足元や手元を明るく照らすべし!夜釣りに使える発光アイテムを紹介!【まとめ】

夜釣りに必要な道具は?と考えたときにまず浮かび上がるのは明かりを照らしてくれる道具の数々。これまでに懐中電灯やランタン等を始めとした様々な道具が産出されている。

夜釣りにおいて明かりという存在は必要不可欠。足元を照らして進む道の安全を確認したり、細かい仕掛けを作るときに手元を照らす役割。そして、相手に自分の存在を示し、注意を促したり、足元に置いた竿を守るために明かりを使用したりと様々だ。

今回、紹介するのは、釣場に明かりを提供してくれるユニークな製品の数々。近いうちに夜釣りを体験する方、もしくは、夜釣りに持って行く便利なアイテムを探している方は本記事を参考にして揃えてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
足元や手元を明るく照らすべし!夜釣りに使える発光アイテムを紹介!【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

夜釣りの危険性とは?

涼しく釣りを行うことができる夜釣り。一方、夜釣りには危険性も存在していることを忘れてはいけない。極めて視界が悪くなる夜は月の光や常夜灯を頼りに釣りを行うことになる。明かりをアシストする人工的な道具を持っていたとしても不意にバランスを崩してしまえば落水や怪我の恐れが常にあるということ。

足場の悪い場所には決して行かないこと。相方がいるならばお互いに危険予測をしながら救命胴衣やホイッスル等の救助を知らせる道具を揃えた上で安全に夜釣りを楽しむことが大切だ。

両手が空く!ヘッドライト!

夜釣りの定番中の定番とも言えるヘッドライト。頭部にライトを装着するヘッドライトは両手がフリーになるメリットを持つ。頭を動かすだけで照らしたい場所へと明かりを届けることができるので移動に便利。もちろん、足元を照らすだけでなく、手元も確実に明かりを届けることができるのでアングラーの夜釣りにはヘッドライトが定番として使われている。

注意すべきことはヘッドライトの明かりを相手に向けないこと。明かりを向けてしまうと車のハイビームを向けられたときのように迷惑となることを覚えておきたい。ヘッドライトで水面を照らす行為も止めておこう。周りにアングラーがいる環境では細心の注意を払ってヘッドライトを利用することが大切だ。

手袋っぽいけどライトだよ!

手元を照らす際に便利なグローブ式ライト。グローブなのでお洒落に着飾ることも可能。両手に装着しなくても片手だけで手元を十分に照らすことができ、夜釣りで心配される仕掛けの交換も簡単に行うことができる。無論、釣りの他のアウトドアや夜の細かい作業にも利用することができるはずだ。

人差し指と親指の先端にライトが搭載されている。手袋で仕掛けを照らす他にタックルボックス内の釣具を探すときや釣り上げた魚達を針から外すときに役立てることができそうだ。

ツバ付き帽子にライトを設置!

両手をフリーにして操作性を高めたい!と感じる方に推奨する製品がツバ付き帽子にライトを設置可能な今製品。その名も「キャップライト」だ。アングラーにとって帽子は必要不可欠。と言いたいところだが夜釣りでは紫外線が無いに等しいので帽子は飾り。ただ、両手がフリーになった状態で操作ができるので仕掛けの組み立てには便利となるはずだ。

ヘッドライトとは違って頭が締め付けられることが無いので窮屈に感じることもない。そして、頭が大きい方でも帽子のサイズさえ合えば安心して使うことができ、取り外しや取り付けも簡単にできる簡易的なライトとなっている。

身も心もほっこり!ランタン!

明かりを見ているとホッとする。アウトドアの代表格とも言えるランタンは設置したその周辺を照らしてくれる角型の手下げランプだ。持ち運びには不向き。ただ、周辺を照らしてくれるだけに一つのポイントでのんびりと夜釣りを行う方に向いたアイテムだと感じる。

手元を照らす役割はもちろん、アングラーの周辺を広く照らしてくれるだけに置き竿の存在を通行人へと示すことができる。ポイントを固定した釣りにはランタンを持っていくと何かと便利だ。

自動点灯!クリップ式ライト!

釣りメーカー「プロックス」から登場したセンサー式ライト。手をかざすだけでライトのスイッチのオン&オフを切り替えることができる操作性に優れた製品だ。クリップ式であるゆえに設置できる箇所は多い。例えば、クーラーボックスの端や安定したバッカンケース。箱型で四角形の隅が3(cm)ほどならば問題なく装着できるはずだ。

スマートフォンを固定する「フレキシブルアーム」と似たようにアーム部分はクネクネと範囲360度間をお好みの角度に自由に調節可能。手元のスペースを照らす際や設置先の収納物の中身の確認をしやすいセンサー式のクリップライトとなっている。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、足場や手元を明るく照らしてくれる便利なアイテムの数々だ。

釣場という場所は危ない場所というイメージが根付くこの頃。場所によっては月の明かりや常夜灯の明かりでは不便に感じることも多いはずだ。「安全を確保するにはまず足元から」と言われるように夜釣りに行う際には明かりで照らしてくれる道具を揃えた上で挑戦して欲しい。

こちらの記事もどうぞ!