ジャンプライズの「飛びキング」が面白い!メタルジグとミノーの要素を含んだシンペン!

巻くだけでアクションを行うミノー。そして、飛距離面で圧倒的なアドバンテージを持つメタルジグ。両方の性質を手に入れたいわがままな陸っぱりアングラーにぴったりなハードルアーがジャンプライズから登場した。

  • 飛びキング 105HS

ジャンプライズの創設者 “井上友樹氏” が設計と開発を行った今製品。同サイズのメタルジグを超えた飛距離を持つだけでなく、ミノーのように操作を行うことができる便利なシンキングペンシルだ。より遠くへと飛ばすことができるだけでなく、ミノーの動きを持ってターゲットを誘い上げる。飛距離が物を言うルアーゲームには打って付けの製品となっている。

そこで、レポ部では・・・
ジャンプライズの「飛びキング」が面白い!メタルジグとミノーの要素を含んだシンペン!
をレポートしたいと思う。

飛びキング 105HS

ジャンプライズから登場した「飛びキング 105HS」は名前の通り、飛距離性能が魅力的なシンキングペンシル。同サイズクラスのメタルジグを凌駕する遠投性能を持ちながらミノーのアクションを持ってターゲットを誘うことが可能。

フラットフィッシュを始め、根魚や青物、シーバスなどの多くのターゲットを誘うことができる今製品。シンキングペンシルであるがゆえに操作次第では表層から低層と様々なレンジを広く攻略することができるので非常に使い勝手の良い製品となっている。

公式サイトによると、

メタルジグと同じ沈下速度、同レンジをリトリーブする事が可能でありながら、ターゲットに2倍以上のシルエットで存在感を伝え、ミノー感覚のハイレスポンスアクションでアピールできる。この意味がお分かりだろうか?

飛びキング 105HS | ジャンプライズ

このように記載されている。メタルジグと同じ沈下速度。そして、メタルジグと同レンジを探索できる性能を持ち合わせながらメタルジグよりも大きいシルエットの存在感でアピールを行うことが可能。無論、ミノーのアクションで操作可能なシンキングペンシルということで巻きだけでターゲットを誘うことができる。

最近、流行のミノーライクなアクションを行うメタルジグとは少し違った発想。メタルジグとミノーの性能を取り入れたシンキングペンシルなだけに飛距離とオートマチックアクションを両立させて気軽に誘いたいと思われる方にオススメしたいシンキングペンシルだ。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
シンキングペンシル 105 44

主なターゲットは?

  • フラットフィッシュ
  • ロックフィッシュ
  • 青物
  • etc

登場日

2017年12月初旬(登場予定)

Amazon Shop へ!

飛びキングのココをチェック!

カラーバリエーションは全13種類。様々なターゲットを想定しているためかカラーバリエーションは幅広く登場している。定番色であるブルピン色やキャンディー色、鱗(うろこ)が木目細やかに再現された背黒メッキなどの魅力的な配色が多い。個人的に欲しい配色はブルピンイワシとブルピンキャンディーだろうか。

ルアーゲームで有利に立とうとするならばまずは飛距離。飛ばせば飛ばすほどにアドバンテージを上げることができる。第二に存在感。広範囲のターゲットを集魚するには魚の目に留まるような目立つ動きが必要。そして、ミノーが持つオートマチックに誘えるアクション性。シンキングペンシル「飛びキング」にはこれらの全ての要素が詰められている。

ココを覚えておくべし!
  • 圧倒的な遠投性能(同サイズのメタルジグを越える)
  • ミノーアクションで操作することができる(飛ぶだけではない!)
  • 様々なターゲットを狙える(大物に対応するスペックを持つ!)
  • 入門者でも投げやすい(質量が集中している)
  • 貫通ワイヤー構造(キハダや青物ゲームにも対応可能)

まとめ

今回、紹介したのは、2017年12月初旬に登場したジャンプライズの製品だ。

  • 飛びキング 105HS

メタルジグとミノーの両方の性質を持ったシンキングペンシルとして登場した今製品。遠くへ飛ばしてオートマチックに広いエリアを探索できる珍しい製品だ。是非、現在のシンキングペンシルの飛距離で満足していない方はジャンプライズの「飛びキング 105HS」の採用を検討してみてはいかがだろうか。