エクリプスから「バロール 130」が登場!素早く表層へと浮上するシンキングペンシル!

シャローエリアを攻略する上で根掛かりは付き物。ただし、エクリプスから登場する「バロール」を使用するとすれば話は別だ。バロールは浮き上がり性能に長けたシンキングペンシル。

  • バロール 130

素早い浮上を可能とするはウェイトバランス。水面から40(cm)を基本に誘うことができ、この浮き上がりを上手く使いこなすことができれば根掛かりを恐れずにシャローを攻略することが可能となる。表層をスローで隈なく探索するのに適したシンキングペンシルの登場だ。

そこで、レポ部では・・・
エクリプスから「バロール 130」が登場!素早く表層へと浮上するシンキングペンシル!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

バロール 130

エクリプスから登場した「バロール 130」は同社の既存の製品「バロール 90」のサイズアップモデル。バロール[90]の一つの特長でもある浮き上がり性能を受け継いだハードルアーとなっており、遠投性能に長け、且つ、大きいベイトを演出できるシンキングペンシルだ。

バロール[90]の全体サイズは90(mm)。それに対し、バロール[130]のサイズは130[mm]と、かなり大きいサイズに設計されている。ウェイト数も変化しており、バロール[90]は13(g)なのに対してバロール[130]は20(g)と、重さは約7(g)ほどヘビー化されているようだ。

公式サイトによると、

細身のボディと後方重心が相まってクラス最大級の飛距離を実現。広範囲のサーチはもちろん、遠方のストラクチャーや潮目の「表層をスローに通せる」というアドバンテージを獲得しました。

バロール 130 | ECLIPSE

このように記載されている。バロール[130]の魅力はバロール[90]では扱えないルアーキャパシティーを持った竿でも軽快に扱うことができること。バロール[90]のウェイトは13(g)。これを支えるロッドを選択するとすればシーバスロッドを始めとした少し軽めの竿に限定されがち。

ウェイト数が20(g)となれば少し重めの竿でも大丈夫。幅広いタックルで扱うことができるのでお持ちの竿のスペックでもキャストすることができるかもしれない。アクションはナチュラルなロールアクション。巻きスピードを上げると時々テールスライドを発生させるとのこと。

リトリーブスピードを変化させることで様々なアクションを行える今製品。遠くのシーバス、且つ、表層を狙う上で欠かせない要素が詰め込まれたシンキングペンシルだ。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g) レンジ(cm)
シンキングペンシル 130 20 0~40

主なターゲットは?

  • シーバス
  • etc

登場予定日

2017年10月~

チェックしておきたいポイント!

全体的なフォルムを見てみると中心から後部にかけて反り立ったようなデザインをしている。このボディと内部に設定された重心配置によって素早い浮上を可能にしたのか。カラーバリエーションは全13種類。ボラ・キビナゴ・イワシといった様々なベイトを再現した配色が登場している。これらの配色を適切に使い分けて釣果へと結び上げていこう。

 ココを覚えておくべし!
  • バロール[90]の浮上性能を継承(素早く表層に浮上する)
  • 根掛かりに対して強い(シャローエリアを臆することなく攻略可能)
  • 飛距離が出る(シルエット + 後方重心設計)
  • 表層をスローに攻略可能(より沖に飛ばせて表層を引いてこれる)
  • ただ巻きを駆使して誘うことが可能(初心者に扱いやすい)

Amazon & Rakuten

まとめ

今回、紹介したのは、2017年10月に登場した釣りメーカー「エクリプス」の製品だ。

  • バロール 130

より遠くへと飛ばすことができ、広範囲を探索できる今製品。沖にストラクチャーや見え磯が広がっていたとしても大丈夫。バロール[130]ならばシャローエリアでも臆することなく使っていける。是非、遠方のシーバスを誘う際には表層の対策として今製品をタックルボックスに忍ばせておいてはいかがだろうか。