人気モデルをタングステン化!より遠くへと飛ばせる「モアザン リアルスピン TG」が登場!

人気モデルをタングステン化!より遠くへと飛ばせる「モアザン リアルスピン TG」が登場!

ダイワのスピンテールジグといえば「リアルスピン」。フックとブレードを分離できるスピンテールジグで、取り外し可能となることでメンテナンスやカスタマイズをアングラー自身で行える便利なスピンテールジグとして登場している。

  • モアザン リアルスピン TG

このリアルスピンがタングステンボディとなって再登場。現存のリアルスピンの性能をそのままにボディだけをタングステンボディにすることで、より遠く遠投することが可能。無論、タングステンは比重が高いのでより深場を誘うことにも適している。そんなタングステン形状のリアルスピン。2018年03月に登場する注目のアイテムとなりそうだ。

そこで、レポ部では・・・
人気モデルをタングステン化!より遠くへと飛ばせる「モアザン リアルスピン TG」が登場!
をレポートしたいと思う。

モアザン リアルスピン TG

ダイワのスピンテールジグといえばモアザンシリーズとして登場するリアルスピン。このリアルスピンの魅力といえばメンテナンス性。より長く使用できるように、折れたり、錆びたりしたときには取り替えることができるというもの。(チェンジャブルシンクロブレードシステム)

フックとブレードを分離することができるので容易にアングラーでもジグ単体のメンテナンスを行うことができる訳だ。この分離機能はテールフックのサイズを変更したいときにも活用できる。無論、リアルスピンの分解は簡単に行える。

リアフックとブレードを繋ぐ部分は簡単に解説すると簡易シリコンチューブにて覆うことで固定されている。すなわち、このシリコンチューブを取り外すだけで簡単に分離することができるのだ。取り付けの際には分解と逆の手順を踏んで取り付けることになる。

このように分離型の形式が使われたリアルスピン。スピンテールジグなのでただ巻きを基本としたアクションで誘うことが可能。今回、登場した「リアルスピン TG」は、従来のリアルスピンのボディをタングステン化。そして、本体サイズもコンパクトに設計されている。

ノーマルタイプとなる「リアルスピン」のスペックを見てみよう。

製品名 サイズ(mm) 重さ(g)
リアルスピン 44 21
51 30

次に、新しく登場した「リアルスピン TG」のスペックを見てみよう。

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
スピンテールジグ 49 40

タングステンは鉛よりも比重が高い物質であることはご存知のはずだ。コンパクトに設計しても比重が高いので49(mm)サイズで40(g)という重さを叩きだす事に成功している。従来のリアルスピンの51(mm)でも30(g)しか重さを持ち合わせていない。

これらの要素を総合すると、新しく登場した「リアルスピン TG」は、ターゲットの口に収まりやすいサイズを持っていながら、より遠くへと飛ばすことができ、ディープエリアでも難なく攻略することが可能な仕様となっている。無論、チェンジャブルシンクロブレードシステム(分解システム)はそのまま取り入れられているのでメンテナンスも容易に行うことができる。

スペック / 詳細

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
スピンテールジグ 49 40

登場予定日

2018年03月~(登場予定)

主なターゲットとは?

  • シーバス
  • etc

タングステンボディの使いやすさを体験!

シーバスアングラーならば一度は使用したことがあるのではなかろうか。有名なメーカーとだけあって信頼性に厚いスピンテールジグであることは確かだ。一つのジグを大切に。ジグ系は消耗品としての認識が強まる今だからこそ、パーツ毎を交換できる整備力の優れたスピンテールジグを採用し、ジグ本体を無くさないように心掛けたいところ。

 ココを覚えておくべし!
  • リアルスピンをタングステン化(リアルスピン TG)
  • フックとブレードを分離可能(メンテナンス性)
  • リアルスピン[TG]を使用すると?
    • 遠くへと飛ばすことができる!
    • 深場を探索可能!
    • 素早く沈下する!
  • ボートゲーム・急深・DEEPゾーンの対応(シーバスゲームに最適)

まとめ

今回、紹介したのは、2018年03月に登場するダイワの製品だ。

  • モアザン リアルスピン TG

各パーツを簡単に分離することができるリアルスピン。全体のボディがタングステン化することで三つの要素(遠くへ・深場に・素早く)を手に入れることに成功。タングステンボディは比重が高いので潮の流れにも影響されにくいという特長も持っているはずだ。深場の探索要員としてタングステンボディと化したリアルスピンの採用を検討してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク