エコギアから「アクラバリグ クワセ」が登場!ベイトキーパーが搭載されたタイラバリグ!

2017年12月中旬に、釣りメーカー「エコギア」から、同社のタイラバワーム “熟成タイラバアクアシリーズ” の専用設計となるタイラバリグが登場した。

  • アクラバリグ クワセ

今製品と同時期に登場予定のタイラバワーム「クワセフラップスリム」と「クワセカーリースリム」。熟成タイラバアクアとして登場した上記のワームを装着する専用リグとして設計された「アクラバリグ クワセ」は遊動式のタイラバリグとなっている。上記の生分解ソフトルアーを使用する際には今製品を使用してタイラバ釣法を楽しんではいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
エコギアから「アクラバリグ クワセ」が登場!ベイトキーパーが搭載されたタイラバリグ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

アクラバリグ クワセ

エコギアから登場した「アクラバリグ クワセ」は同時期に登場予定の生分解ソフトワーム「熟成タイラバアクアシリーズ」をより便利に扱える専用設計リグ。

熟成タイラバアクアはネクタイに当たる部位に設置するタイラバ用の専用パーツ。ネクタイのアクション効果に味と匂いがプラスされた生分解ソフトワームだ。

専用設計リグ「アクラバリグ クワセ」の魅力として挙げられるのはアシスト力。熟成タイラバアクアシリーズの専用設計となる今製品にはベイトキーパーが付属している。ベイトキーパーとはワームと針をズレないように固定するコイル状の固定器具のことで螺旋状のコイルをワームへと捻じ込むだけでワームと針の固定ができるようになっている。

公式サイトによると、

ヘッド、ラバー、フック全てのパーツが分離可能な「セブンスライド」ラバー遊動パーツも継続採用しているため、刻一刻と変化する状況に合わせて迅速な対応が可能。

アクラバリグ クワセ | ECOGEAR

このように記載されていた。既存の製品「アクラバリグ」の所々を継承した今製品。全てのパーツが分離可能な「セブンスライド」が採用されているためにネクタイやフックの交換が簡単に行うことが可能。

何より、嬉しいのは「アクラバリグ」にはベイトキーパーが一つしかフックに付いていなかったのに対し、今回登場した「アクラバリグ クワセ」には各フックにベイトキーパーが付属している。両方の針がワームを固定できるので途中で単独のワームが欠けてしまうといった不祥事も無くなるはずだ。

スペック / 特長

釣法 タイプ 本数
タイラバ 遊動式 3

登場日

2017年12月中旬~

取り付け方はココをチェック!

アクラバリグ クワセのココをチェック!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 遊動式タイラバリグ(頭と本体がフォール中に分離)
  • 全てのパーツが分離可能(メンテナンスに優れる)
  • 熟成タイラバアクアの専用設計(タイラバ専用ワーム)
  • しなやかなPEライン(低活性下において最大の効果を発揮)
  • ベイトキーパーが付属(模擬餌と針の固定器具)

カラーバリエーションはオレンジレッドタイガーのみ。気をつけて欲しいのはヘッドに当たる部位(頭部)は付属していないこと。遊動式のタイラバリグということで勘違いされやすい。ヘッドは別途に用意する必要があるので初心者の方は注意することが大切だ。

クワセフラップスリムの詳細

2017年12月中旬に、釣りメーカー「エコギア」から、タイラバ用のワームが登場する。 クワセフラップスリム【熟成タイラバアクア】 ...

まとめ

今回、紹介したのは、2017年12月中旬に登場するエコギアの製品だ。

  • アクラバリグ クワセ

全てのパーツが分離可能ということでメンテナンス性能にも長けた今製品。パーツが欠けた際にはオリジナルパーツをリグへと組み合わせても良し。同時期に登場する「熟成タイラバアクアシリーズ」と共に使用してタイラバ釣法で釣果を上げてみよう。