ジャッカルの「シーバスアンチョビメタル」は東京湾のシーバスに狙いを定めたメタルジグ!

2017年11月17日に公開された釣りメーカー「ジャッカル」の公式サイトの内容によるとシーバスジギング用の新しいメタルジグが登場することが明らかになった。

  • シーバスアンチョビメタル

今回、登場するのは、東京湾に居るシーバスの為に開発されたシーバスジギング用のメタルジグ。東京湾と言えばシーバスのポイントも多く、シーバスの影も濃い名所の一つ。シーバスジギングと言えば東京湾と言われるほどに有名なジギング釣法だ。その東京湾を攻略するにあたって必要な要素が詰め込まれた今製品。東京湾を本拠地として楽しんでいるアングラーならば是非共に使用してみたいメタルジグだ。

そこで、レポ部では・・・
ジャッカルの「シーバスアンチョビメタル」は東京湾のシーバスに狙いを定めたメタルジグ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

シーバスアンチョビメタル

ジャッカルから登場した「シーバスアンチョビメタル」は東京湾のシーバスの為に生まれてきたシーバス用ジグ。といっても状況次第ではシーバスの他にブリやカマスといった数々の魚種がバイトしてくるので悪しからず。

シーバスアンチョビメタルは複雑なアクションを必要としない。巻いて落とすだけとシンプルにシーバスを誘えるので初心者の方でも簡単に使いこなすことが可能。すなわち、ジギングによる労力を使わず、体力を温存したまま扱うことができる。

公式サイトによると、

準備するものはベイトタックルにPEライン~1号程度を100m。 リーダーラインはフロロカーボン5号(20lb)を2m。 ルアーは、フック付のシーバスアンチョビメタルがあればOK。

シーバスアンチョビメタル | JACKALL

このように記載されている。タックル設定としてはオフショアにおける標準的な設定。シーバスアンチョビメタルはリアウェイト設計。後方重心設計にすることで時間を掛けずにボトムへと直行。そして、そのフォール姿勢も非常に安定した物となっている。

シーバスジギングはポイント毎を船で頻繁に移動する釣法。魚の存在がなければ直ぐに違うポイントへと移動を行う。シーバスアンチョビメタルはボトムに着くまでに掛かる時間がスムーズで時間を取らせない。巻いて落とすの繰り返しをスムーズに行うことが釣果に大きく左右しそうだ。

スペック / 特長

サイズ(mm) 重さ(g) 価格(円)
88 60 840
98 80 880
105 100 920

登場日

2017年12月~2017年02月(動画情報)

Movie by JACKALL

シーバスアンチョビメタルのココをチェック!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 東京湾の為のシーバス用ジグ(シーバスジギングに最適)
  • 後方重心設計(安定したフォール姿勢&ストンと落ちる)
  • シンプルなアクション方法(巻いて落とす)
  • 簡単に使いこなすことが可能(初心者の方に最適)
  • スライドアクションで食わせの間を演出(オートマチックにアクション)
  • 表裏と異なるフラッシング力(カラーリングによって異なる)

カラーバリエーションは全06種類。シーバスアンチョビメタルは表裏異なるフラッシング力を持ち合わせる。片面は魚に忠実な配色。そして、裏面は平らなフラット形状にギラリと光沢する独特な配色が使用されている。それぞれが異なったアピール力を発し、アクション中やフォール中にシーバスへと有効的にアピールを行ってくれる。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年11月17日にジャッカルから登場した製品だ。

  • シーバスアンチョビメタル

シーバスジギングが初心者の方でも軽快に扱うことができる今製品。巻いて落とすだけと操作性も至ってシンプルな物となっている。シーバスジギングが初心者の方は是非、シーバスアンチョビメタルをタックルに取り入れ、東京湾に潜むシーバスを釣り上げてみてはいかがだろうか。