プロックスから「攻棚ワカサギ氷穴シリコンスリーブ」が登場!ライントラブルを防ぐ氷穴スリーブ!

細いラインを使用するワカサギ釣りではライントラブルは付き物。特に氷上でのワカサギ釣りでは氷に円状の穴を空け、その穴から糸を垂らし込み、氷下に潜むワカサギを釣り上げる。すなわち、穴を空けた氷の凹凸に仕掛けが引っかかってしまえば簡単にラインが切断されてしまう訳だ。

  • 攻棚ワカサギ氷穴シリコンスリーブ

プロックスから登場したワカサギ釣りの便利アイテム「攻棚ワカサギ氷穴シリコンスリーブ」は氷上でのワカサギ釣りのライントラブルを未然に防止できるアイテム。穴を空けた氷穴に本体を取り付けるだけで糸絡みや凹凸による針掛かりを防いでくれる。氷上でのワカサギ釣りを終始ストレスなく慣行するために必要なアイテムだ。

そこで、レポ部では・・・
プロックスから「攻棚ワカサギ氷穴シリコンスリーブ」が登場!ライントラブルを防ぐ氷穴スリーブ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

攻棚ワカサギ氷穴シリコンスリーブ

ワカサギ釣りのシーズン真っ只中に登場したのは氷上で行うワカサギ釣りによるライントラブルを未然に防止してくれる便利グッズ。ユニークな釣具を多く産出するプロックスから登場した製品だ。

ワカサギ釣りにおいてライントラブルは付き物。ナイロンであれば0.7号辺り、PEであれば0.5号辺りと細いラインを道糸に。そして、枝針が5本~10本と多量の針数を使用するワカサギ釣りでは、その一本が絡んでしまうだけで釣行自体に影響が出てしまうことになる。

今回、紹介するのは、氷による針掛かりや糸絡みを防止するアイテム。できるだけ、ライントラブルに繋がる要素を排除し、終始、快適にワカサギ釣りを楽しめるようにしよう。

公式サイトによると、

スカート部を広げて氷の穴に入れるだけでセット完了。
針や仕掛けが氷の凹凸に引っかかる煩わしさを解消します。
ブラックカラーなので氷の上で目立ち、穂先の視認性もアップ。

攻棚ワカサギ氷穴シリコンスリーブ | PROX

このように記載されている。バケツのように見える今製品。実はスカートを広げて穴を空けた氷に設置するだけでライントラブルを未然に防止してくれる便利なアイテム。穴を空けた氷は不安定で凹凸があるので場合によってはライントラブルに繋がってしまう。

ご存知の通り、ワカサギ釣りは極細のラインシステムで挑むことになる。ワカサギ釣りの仕掛けは様々。枝針が5本~10本と多量の針数を使用することになるので少し引っ掛けるだけで全体が絡まって釣りにならないことも。そんな不祥事を未然に防ぐためにも氷上でワカサギ釣りを楽しむ際には今製品でライントラブルを防止してみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

釣法 穴径(cm) 材質
ワカサギ釣り 15 シリコーン

登場予定日

2017年12月26日

チェックしておきたいポイント!

数多くのユニークな製品を産出してきたプロックス。ワカサギ関連の製品も多く手掛けており、ワカサギシーズンになるとプロックスの製品を使用しているアングラーも多く見られる。ライントラブルを防ぐグッズとなる今製品は氷上の穴のサイズ15cmに対応。氷穴のサイズに注意をして使用しよう。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年12月26日に登場したプロックスの製品だ。

  • 攻棚ワカサギ氷穴シリコンスリーブ

氷上におけるワカサギ釣りのライントラブルを未然に防止してくれる今製品。本体は黒色であるために竿先が見えやすい仕様。すなわち、竿先のあたりを素早く察知することができる。

針掛かりやライントラブルを未然に防ぐ役割を持ちつつ、影ながらもアングラーの快適性に貢献してくれるシリコンスリーブ。是非、氷上のワカサギ釣りでのライントラブルに嫌気が指す前に今製品を取り入れて快適なワカサギ釣りを慣行してみてはいかがだろうか。