系のハードルアーを使用する限り、必然的に起こりうる現象。テトラポット・岩・磯場などのゴツゴツとしたストラクチャーポイント。そして、ボトムに着底した際には必ずといっていいほどにルアーに衝撃が伝わる。

  • 鉄PAN Blade(テッパンブレード)

ジャクソンから登場する「鉄PAN Blade」はステンレスワイヤーを排除したスピンテールジグ。ステンレスワイヤーを排除し、全体を鉄板プレートが覆うことでルアーの強度を向上したモデルとなっている。障害物(ストラクチャー)に当たっても安心。ストラクチャーポイントでも臆することなく挑戦することができそうだ。

そこで、レポ部では・・・
ジャクソンの「テッパンブレード」を紹介!ステンレスワイヤーを除いたスピンテールジグ!
をレポートしたいと思う。

鉄PAN Blade

ジャクソンの既存の製品「鉄PAN Vib」をご存知だろうか。着底時の衝撃を軽減するボトムバンパーや複雑な水流を発生させるスリット。鉄板バイブとして独自性能を持ち合わせながら他のメーカーのバイブレーションよりもコスト面に優れた万能性の鉄板系バイブレーションだ。

この「鉄PAN Vib」の箇所の性能を受け継ぎ、スピンテールジグとして新しく登場するのが「鉄PAN Blade」だ。スピンテールジグとして登場した今製品の魅力はステンレスワイヤーを排除し、全体を鉄板プレートが覆うことでルアーの強度を向上している点。

公式サイトによると、

ヘッドへのダメージを大幅に軽減する、「鉄PANVib」譲りのボトムバンパーを搭載したことで、橋脚際や障害物の多い所など、キャストに勇気が必要な場面でもガンガン攻めるアングラーを想定して作られた。

鉄PAN Blade | Jackson

このように記載されている。ステンレスワイヤーの欠点。それは、強い衝撃を受けることで曲がってしまうこと。ショアゲームをする上で一度は経験したことがあるはずだ。そのストレスをステンレスワイヤーのレス化で成功。スピンテールジグ内では珍しいのではなかろうか。

ジャクソンの既存の製品「鉄PAN Vib」の機能の一つであるボトムバンパーも採用されている。ボトムバンパーは重心がボトムバンパー寄りとなることで頭部へのダメージを大幅に軽減する機能だ。ボトムバンパー機能とステンレスワイヤーのレス化による耐衝撃性。

このスピンテールジグならばストラクチャーが蔓延ったポイントでも臆することなくガンガンと使用することができそうだ。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
スピンテールジグ 56 20
56 28

主なターゲットは?

  • シーバス
  • 青物
  • ロックフィッシュ
  • etc

登場予定日

2018年02月中旬(予定)

水中のアクション動画(Movie by Jackson)

ステンレスワイヤーを排除!強度が向上してる?!

スピンテールジグといえばフラッシング効果。今製品は衝撃によるストレスを軽減するだけでなく、ブレードの脱着交換を用意に行うことが可能。万が一、ブレードが錆(サビ)によって腐食してしまった際には簡単に着脱を行うことができるので便利だ。錆(サビ)が発生してしまうとフラッシング力も損なわれるので交換して快適性を保ちたいところ。

 ココを覚えておくべし!
  • ステンレスワイヤーを除去(ステンレスワイヤーの弱点を除去)
    • 全体を鉄板プレートで覆った(ルアーの強度を向上!)
  • ボトムバンパーを搭載(頭部へのダメージを大幅に軽減)
  • ストラクチャーポイントで効果を発揮!
  • ブレードの脱着交換可能(フックを外すだけ)

まとめ

今回、紹介したのは、2018年02月中旬に登場するジャクソンの製品だ。

  • 鉄PAN Blade(テッパンブレード)

ストラクチャーポイントでも臆することなく挑戦できる今製品。スピンテールジグはターゲット性も広いので様々な釣法で利用できそうだ。登場予定日は2018年02月中旬とのこと。スピンテールジグ「鉄PAN Blade」の登場が楽しみである。