メガバスから「ファットビーグル」が登場!ファットボディの存在感でメバルもイチコロ?!

2017年11月10日に、釣りメーカー「メガバス」から、メバル用に開発された新しいプラグが登場した。

  • FAT BEAGLE(ファットビーグル)

メガバスのソルトウォーターブランド “nadar” から登場した今製品。同ブランドの製品「ビーグル」をファットボディ(膨よか)に、且つ、アピール力の高いティンセルフックを配置したメバル用プラグだ。もちろん、ファットボディにすることでより沖へと飛ばすことができるようになっている。飛距離性能やアピール力の欠如に悩んでいる方はファットビーグルを採用してみて遠くに潜むメバルを逸早く攻略してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
メガバスから「ファットビーグル」が登場!ファットボディの存在感でメバルもイチコロ?!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ファットビーグル

フレッシュウォーター(淡水)に関わる製品を多く産出してきた釣りメーカー「メガバス」。そのソルトウォーターブランド “nadar” からメバル用の新たなプラグが登場する。今回、登場したのは、メバル用スモールミノー[BEAGLE]をファットボディにしたメバル用プラグ。

BEAGLE(ビーグル)と言えばスイムアクションの泳ぎだしのレスポンスに長け、ライトターゲット全般のターゲットに有効的なミノープラグとして知られている。元々、ファット寄りな体系で飛距離性能に長けているだけに幅広い年層から「扱いやすい!」と支持されているメバル用プラグだ。

公式サイトによると、

① ファットボディとなり飛距離UP!
② ティンセルフック(FLASHER HOOK)標準装備でアピール力UP!

FAT BEAGLE | MEGABASS

このように記載されている。メバル用スモールミノー[BEAGLE]をファットボディ化したファットビーグルには煌びやかなティンセルフックが標準装備されている。同社の製品「BEAGLE」よりもアピール力に長け、且つ、膨よかとなることで全体的に長さと重さが増している。

双方のスペックを比較してみると、

製品 サイズ(mm) 重さ(g)
ビーグル 35 2.2
ファットビーグル 43 4.2

このようになる。メバル用プラグなだけにスモールミノーとして登場したビーグル。約8(mm)ほどの長さの違いはあるものの、まだまだスモールミノーとして呼べる大きさ。

ファットビーグルはビーグルと同様にSF(スローフローティング)とSS(スローシンキング)に分かれている。スローフローティングは頭上がりのアクションを行うトップウォーター系。スローシンキングは頭下がりのアクションで防波堤や流れの速いポイントでも安定性を発揮する仕様。それぞれのポイントで適切に使い分けてメバルを有効的に誘ってみよう。

スペック / 特長

ターゲット サイズ(mm) 重さ(g)
メバル 43 4.2

This is FAT BEAGLE

ファットビーグルのココをチェック!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • ファットボディとなってボリュームが増した(飛距離性能に長ける)
  • ストップ&ゴー・トゥイッチに対応(ただ巻きもok)
  • 選択できるタイプ分け(使い分けることで釣果が左右される)
    • SF(スローフローティング)
    • SS(スローシンキング)
  • ティンセルフックが標準装備(アピール力の向上)

カラーバリエーションは全12種類。グローカラーの他に、クリア・チャート・ピンク・イワシ、様々なベイトを意識した配色が登場している。揃えておくとなると “イワシカラー” や “クリア” だろうか。メバリングではクリア系が基本的に扱われる配色であると認識しているので透き通った色をメインに揃えておくことが理想だろうか。

元々、違和感を感知しやすいメバル。ファットビーグルが持つアピール力でスレてしまう際にはティンセルフックを外したり、控え目な色でメバルを攻略することを意識してメバル釣りを進めることが釣果を左右する「鍵」となりそうだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年11月10日に登場したメガバスの製品だ。

  • FAT BEAGLE(ファットビーグル)

既存の製品「BEAGLE」をファットボディにすることでビーグルを超える飛距離を手にした今製品。ティンセルフックによるアピール面の強化も施されているだけに大胆にメバルへと存在をアピールしたいときに便利なプラグとなることは確かだ。本体の値段も10(円)しか違いがなく、1000(円)未満で抑えることができるファットビーグル。是非、ファットビーグルが持つアピール力を駆使しつつ、遠くに潜むメバル達を誘い上げてみてはいかがだろうか。