ジャッカルから「スイスイスイムジグヘッド」が登場!スイミングを主体としたジグヘッド!

2017年11月初旬に、釣りメーカー「ジャッカル」から、新しいジグヘッドが登場する。

  • SUISUI SWIM JIGHEAD(スイスイスイムジグヘッド)

今回、紹介するのはスイミングを主体としたアジング用のジグヘッド。装着するワームの動きを邪魔をせずに程よい水流抵抗を持って設計されたジグヘッドとなる。適度な引き心地を体験できるだけでなく、幅が広く短く設計された針でターゲットを素早く掛けて逃さない。ライトゲーム用のワームを多く産出するジャッカル。待望のジグヘッドが今秋登場だ。

そこで、レポ部では・・・
ジャッカルから「スイスイスイムジグヘッド」が登場!スイミングを主体としたジグヘッド!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

スイスイスイムジグヘッド

ジャッカルから登場した “スイスイスイムジグヘッド” はショートシャンク、且つ、ワイドゲイプで設計されたアジング用のジグヘッド。ショートシャンクにすることで装着したワームの動きを引き出し、そのワームから針先がしっかりと出るようにワイドゲイブ形状で設計。ワーム本来の動きを妨げずにアピールできる数少ないジグヘッドだ。

スイミングアクションを基本とするアジングには欠かせない要素が詰め込まれた今製品。フックの軸上にワームキーパーを設置しなくてもワームのズレが発生しにくいように絶妙な角度で調整されているとか。初級者から上級者まで安心して使用できる性能を持ち合わせている。

公式サイトによると、

ペケリングやアミアミといった、元々波動の強いワームとのコンビネーションを考慮して、ヘッドサイズ別に、強すぎず、弱すぎずの水流抵抗でデザイン。

SUISUI SWIM JIGHEAD | JACKALL

このように記載されている。ペケリングやアミアミといった強い波動を持つ数多いワームを産出してきたジャッカル。それらが持つ元々の波動の強さとマッチするようにヘッドサイズ別に水流抵抗が調整されているとか。ただし、ジグヘッドと各ワームとの厳密な相性については追求されていなかった。ヘッドサイズ別に調整するならば幾つかのジグヘッドとワームの動きを調整しつつ、自分の望むペア(組み合わせ)を見つけ出したいところ。

同じく、アジングの新製品となる “アミアミマイクロ” や “キビキビダートジグヘッド” の製品化を年度内に控えるジャッカル。これからのアジング業界の先端を走ることができるのか。アジンガーが見逃すことができない秋日が続きそうだ。

スペック / 特長

重さ(g)
0.4 0.6 0.8 1.0
1.2 1.5 1.8 2.1

情報公開日

2017年10月23日(公式サイトに情報が公開された日付)

Movie by JACKALL

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • ラウンド系ジグヘッド(引き心地を感じやすい設計)
  • ワイドゲイプ(針先がワームから出る)
  • ショートシャンク(ワームの動きを引き出す)
  • 波動の強いワームとの相性を考慮(ヘッドサイズ別に程よい水流抵抗で設計)
  • ワームがズレにくい(絶妙な角度で針を調整)

パッケージには5個入り(¥380)と15個入り(¥980)と2つが登場している。15個入りのパッケージの方が5個入りのパッケージと比べると少しお得となっている。ジグヘッドの消費の激しい方はお得なパッケージ(15)を選択すると後々後悔することはなさそうだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年11月初旬にジャッカルから登場する製品だ。

  • SUISUI SWIM JIGHEAD(スイスイスイムジグヘッド)

数多いアジング用のジグヘッドが登場する中、ジグヘッドの形状も新化の過程で複雑な物になってきている。今回、登場したスイスイスイムジグヘッドはシンプルなラウンド系ジグヘッドながらもジグヘッド全体が入念に作りこまれたアジング用ワームであると感じる。是非、ジャッカルの今製品を用いつつ、ワームの性能が最大限に高まるスイミング主体でギガアジを攻略してみてはいかがだろうか。