カバー周辺の探索に!ソフトベイト「サンカクティーサン」を使って一点シェイクで攻略!

カバー周辺の探索に!ソフトベイト「サンカクティーサン」を使って一点シェイクで攻略!

ソルト・フレッシュ各製品を産出するノリーズから登場したサンカクティーサン。カバーに引っ掛けてチョコチョコっとシェイクするだけでデカバスを誘えるという少し特殊なソフトベイトが登場した。(ズル引きにも対応)

  • サンカクティーサン

大きく分けて三つに分かれた枝のような本体が別々の向きへと振動することで広範囲のバスを集魚。カバーの下を的確に探索したいときやプレッシャーが掛かったフィールド、スレた状況に陥ったときのお助けアイテムとして活用できるのがノリーズのサンカクティーサンだ。

そこで、レポ部では・・・
カバー周辺の探索に!ソフトベイト「サンカクティーサン」を使って一点シェイクで攻略!
をレポートしたいと思う。

サンカクティーサン

ノリーズから登場したサンカクティーサンは、流木や枝、生木などのカバーへと引っ掛けてシェイクすることで誘う一風変わったソフトベイト。基本的な使い方はカバーにワザと引っ掛けてサンカクティーサンを垂らし込み、ワンポイントシェイクするだけ。

トーナメントやメディアでお馴染みの “伊藤巧氏” がプロデュースを行った今製品。枝分かれするボディの三つの部位が異なった動きを実現。主にカバーに引っ掛けることでバスを集魚する訳だがフックを設定する部位が始点となって全体が垂れ込むような形で水中に収まる。

フックを設定する突起部位以外の構造を見ると直線的な構造。そして、枝のように分岐する(尖った部分)とは反対側の先頭にはネイルシンカーを挿入。そうすることでネイルシンカーを設置した部位が沈下することになるので水中では垂れ下がったように見える訳だ。

サンカクティーサンの面白い仕組み。それは、突起部位にはフックを設定されているのでカバーに引っ掛ければ完全に沈下することがない。ネイルシンカーを搭載することでラインが引っ張る力とネイルシンカーが沈下する力が相反して弾みのあるアクションを行えるということ。

そして、忘れてはいけない。全方向を集魚することができるサンカクティーサンの要素として練り込まれているもう一つの枝。丁度、ネイルシンカーを搭載した枝とフックを設置した枝との真ん中に当たる枝の部分。すなわち、突起が二つ存在する枝の部分だ。

この最後の枝にはネイルシンカーが搭載されていないので浮力を持っている。シェイクを行えば予想しない独自の動きで全方向に振動してくれる。サンカクティーサンはカバーの下だけでなく、広くバスを集魚してくれるのでカバーを始点に誘うにはぴったりの製品となっている。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 本数
ソフトベイト 130 7

登場予定日

2018年12月上旬(登場予定)

主なターゲットは?

  • バス
  • etc

チェックしておきたいポイント!

一般的に冬季のバス釣りは厳しい季節。サンカクティーサンを用いれば寒さしのぎにカバー下に隠れているバスを引き込むことができるかもしれない。何より、カバーに引っ掛けて一点シェイクを行うだけと簡単にカバー周辺を探索することが可能。オープンエリアでの釣りに飽きてきた方はこのような釣り方も一考してみてはいかがだろうか。

 ココを覚えておくべし!
  • カバー周辺にいるバスに最適(サンカクティーサン)
  • 簡単な操作性(カバーに引っ掛け、一点シェイク!)
  • カバー向けの設定
    • オフセットフック(#1/0)
    • ネイルシンカー(3.5g)
  • 各パーツが別々の方向に動く(高い集魚効果)
  • ズル引きでも使用可能(通常のリグとも相性が良い)
  • ストレートリトリーブ(ボディ全体を震わせてバスにアピール)

まとめ

今回、紹介したのは、2017年12月上旬に登場したノリーズの製品だ。

  • サンカクティーサン

少し歪(イビツ)なフォルムを持つ今製品。一風変わった全体のフォルムデザインだがそれぞれの枝(部分)に意味を込められて設計されている。一点シェイクを行うだけで広範囲に散らばるバスを集魚するサンカクティーサン。是非、オープンエリアで釣果が得られない際にはカバー下へとポイントを絞って釣行を行ってみてはいかがだろうか。