ダイワの「スキニースイマー」を紹介!スイミング性能を重視したシャッドテールワーム!

ダイワの「スキニースイマー」を紹介!スイミング性能を重視したシャッドテールワーム!

スキニーキックをご存知だろうか。シャッドテール型のワームでスキニーシリーズ第三弾として登場していたダイワの製品だ。そのスキニーキックの改良モデルとして2018年04月に登場するのが「スキニースイマー」という新しいシャッドテールワームだ。

  • スキニースイマー

スキニーキックのスイミング力をまた新しく追求。名前の通り、高いスイミング性能(スイマー)を発揮し、誰でも簡単に釣れることをコンセプトとして挙げられている。ノンソルトマテリアルということで素材がスキニーキックよりも柔らかくなっている。その柔軟な動きを駆使すれば数々の個体を誘うことができそうだ。

そこで、レポ部では・・・
ダイワの「スキニースイマー」を紹介!スイミング性能を重視したシャッドテールワーム!
をレポートしたいと思う。

スキニースイマー

大手釣りメーカー「ダイワ」から2018年04月に登場するのがスキニーシリーズのスキニースイマー。スキニースイマーはスキニーキックの新化したバージョン。つまり、スキニーキックの意思を受け継ぎ、スイミング性能を追求して新しく開発されたシャッドテールワームだ。

実績の高いシャッドテールワーム「スキニーキック」の改良モデルとなる今製品。ノンソルトマテリアルの採用によって素材が柔らかくなることで柔軟なスイミング性能を手にしている。

一点シェイクでのオーソドックスな誘いをそのままに初心者に嬉しいズル引きアクションも効果的。足元のダウンショットや立ち木(杭打ち)周りをフォールで誘うときにはワーム本来の動きが加わることで潜りながらアクションをしてくれる。ポイント毎にじっくりと誘いたいときには欠かせないワームとなるはずだ。

公式サイトによると、

0.9g前後の軽量シンカーを用いた各ライトリグで、水中でのフォール時はもちろんボトムのズル引きでもテールが確実に機能。

スキニースイマー | Daiwa

このように記載されている。スキニーシリーズのコンセプトとして挙げられたのは「誰でも簡単に釣れる」ということ。スキニーカーリー・スキニーシャイナー・スキニークローラー、そして、スキニースイマー。全てのスキニーシリーズが生まれ変わって登場することになった。

それぞれのタイプがまた違った動きを行ってくれる。スキニーシリーズを使いこなすことができれば、より多くのバス達へと出会うことができるはずだ。登場予定日は2018年04月とのこと。スキニーシリーズを使用していた方は心待ちにしておこう。

スペック / 特長

タイプ サイズ(inch) 本数
シャッドテールワーム 2.5 15
3 12

主なターゲットは?

  • バス
  • etc

登場予定日

2018年04月~(登場予定日)

スキニースイマーの解説動画

素材が柔らかい!しっかりと泳いでくれる!

カラーバリエーションは全10種類。スキニースイマーの魅力はノンソルトマテリアルによる柔軟さ。ボディリブの凹凸が多いので水をしっかりと掴み、ノンソルトマテリアルのボディの柔らかさにより、より柔軟な動きと高いバランス性能を発揮できる。

 ココを覚えておくべし!
  • スキニーキックの名前を変更(スキニースイマー)
  • 優れたスイミング性能(高いバランス)
  • ノンソルトマテリアル(柔軟な動きが可能)
  • 微波動アクション(食いの渋いバス達に有効的)
  • ズル引きアクション(テールが機能)

まとめ

今回、紹介したのは、2018年04月に登場するダイワの製品だ。

  • スキニースイマー

名前の通り、スイミング性能を追求して設計された今製品。できれば、スキニースイマーだけでなく、同時期に登場予定のスキニーシリーズ(スキニーカーリー・スキニーシャイナー・スキニークローラー)によるワームタイプの使い分けで挑みたいところ。是非、生まれ変わって強化されたスキニーシリーズを使用して様々な個体を釣り上げてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク