水性エナメルで塗装!アルミテープを使ったオリジナルルアーの装飾方法!

ハンドメイドのルアーを塗装する場合には覚悟が必要です。エアブラシやスプレー缶を使った塗装では高価な道具を揃えなければなりません。そして、エアブラシを使う場合にはコンプレッサーの音の遮断や換気にも気を使う必要があり、塗装する環境も整備する必要があります。

今回、紹介するのは、エアブラシやスプレー缶を使用せずに、水性エナメルという塗料を下地にして塗装する方法です。水性塗料は希釈を水で行うことができ、塗料の主成分が水でできています。初心者に扱いやすく施工性にも富んだ塗料といっていいでしょう。

作業工程としては至って簡単。デザインを書いたアルミテープをカット。そして、水性エナメルに何度か浸けて乾かしたルアーへと貼り付けるだけと簡単にオリジナルデザインのルアーを作成することができてしまいます。塗装に困っている方は参考にしてください。

そこで、レポ部では・・・
水性エナメルで塗装!アルミテープを使ったオリジナルルアーの装飾方法!
をレポートしたいと思う。

水性エナメルとは?

水性エナメルを使用すれば光沢のある工作物へと仕上げることができます。プラスチックの模型やポスターなどの装飾、金属製品や木工製品と幅広い用途を持っています。水性エナメルは水を溶剤としています。固くなってきたときには水を足すだけで液体を滑らかにすることができるので初心者にでも取り扱いやすいペイント剤となります。

用意する物

水性エナメルはホームセンターに置いてあります。蓋(フタ)の入り口の大きさが大口でルアーのドブ漬けに適しているので別途に空容器に移す必要はありません。ただ、ルアーが大きくて入らない場合には何か工夫をしてルアー全体に塗装する必要があります。小さな筆(フデ)があれば大きいルアーでも全体に塗装することができるので便利です。

 揃えるもの
  • ハンドメイドのルアー(自作ルアー)
  • 水性エナメル(黒色)
  • アルミテープ
  • ハサミ(カッターでも可能)
  • 筆(小さい物)
  • 爪楊枝(つまようじ)
  • 物差し(ものさし)

ハンドメイドのルアーを作ってみませんか?

今回の作業ではハンドメイドで作成した木製のルアーに塗装を施していきます。これからの工程を行うには「手作りのルアー」を用意しなければなりません。オリジナルのルアーを作成することはハードルが高そうに見えますが加工のしやすいバルサ材を利用すれば簡単に自作のルアーを作成することができます。

まだ、手元に自作したルアーが無い方は以下のリンク先の内容を参考にしてオリジナルのルアーを作成してみてはいかがでしょうか。

手作りのルアーを作成する方法【バルサ材】

ハンドメイドや工作での木材として使いやすいバルサ材。このバルサ材を使用することで初心者でも簡単に本格的なルアーを作ることができることはご存知で...

乾かす環境を作る

水性といえども換気は必須。部屋全体の換気を良くします。部屋の中で作業をする際には窓を全開にして空気の流れを良くして下さい。そして、ルアーを乾かす環境を作ります。ルアーを吊るす環境。塗装が落ちても困らない環境を作ってください。

水性エナメルにルアーを浸ける

水性エナメルの蓋(フタ)を開けてハンドメイドのルアーをドブ漬けしてください。

完全に浸からない場合は筆(フデ)を利用して全体に塗ります。万遍に隙間無く塗ってください。

完全に乾かす

完全に乾かしてください。

換気してください。塗料の注意書きを確認してください。

表面にできたブツブツを爪楊枝で潰す

表面がザラザラ。所々に小粒の気泡ができていると思います。この気泡を爪楊枝(つまようじ)で潰します。表面を平らにしてください。

サンドペーパーは止めておいた方がいいでしょう。水性エナメルが硬化した状態で磨くとその周辺が剥がれてしまいました。

ツルツルになるまで繰り返して浸ける

表面のザラザラを無くすために繰り返して塗料に浸けてください。

表面がツルツルになるまで根気良く浸けていきます。

[次のページ:デザインとアルミシールの貼り付け方法]

スポンサードリンク