センサーで自動で点灯!プロックスの「フレキシブルLEDセンサーライト」で夜間の釣行も安心!

2017年10月31日に、釣りメーカー「プロックス」から、夜釣りに便利なセンサーライトが登場した。

  • フレキシブルLEDセンサーライト

今回、登場したのはセンサースイッチタイプのクリップライト。煩わしいスイッチを押すことなく、手をかざすだけでライトのスイッチのオン&オフを切り替えることができる操作性に優れた製品だ。本製品は設置位置へと挟み込むタイプのクリップ式。フレキシブルチューブが内臓されているためにアームの柔軟性も利き、よりライトとしての利便性が追求されている。夜間主体に釣りを行う方は是非共に揃えておきたい製品だ。

そこで、レポ部では・・・
センサーで自動で点灯!プロックスの「フレキシブルLEDセンサーライト」で夜間の釣行も安心!
をレポートしたいと思う。

フレキシブルLEDセンサーライト

夜間の釣行で「明かり」は必ず必要。明かりの付けっ放しで常に電池を消耗し続けるランタンや懐中電灯などの手動でのスイッチの切り替えを必要とする電灯機器は釣りにおける手返しさや操作性を求めるには不向き。

今回、登場した “フレキシブルLEDセンサーライト” は名前の通りにセンサーライト式。濡れた手でも本体のスイッチに触れることなくオン&オフの切り替えができるライトだ。

本製品はフレキシブル(柔軟性)を持ったアームで設計されている。まるで蛇のような柔軟ある動きでライトを作業がしやすい位置へと電灯を持ってくることができるために仕掛けの組み立てやクーラーボックスの側に装着すればボックス内の確認と一石二鳥でこなすことが可能。

公式サイトによると、

スイッチを押すごとにセンサーモード→マニュアルモード→OFFの順に切り替わります。センサーモードではインジケーターランプが点灯。本体に手をかざすだけでON/OFFの切り替えが可能。センサー反応距離は約5cmで作業中にスイッチが切り替わらない設計。

フレキシブルLEDセンサーライト | PROX

このように記載されている。センサースイッチを選択する上で不安なのが誤作動の有無。センサーが感知すればオンになり、またまたセンサーが感知すればオフとなるためにセンサーの反応距離が広ければ広いほど逆に作業が滞ってしまう訳だ。そんな不祥事を防ぐためにセンサーの反応距離は約5(cm)と短めに設定することで作業中に急にライトがオフになるという不祥事を回避する仕組み。

気になる連続使用時間は単4形電池が3(本)で約7時間と釣行間は十分に持つ仕様。そして、本製品はクリップ式なのでクーラーボックスやバッカンなどと設置する場所を自由に決定することができるというのも魅力の一つだろうか。夜間の釣行をより快適にするツールとして気になった方はチェックしておこう。

スペック / 特長

電池 センサー反応距離目安(cm) 電池抜きの重さ(g)
単4形電池 × 3本 5 60

This is PROX

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 手をかざすだけでスイッチのオン&オフができる(センサースイッチ機能搭載)
  • 好きな角度に自由に調節可能(フレキシブルチューブ搭載)
  • クーラーやバッカンなどに簡単に取り付け可能(クリップ式)
  • スイッチでモードの切り替えが可能(センサーモード→マニュアルモード→OFF)
  • 作業中にスイッチが切り替わらない(短めにセンサー反応距離を設定)

スマートフォンを固定するフレキシブルアームをご存知だろうか。今製品はそのフレキシブルアームに似た仕様性を持つ製品。自由自在に位置を変更できるアーム。そして、設置場所を選ばない挟み込むクリップの特性を活かした携帯用ライトと言っていいはずだ。

常に水と隣り合わせなアングラーにとっては嬉しい濡れた手でも反応する高性能センサーライト。水で手が濡れてもわざわざタオルで手を拭く必要がないために手返しよく仕掛けを交換することができる。利便性を追求するアングラーは使い勝手のよい製品となるだろう。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年10月31日に釣りメーカー「プロックス」から登場した製品だ。

  • フレキシブルLEDセンサーライト

手をかざすだけでライトのスイッチのオン&オフを切り替えることができる今製品。夜間は視界が悪くトラブルが発生しやすい時間帯。仕掛けを交換する際に手を怪我してしまった!ということがないように両手フリーで作業ができる “フレキシブルLEDセンサーライト” を使用して快適な夜間の釣行を行ってみてはいかがだろうか。