バルサ材でルアーを自作!初心者でも簡単に木製のルアーを作成する方法!

ステンレス針金を使用して中軸を作成していきます。

このページで必要となる道具は以下の通りです。

  • ステンレス線(0.9 ~ 1.0mm)
  • ラジオペンチ × 2
  • ペンチ(カッターが付いている物)
  • おもり(割りビシ・ガン玉・中通しおもり・etc)

ステンレス線を太くすると強度が増します。ただし、太くするにつれて加工がし辛くなるので0.9~1.0(mm)程のサイズが良いと思います。ラジオペンチは二つ用意してください。それぞれのラジオペンチで丸型のアイを作成します。初心者に勧める錘(おもり)はガン玉。中通しおもりや割りビシほどの大きいサイズとなると加工がし辛くなります。

そこで、レポ部では・・・
バルサ材でルアーを自作!初心者でも簡単に木製のルアーを作成する方法!【ステンレス針金での軸の作成】
をレポートしたいと思う。

フロントアイを作成する

ラインアイを作成していきます。今回はフロントとリアアイの二つを作成します。

二つのラジオペンチを使って画像のようなラインアイを作成します。難しいと思われる方は「U字」のラインアイでも問題ありません。

余り線を切る

余った線をカットします。

リアアイを作成するときに邪魔となるので余った線をペンチのカッター部分を使用して切断してください。カットした破片を踏むと怪我に繋がるのでゴミ箱に必ず捨ててください。

オモリを挟み込む

中通しオモリを使用する方はステンレス線を適当な長さに切断して入れ込みます。割ビシやガン玉を用いる方はステンレス線に挟み込んでください。

錘(おもり)を木に埋め込みたい方は工程を飛ばしてください。

リアアイを作成する

リアアイをフロントアイと同じように作成します。各アイの位置を想像しながら進めてください。最後に余ったステンレス線を切断します。

フロントアイを作ったときと同じようにラジオペンチを駆使してリアアイを作成します。

オモリを入れ込む場所を描く

各アイの場所をイメージして錘(おもり)を設置する場所を特定します。両方のバルサ材へと鉛筆で錘(おもり)の形を描いてください。

錘(おもり)のサイズの穴を作成するために穴を掘る場所を決定します。鉛筆を使用してください。(油性ペンだと染み込みます。)

[次のページ:錘(おもり)を入れ込む作業]

スポンサードリンク