バルサ材でルアーを自作!初心者でも簡単に木製のルアーを作成する方法!

錘(おもり)の場所をカッターや彫刻刀で丁寧に彫ります。

このページで必要となる道具は以下の通りです。

  • カッター
  • 彫刻刀
  • 瞬間接着剤
  • 輪ゴム
  • 木工用パテ
  • サンドペーパー(#50・#150・#200・#350・#1000)

カッターのみで出来ないことはないですが彫刻刀があると便利です。瞬間接着剤は液状の物を選択すると良いと思います。そして、完成度を追求したい方は木工用パテの色をバルサ剤に近い色を選択してください。(補修部分を目立たなくするため)

そこで、レポ部では・・・
バルサ材でルアーを自作!初心者でも簡単に木製のルアーを作成する方法!【錘(おもり)を入れ込む作業】
をレポートしたいと思う。

鉛筆で囲った場所を彫る

彫刻刀やカッターで丁寧に掘り進めてください。

バルサ材の薄さによっては貫通してしまう場合もあるので慎重に進めます。

瞬間接着剤で固める

錘(おもり)を彫った穴に入れて形成したバルサ材で挟み込みます。ステンレス線の隙間が空くと思うのでそこに瞬間接着剤を垂らしこみます。

ステンレス線を入れることで隙間が出来てしまいます。そこに接着剤を入れて双方の形成したバルサ材を貼り合わせます。

本体を輪ゴムで固める

輪ゴムを使って本体を締め付けます。

本体を固めます。(約10分間)

ステンレス線の隙間をパテで埋める

ステンレス線と本体の間に隙間が空くと思うので木工用パテを使用して穴埋めを行います。爪楊枝を使用して隙間が無くなるまでパテを埋め込んでください。

隙間を埋めて表面を平らにします。

薄いペーパーでヤスリ掛け

全てのサンドペーパーを駆使してパテの部分を平らにしてください。

隙間が浮き彫りになったらパテを使って再度埋め込みを行ってください。この作業を繰り返して完璧に隙間が無くなるまで調整をします。

次の作業を行う前に・・・

次のページではコーティング作業について解説しています。コーティング作業を行うことで木材自体の上に薄い膜ができ、ハンドメイドのルアーの強度が増すことになります。最終の完成工程となりますが、その前にルアー自体にイニシャルを描いてみませんか?

イニシャルの表記をルアーに描くだけでオリジナル性がアップすることができます。ハンドメイドのルアーに作成者の痕跡を残したい方は以下のリンクの内容に従って作成してください。

このままでいい。と思われた方は次のページの「コーティング作業」へと移行してください。

イニシャルをデザインする方法【ハンダゴテ】

ハンドメイドのルアーを作成したとき作成者の痕跡を残したい場合に何を残したいと思いますか?名前だと少し恥ずかしいし、ニックネームだと自我性に欠け...

[次のページ:コーティング作業]

スポンサードリンク