リアルスティールのパワーチューンモデル「ショアスパルタン ブルスティール」が登場!

鉄板系ハードルアーとしてお馴染みのリアルスティール。そのリアルスティールをパワーチューン化した新しいハードルアーが釣りメーカー「ダイワ」から登場する。

  • ショアスパルタン ブルスティール

2018年04月に登場するのは青物ロックショアゲームに対応した太軸フックが搭載されたパワーモデル。青物やハタ系、シーバス系などの大物の引きに対抗できるようにカスタマイズされた極厚鉄板バイブレーションだ。

そこで、レポ部では・・・
リアルスティールのパワーチューンモデル「ショアスパルタン ブルスティール」が登場!
をレポートしたいと思う。

ショアスパルタン ブルスティール

ダイワから登場した「ショアスパルタン ブルスティール」はリアルスティールを青物ロックショアゲーム用にパワーチューン化したモデル。薄型の鉄板ジグが多く登場する中、ブルスティールには1.4(mm)の極厚の鉄板が用いられたバイブレーションとなっている。

鉄板系バイブレーション「ショアスパルタン ブルスティール」のリアフックはテール部位に装着されている。極厚の鉄板が採用されるということで青物の強い引きや不意の大物に対応できるようにパワーチューン化されている。

公式サイトによると、

ラインアイ部ボディ形状の工夫により大型フック使用時のネックであったリヤフックのテーリングを軽減。青物はもちろん、ヒラスズキ、根魚、サーフからのオオニベ狙いにも最適。

ショアスパルタン ブルスティール | Daiwa

このように記載されている。さて、2018年04月に登場が予定されている今製品。気になるのはそのアクション性。リアルスティールといえば二つのアクションアイ。アイの前側に設置するとワイドなウェブンロールアクション。後方に設置すると少し前よりな姿で強いウェブンロールアクションが印象に残っている。太い鉄板が採用されているのでアクションへの影響が気になるところ。

フォール姿勢も本体が回転することがなく、頭から「スッ!」と沈下してくれるのでライントラブルも少ないバイブレーションとして知られていた。ブルスティールには大型フックが採用されているのにも関わらず、ボディ形状の工夫でライントラブルのレス化に成功している。

飛距離だけでなく、アングラーの快適な釣行をサポートする性能が盛り込まれていたリアルスティール。今回、登場した「ショアスパルタン ブルスティール」もアングラーの使用性に訴えかけたような製品となっているようだ。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
鉄板系バイブレーション 83 30

登場予定日

2018年04月~(登場予定)

主なターゲットは?

  • 青物
  • シーバス
  • ロックフィッシュ
  • etc

チェックしておきたいポイント!

リアルスティールといえばシーバスのイメージが強い。今回、登場した「ショアスパルタン ブルスティール」は、青物やロックフィッシュ、シーバスと幅広いターゲット性を元に設計されている。太軸、且つ、大型フック。そして、1.4(mm)厚の極厚の鉄板でターゲットを掛けることができればまずショアゲームでのやり取りによる破損は免れるはずだ。

 ココを覚えておくべし!
  • パワーチューン化(リアルスティール)
  • 青物ロックショアゲームに対応(青物・ヒラスズキ・根魚・オオニベ)
  • リヤフックのテーリングの軽減(ボディ形状の工夫)
  • 極厚鉄板バイブレーション(1.4mm)

まとめ

今回、紹介したのは、2018年04月に登場したダイワの製品だ。

  • ショアスパルタン ブルスティール

リアルスティールは使用している方も多いのではないだろうか。遠投性能だけでなく、使用者のライントラブルまでも観点に置かれた鉄板系バイブレーションであるだけに初心者の方が使っている姿をよく見られる。是非、パワーチューン化したリアルスティール「ショアスパルタン ブルスティール」を使用して外洋に潜む大物釣りに挑戦してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク