ナマズをルアーで狙え!ナマズゲームの初心者向けのタックルと基本の釣り方を徹底解説!

ナマズをルアーで狙え!ナマズゲームの初心者向けのタックルと基本の釣り方を徹底解説!

淡水といえばバスゲーム。バスゲームといえばナマズ。というふうにバス釣りに飽きてきた方にオススメしたいのが淡水の髭男爵を釣り上げるナマズ釣り。ナマズ釣りは一般的に認知度が低い釣法。ただし、一度ナマズを釣り上げることで、その力強いパワーに魅了されるアングラーも多く、ナマズ釣りにハマりにハマるアングラーも多い。

少しマイナーな釣法ともいえるナマズ釣り。ただ、安心して欲しい。ナマズ釣りに合った専用のルアーも数多く登場している。今回は、一度釣り上げると止めることのできない魅力的な釣法「ナマズ釣り」の仕掛けと釣り方について紹介していこう。

そこで、レポ部では・・・
ナマズをルアーで狙え!ナマズゲームの初心者向けのタックルと基本の釣り方を徹底解説!
をレポートしたいと思う。

ナマズゲームとは?

ナマズゲームとはルアーを駆使してナマズを釣り上げる釣法。使用するルアーは表層でナマズを誘うならばトップウォーター系。ただし、バスゲームに用いられるルアーでも十分に対応することができる。ナマズは目が極端に悪い魚。周囲の音や振動で餌の位置を特定する魚なのでキャタピラーが付いているナマズ専用のルアー。すなわち、コポコポと水面をかき混ぜながら誘うアピール力満載のハードルアーを推奨する。

初心者向けのナマズゲームの仕掛けを解説!

スピニングタックルは残念ながらナマズゲームには不向き。できれば、竿自体に張りがあり、ナマズの強引な返しにも対応できるパワーを持ち合わせたベイトタックルを使用したいところ。ナマズゲーム初心者のメインラインとして推奨したいのはナイロンラインだ。

表層を泳がせる水面の釣りでは水に沈む性質を持ったフロロカーボンラインではルアーとの相性が悪い。PEラインは水に浮く性質だが柔らかい性質のためにルアーに絡んだりとライントラブルが何かと多く、初心者が釣りを行う上で少し神経質に取り扱わなければならない。フロロカーボンやナイロンと比べ、コストが高いというのも初心者向けではない理由の一つだ。

ナマズが釣れるシーズン

極寒の季節「冬」には多くのナマズが冬眠する。ナマズの活動水温は10~30度の範囲。できるだけ、温かい水温のポイントを探して釣りを行うこと。ベストシーズンは04月から08月の期間。オフシーズンは水温が低下し始める11月から冬の終わりの02月中旬までだ。

ナマズは夜行性。昼間は草陰や岩下に隠れて生活している。夕方になると活発に泳ぎだすので夕方からの釣行を推奨する。ただし、雨が降ったときや天気が薄暗いときには日中でもナマズは行動をする。パターンに縛られずに釣行をして自分なりの答えを出すというのもナマズゲームの楽しみの一つだ。

ナマズが釣れるポイント

ナマズが釣れるポイントは、河川、湖沼、用水路、小川など。一級ポイントとしては流れが入り混じる場所。川と用水路の合流地点や川から分岐する小川の合流地点。水温が上昇する用水路と川との合流地点はナマズが存在する可能性大。天候が悪いときや雨上がりの増水時にはナマズの活性が上昇する。ポイントだけでなく天候や気温の状態を見極めてナマズが存在するポイントを的確に探り当てていこう。

ロッドの選び方

ナマズゲームではスピニングタックルよりもベイトタックルの方が使いやすい。ベイトタックルは太いラインの扱いに適しており、キャストによる取り返しや狙ったポイントへと的確に遠投するコントロール性能が良いからだ。無論、練習を積まなければ的確に狙うことが不可能。初めての方はベイトタックルのキャストに慣れることから始めて欲しい。

著者がナマズゲーム初心者に薦める竿の選び方はミディアムクラス以上の竿の硬さ。ベイトタックルの操作性を考慮して7.0(Ft)前後の長さ。そして、20(g)までのルアーをキャストできるベイトロッドであること。ナマズ専用のルアーの多くは10~15(g)程で登場している。ナマズゲームを色んなルアーを用いて楽しむのならば20(g)のルアーをキャストできるベイトロッドを選択することを強く推奨する。

ナマズゲームでは太いラインを使用する。ナマズは成長しやすい魚で大きい個体になると70(cm)位になることも。50(cm)で平均的といわれるナマズ。その大きさと張り合える太さのラインやパワーが必要となる。ベイトリールはハンドルの回転を直接スプールに伝えることが可能。強い巻き取り力を持っているのでナマズのパワフルな引きに対抗することができる。

初心者に推奨する竿【SELVA】

中級者に推奨する竿【NOISY CAT】

 リールの選び方

リールにはスピニングリールではなくベイトリールを選択する。前項目でも解説した通り、スピニングリールとは違ってベイトリールはハンドルの回転を直接スプールに伝えることができる。すなわち、ダイレクトにスプールへと伝えることで巻き取りのパワーが向上している。

太いラインに適応するというのもメリットの一つ。ナマズとの強引なやり取りを行うならば太いラインは必要だ。何よりもベイトリールはスピニングリールとは違ってベールが存在していない。スピニングリールではキャストする手順にベールを立てるというステップが存在する。

ベイトリールはベールの代わりにクラッチレバーを押すことでキャストをすることが可能。この作業は片手で操作を行うことができるので取り返しよくステップを踏むことができるのだ。小刻みにポイントへとキャストする際に便利なベイトリール。遠くまで遠投することのないナマズゲームではスピニングリールよりもベイトリールの方が取り返しよく扱うことができる。

大きい個体が多く存在するナマズ。無論、サイズが大きければ重さが増すと同時に抵抗する力も極めて大きくなる。ベイトリールはナマズの強引な引きに対抗できる唯一の武器。ベイトタックルを組み上げる上では必ず必要となるので用意しておこう。

著者が初心者に薦めるリールの選び方はベイトリールを使用する上でのライントラブルを極力防いでくれる機能を持っていること。そして、ナイロンラインの3号と4号を100(m)ほど巻くことができるリールであること。初心者がベイトリールを初めて使用するとバッククラッシュに悩まされる。バッククラッシュをリールの機能で防いでくれるブレーキシステムが搭載されたリールを強く推奨する。

初心者に推奨するリール【BASS ONE XT】

中級者に推奨するリール【SCORPION

ナマズ釣りのメインラインは?

ナマズゲームに使用される多くのラインはナイロンラインかPEライン。ナイロンラインは初心者に人気の高いライン。コストパフォーマンスに優れるだけでなく複雑なラインシステムを組むことなく太いライン一本をルアーと直結して使用することができる。

複数の糸が編み込まれているPEラインはラインそのものの強度が高くパワーがあるナマズに対抗すべき強度を持っている。ただし、PEラインは引っ張る力が強いのに対してストラクチャーの擦れやちょっとした傷を負ってしまうと直ぐに切断される。別途、リーダーというラインをPEラインの先に直結することでPEラインの弱さをカバーすることになる。(無論、リーダーを装着するかの有無は使用者の判断による)

ナマズゲームでは色々な組み合わせが存在すると言っていい。ナマズを抜き上げるために強度を優先してPEラインのWラインで望んだり、PEラインの先に太いナイロンラインを直結してPEラインの浮力を手に入れつつ、ナイロンラインの伸びと強度を手に入れたりと何を優先するかでラインシステムは変化してくる。

ラインシステムの組み上げにお悩みの方はまずはナイロンラインから始めてナマズゲームを経験して得た悩みをラインシステムに反映させて徐々に変化していけば自然とラインシステムを組み上げることができるはずだ。

初心者に薦めるメインラインはナイロンライン。基本は3号から使用してナマズとのやり取りに不安が残るようならば4号.5号と変化させていくことを推奨する。実際にナイロンライン(3号)の直結で50(cm)程のナマズを難なく釣り上げることができるはずだ。ナイロンラインは他のラインよりも安価で手に入る。初心者に優しいラインであることは確かだ。

初心者に推奨するライン【JUSTRON DPLS】

ナマズゲーム専用のルアーを紹介!

ナマズは視力が悪く捕食が下手な魚。水面、水中に伝わる音と波動、発達した口髭を利用して餌を探し、小動物を捕食する。そのためにナマズゲーム専用に作られたルアーの多くにはラトルが内蔵されていたり、水をかき乱してルアーの存在を示すプロップやブレードが搭載されている。アピール力を欠かしてはナマズ釣りは難しい。と言われるようにまずはナマズゲームの醍醐味であるトップウォーター系のナマズ用ルアーを紹介していこう。

トップウォーターゲームとは水面付近でターゲットを釣り上げるゲーム性を表した言葉。浮力があるルアーを使用することで水面付近でターゲットを誘うことに特化した釣り方だ。水深の障害物に接触することが無いので根掛かりを恐れずに攻めることができるというのも魅力の一つだ。

キャタピー Jr.

ナマズゲームといえばスミスのキャタピーシリーズ。そのシリーズ内でも初心者向けに薦めたいのは通常のキャタピーのダウンサイジングモデルとなる「キャタピー Jr.」だ。

芋虫のようなフォルムを持つ今製品。ナマズゲームとしての定番として謳われるキャタピーよりもサイズが小さく設計されている。この小柄なボディが吸い込み系のバイトとして知られるナマズの口に収まってくれる。

バイトがあるが中々吸い込まれないという状況や少し小柄のナマズでも食いついてくれるので「とにかくバイトを捉えたい!」という際に便利なルアーとなっている。

初心者にも扱いやすいルアーでリトリーブ(ただ巻き)するだけでボディ前部に設置されたカップが規則正しいサウンドを鳴らしてナマズを誘ってくれる。ナマズの活性が低いときに使用すると釣果を得ることができるはずだ。

名前 サイズ(mm) 重さ(g)
キャタピー Jr. 54 10.5

Brand is SMITH

ジトラー

言わずと知れたスミスのジトラー。ジトラーは三つのサウンドを持つアピール力の高いナマズ専用ルアー。一つはボディに内蔵されたラトルサウンド。金属ラトルボールによる干渉で広範囲に音を伝える。二つ目はジョイント構造の干渉音。本体は前部と後部に分かれており、その前後部が接触することでノックサウンドを発生させる。

三つ目は本体左右に設置されたウィングが奏でる水中音。コポコポと音を発生させてナマズを集魚する。三つのアピール力を持ち合わせたジトラーは「ここぞ!」というときに使用したいナマズ用ルアー。

ナマズの活性が高いときや捕食タイミングである夕マズメの時間帯に高い効果を発揮。夜間に釣行する際にはボディ頭部にケミホタル(Φ2.9)を差し込むことで視認性が良くなる。すなわち、キャストの際の位置特定やアングラーの手元へとジトラーを回収するときには存在を確認することができるので巻き過ぎる心配がなくなる。

初心者に嬉しい要素が詰まった今製品。ナマズを釣り上げるのに必要な要素だけでなく、使用者の利便性が考えられたナマズ専用ルアーだ。

名前 サイズ(mm) 重さ(g)
ジトラー 82 18

Brand is SMITH

ヒゲダンサー

ノイジープラグなのにジョイント構造を持ち、コンパクトに収まったナマズ専用ルアー。前後に分かれるジョイント構造の干渉音、そして、このジョイント部がしっかりと水を噛むことでスローリトリーブからファストリトリーブまでのアクションに対応している。

著者が初めてナマズを釣り上げたのはこのノイジープラグ。動作が非常に滑らか、且つ、スムーズでリトリーブ速度(巻き速度)を調整するだけでナマズの跳ね上がる姿が見えてしまう程。

多少の流れが強いポイントでも安定したバランスで遊泳するので扱っている上でストレスに感じることが少ない。ボディ頭部にはケミホタルが設置できるようになっている。ケミホタルを光らせば夜間のナマズゲームをより快適に行うことができるはずだ。

そして、このヒゲダンサーはフッキング面で力を入れられて設計されている。ナマズゲームにおけるフッキングの悪さを解消した製品。紹介した全ての要素がナマズゲームに初めて挑戦する方に必要な要素。プラグの選択に迷ったときに使用したいノイジープラグだ。

名前 サイズ(mm) 重さ(g)
ヒゲダンサー 66 16

Brand is JACKALL

まとめ

いかがだろうか。

ナマズゲームはマイナーなゲームとして知られていたが今では誰もが知る釣法。その力強いパワーの魅力にドップリとハマってしまったアングラーも多く存在している。小川や用水路を始めとした水場付近に点在するナマズ。

我々の生活と身近な環境に存在するナマズだからこそ、多くのアングラーから愛されてきたのかもしれない。是非、まだルアーでのナマズ釣りに挑戦したことの無い方はナマズゲームを体験してみて欲しい。きっと、その圧倒的なパワーに驚愕されるはずだ。

スポンサードリンク