シマノの「スライドアサシン 100S X AR-C」は向かい風でも安心!シーバスやヒラスズキに!

向かい風の影響で飛距離が出ない!と感じたときには、2018年01月に登場予定のサーチベイト「スライドアサシン 100S X AR-C」が便利。

  • エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

スプリングによる重心移動システムとなる「AR-Cシステム」に加え、発砲素材により作られたボディ素材「AR-C SHELL」を組み合わせた新型プラグシステム「X AR-Cシステム」が搭載された今製品。安定した飛行性能を持つだけに風の影響を受けにくい設計となっている。

そこで、レポ部では・・・
シマノの「スライドアサシン 100S X AR-C」は向かい風でも安心!シーバスやヒラスズキに!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

スライドアサシン 100S X AR-C(エクスセンス)

シマノから登場予定のシンキングペンシル「スライドアサシン 100S X AR-C」が注目を集めている。シーバス界で多くの実績を積み重ねてきたシーバスブランド「エクスセンスシリーズ」から登場する今製品は「X AR-Cシステム」が搭載されたシーバス用シンキングペンシル。

シマノが代表する重心移動システム「AR-Cシステム」に加えて発砲素材により作られたボディ素材「AR-C SHELL」を組み合わせたプラグシステム「X AR-Cシステム」を搭載。より軽い力で泳ぎ、立ち上がりに優れ、遠投力(飛距離)に貢献してくれる機能「X AR-Cシステム」を搭載した今製品。向かい風でもしっかりと飛んでくれるシーバス用シンペンとなっている。

公式サイトによると、

アピール力にこだわった、ワイドなS字スラロームアクションと低速での立ち上がり性能をヘッドリップ構造で両立させる設計のスライドアサシンは、スイム姿勢もフォール時の姿勢もほぼ水平を狙って調整しており、シーバスだけでなくヒラスズキにもオススメなサーチベイトです。

EXSENCE Slide Assassin 100S X AR-C | SHIMANO

このように記載されている。本体のアクションはスイミング姿勢やフォール姿勢共に一定して水平となるように調整。そして、ワイドなS字スラロームアクションによってシーバスだけに限らず、外洋に面した荒磯に多く見られる「ヒラスズキ」にも対応するとか。

中軸は一本の貫通ワイヤー構造。モンスターシーバスやパワーある「何か」が不意にフッキングした際にはフックの破損を気にせずに安心してやり取りを行うことが可能。無論、太軸のフックに対応した設計。

河口から気軽に釣れるシーバスだけでなく、荒磯の強者「ヒラスズキ」にも対応した今製品。できるならば、河口だけに留まらず、外面や外洋に面した磯場、岩場などのモンスタークラスが潜んでいそうなポイントで釣果を発揮したいところ。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
シンキングペンシル 100 23

主なターゲットは?

  • シーバス
  • ヒラスズキ
  • etc

登場予定日

2018年01月~(発売予定)

鈴木斉氏によるスライドアサシンの解説

 ココを覚えておくべし!
  • 向かい風でもしっかりと飛んでくれる(X AR-Cシステム搭載)
  • ワイドなS字スラロームアクションが魅力的(シンキングペンシル)
  • 貫通ワイヤー構造(不意の大物に対応)
  • スイミングやフォール姿勢も水平を狙って調整(精密な設計)

まとめ

今回、紹介したのは、2018年01月に登場予定のシマノの製品だ。

  • エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

向かい風の影響で飛距離が出ない!このような複雑な思いはアングラーならば一度は経験したことがあるはずだ。シマノの「スライドアサシン 100S X AR-C」は “X AR-Cシステム” が搭載されたシンキングペンシル。安定した飛行性能を得ることでアングラーのストレスを軽減したシンキングペンシルだといっても過言ではないだろう。是非、向かい風の状況を屈服するためにタックルに一つこのシンキングペンシルを忍ばせて保管して置いてはいかがだろうか。