マリアから大型青物用のペンシルベイト「ラピード」が登場!意のままに動く操作性を体感!

2017年10月上旬に、釣りメーカー「マリア」より、大型回遊魚を対象としたダイビングペンシルベイトが登場した。

  • Rapido(ラピード)

岸上、船上の両方から楽しめる人気の青物ゲーム。ラピードはロマン溢れる青物ゲームをより楽しくしてくれるペンシルベイトだ。水面直下をストロークするだけでは中々口を使ってくれない青物達。ルアーを追ってくる姿を確認できてはいるものの、寸前でルアーだと見切られてしまい、バイトに持ち込むことができないといった悔しい経験をしたことはないだろうか。

ラピードは我々アングラーの操作を忠実に再現してくれるペンシルベイト。ラピードを使いこなすことができれば各シチュエーションに幅広く対応することができるはずだ。

そこで、レポ部では・・・
マリアから大型青物用のペンシルベイト「ラピード」が登場!意のままに動く操作性を体感!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

Rapido(ラピード)

マリアから登場した “ラピード” は大型青物用のペンシルベイト。ターゲットは大型のヒラマサやマグロなどの大型回遊魚の他に中型サイズのブリやメジロ、イナダといった小物までと数々の回遊魚を対象としている。

ダイビングペンシルベイト「ラピード」の最大の特徴はスレた青物達を虜にする能力を秘めていること。通常、水面付近をジャークを駆使して引いてくるトップゲームでは魚の追う姿を確認できることも稀ではない。寸前でルアーだと見切られてしまい、バイトに持ち込むことができないといった悔しい経験をしたことのある方も少なからずいるはずだ。

そんなときにはラピード。シビアな青物達や食いの悪い状況に対応すべき能力を秘めた今製品を使用することでその状況を打破することができる。

公式サイトによると、

そのロッドワークのひとつひとつ、アングラーの込めた意志に、きっちりと応えて泳ぐのが、ラピードだ。「真の操作性」。「操作する愉しさ」。青物がますます面白くなる。

ラピード | Maria

このように記載されている。ダイビングペンシルベイト「ラピード」の魅力の一つがアングラーの意思に沿った操作性を忠実にこなしてくれること。我々アングラーの伝えたいアクションの動き(動作)を意のままに再現してくれる。アングラーの操作性によって状況が変わる青物のトップゲームでは欠かせない存在となるだろう。

ボディはスリムなシルエット。スレた魚達を対象にするということでより自然に近いナチュラルな波動を行ってくれる。主にトップ(水面直下)をストロークして誘う青物ジギング。プレッシャーの掛かったフィールドではアクションを控え目に行うダイビングペンシルで青物達を誘い上げてみて欲しい。

スペック / 詳細

ターゲット サイズ(mm) 重さ(g)
青物 130 30
160 50
230 100

This is Maria

ラピードのココをチェック!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 大型回遊魚を対象としたダイビングペンシル(マグロ・ブリ・メジロ・イナダ等)
  • アングラーの操作に忠実(スレた魚達に有効的)
  • スリムなシルエット(スリムボディで大人しいアクション&ナチュラルアクション)
  • シーバスロッドでも使用可能(130mm)
  • 中心に偏ったウェイト構造(所々で不規則なアクション)

カラーバリエーションは全てのサイズを含めると全14種類。130(mm)にはアワビカラーやケイムラスリットグロー、160(mm)にはチャートグローやカタクチイワシカラーというようにサイズ限定の配色も用意されている。160(mm)は使用する機会が多いからかカラーリングは多めに用意しているようだ。

それぞれの内訳は以下の通りだ。

本体サイズとカラーバリエーション数
サイズ(mm) 130 160 230
カラー(色) 6 10 6

川上桂司氏による解説動画【ギアステーション】

ラピードの水中動画と解説動画

まとめ

今回、紹介したのは、2017年10月上旬に登場したマリアの製品だ。

  • Rapido(ラピード)

我々アングラーの操作を忠実に再現してくれる今製品。ダイビングシンキングペンシル「ラピード」を使いこなすことができれば大型青物も夢じゃない。シーバスロッドでも使用可能というライトスペック(130mm)も登場しているのでシーバスを狙うついでに青物ゲームへと発展しても良いかもしれない。是非、ロマン溢れる青物ゲームを今製品を用いて挑戦して大型回遊魚を釣り上げてみてはいかがだろうか。